Taylor & Francisグループ、同グループが刊行する医学分野の学術雑誌32誌において会議資料をオープンアクセスの補足資料として公開するオプションを提供

2020年10月23日、Taylor & Francisグループは、2020年のオープンアクセス(OA)ウィークに合わせた取り組みの一環として、会議資料(conference material)をOAの補足資料(supplement)として公開するオプション“Open Access conference material supplements”を提供することを発表しました。

同オプションは、Taylor & Francisグループの刊行する医学分野の主要誌32誌で利用することができます。ポスター発表・プレゼンテーション・学会抄録等が対象となり、同オプションで受付された会議資料は、査読を経て、同グループの電子ジャーナルを掲載するオンラインプラットフォームTaylor & Francis Online上で、引用可能な形で利用できるようになります。

Medical conference materials can now be shared digitally thanks to new Taylor & Francis innovation(Taylor & Francis Group,2020/10/23)
https://newsroom.taylorandfrancisgroup.com/medical-conference-materials-can-now-be-shared-digitally-thanks-to-new-taylor-francis-innovation/

Open access conference material supplement(Taylor & Francis Group)
https://taylorandfrancis.com/partnership/commercial/publishing-services/conference-supplements/?utm_source=linkedin&utm_medium=social&utm_campaign=JPG15464&utm_term=post

参考:
CA1952 - 灰色文献のいま~2010年代の動向を中心に~ / 池田貴儀
カレントアウェアネス No.340 2019年6月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1952

GreyNet、灰色文献国際会議の会議論文をオープンアクセスで公開したと発表
Posted 2019年7月12日
https://current.ndl.go.jp/node/38585

Taylor & Francisグループ、学術雑誌で公表された論文と臨床試験データとのリンク形成を実施
Posted 2020年1月20日
https://current.ndl.go.jp/node/39999