株式会社ミュージアムメディア研究所、「ミュージアムの情報発信に関するアンケート調査報告書」を公表

2020年9月30日、株式会社ミュージアムメディア研究所が、「ミュージアムの情報発信に関するアンケート調査報告書」を公表しました。

同社の関連会社である早稲田システム開発が運営するクラウド型収蔵品管理システムのユーザ館に対して実施した、インターネットの活用法などについてのアンケート結果を集計・分析したものです。

同システム導入館はデジタルの活用に積極的であるものの、さらなる活用に向けての障壁が存在すること、新型コロナウイルス感染拡大防止のために講じられた施策が今後のデジタル活用にも応用可能であることが明らかになったとしています。

アンケートでは、画像データの相互運用のための国際的な枠組であるIIIFの認知度が尋ねられていますが、認知度は約23%で「極めて低い」ものの、その存在を知っている層の約6割は「IIIFを利用した画像データ公開を実施したい」と回答していることから、仕組みや効果を知れば、実際に活用に乗り出してみたいと思うようになるものと考えられると評価されています。

「ミュージアムの情報発信に関するアンケート 調査報告書」発行のお知らせ(株式会社ミュージアムメディア研究所,2020/9/30)
http://www.museummedialabo.jp/archives/469
http://www.museummedialabo.jp/wp-content/uploads/2020/09/452679446e5f26e3e837ce64d9f866b8.pdf
※二つ目のURLが報告書本文です[PDF:32ページ]

参考:
E1989 - IIIF Japanシンポジウム<報告>
カレントアウェアネス-E No.340 2018.01.25
https://current.ndl.go.jp/e1989

早稲田システム開発株式会社、博物館のIT予算確保のための博物館各館や自治体向け無料レポート「博物館におけるIT活用の最新事情」を改訂し、発行
Posted 2015年6月1日
https://current.ndl.go.jp/node/28574

博物館コレクション情報横断検索ゲートウェイサービス「MAPPS Gateway」が公開
Posted 2017年11月29日
https://current.ndl.go.jp/node/35070