米・Authors Alliance、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)第1201条へ研究目的のテキスト・データ・マイニング(TDM)を可能にするための例外追加を求めた申立を提出

2020年9月8日、作家の利益促進のために活動する米国の非営利団体Authors Allianceは、米国著作権局に対してデジタルミレニアム著作権法(DMCA)第1201条へ研究目的のテキスト・データ・マイニング(TDM)を可能にするための例外追加を求めた申立(petition)を提出したことを発表しました。

DMCA第1201条は、著作権保護のため著作物に設定された技術的保護手段の回避を禁じていますが、特定の条件下で適用を除外して回避を認める例外を規定し、3年ごとに例外対象の見直しを行っています。米国著作権局は2020年6月22日付で、通算8度目の見直しの開始と要望等の受付を通知し、Authors Allianceはこの手続きに基づいて、米国図書館協会(ALA)・北米研究図書館協会(ARL)・大学・研究図書館協会(ACRL)で構成する図書館著作権同盟(LCA)、及び米国大学教授協会(American Association of University Professors:AAUP)とともに申立を提出しました。

Authors Alliance等は提出した申立で、研究者がTDM技術を適用するため、適法なアクセスによる電子的に出版された言語著作物(literary works)、及び映画(motion pictures)について、著作物に設けられた技術的保護手段を回避できるように求めています。

Authors Alliance Petitions for New Exemption to Section 1201 of the DMCA to enable Text and Data Mining Research(Authors Alliance,2020/9/8)
https://www.authorsalliance.org/2020/09/08/authors-alliance-petitions-for-new-exemption-to-section-1201-of-the-dmca-to-enable-text-and-data-mining-research/

Petition for New Exemption Under 17 U.S.C. § 1201 [PDF:81KB](Authors Alliance)
https://www.authorsalliance.org/wp-content/uploads/2020/09/20200908_1201_AuthsAll_AAUP_LCA.pdf

関連:
U.S. Copyright Office Announces Start of Eighth Triennial Rulemaking Proceeding under Section 1201(Copyright Office,2020/6/22)
https://www.copyright.gov/newsnet/2020/833.html

Eighth Triennial Section 1201 Proceeding (2021)(Copyright Office)
https://www.copyright.gov/1201/2021/

参考:
米国著作権局、著作権保護技術の迂回禁止の例外対象についての新しい規則を制定
Posted 2010年7月27日
https://current.ndl.go.jp/node/16559

Cyberlaw ClinicとSoftware Preservation Network、ソフトウェア保存に関するDMCA例外規定を理解するための実務者用ガイドを公開
Posted 2018年12月12日
https://current.ndl.go.jp/node/37211

CA1478 - 動向レビュー:デジタル・ミレニアム著作権法施行から2年(米国) / 山本順一
カレントアウェアネス No.274 2002.12.20
https://current.ndl.go.jp/ca1478

欧州研究図書館協会(LIBER)、改正EU著作権指令で認められた研究目的のテキスト・データ・マイニング(TDM)が出版社の技術的保護手段により阻害される懸念を指摘
Posted 2020年3月13日
https://current.ndl.go.jp/node/40487