国立国会図書館、YouTubeで公開中の遠隔研修教材として「動画で見る資料保存:簡易帙をつくる」を新規追加

2020年10月、国立国会図書館(NDL)は、YouTubeで公開中の遠隔研修教材として、新たに「動画で見る資料保存:簡易帙をつくる」を新たに追加しました。

「動画で見る資料保存:簡易帙をつくる」は、費用をかけずに簡単に作成でき、さまざまな劣化要因から資料を保護する保存容器として、公益財団法人三康文化研究所附属三康図書館の考案した「簡易帙」の作り方を学ぶ内容です。

NDLは各種図書館の職員を対象に、YouTubeの「国立国会図書館公式チャンネル」で図書館および図書館情報学に関する研修を動画で提供しています。

遠隔研修のページ(NDL)
https://www.ndl.go.jp/jp/library/training/remote/index.html
※2020年10月の新規公開分について「令和2年10月新規公開」と表示があります。

動画で見る資料保存:簡易帙をつくる(NDL)
https://www.ndl.go.jp/jp/library/training/remote/simplecontainer.html

関連:
これまでの取り組み 簡易帙(かんいちつ)をつくる(三康文化研究所附属三康図書館)
http://www.sanko-bunka-kenkyujo.or.jp/untitled9.html

参考:
国立国会図書館、YouTubeで公開中の遠隔研修教材として「経済社会情報の調べ方」「国立国会図書館のレファレンスツール」「レファレンス協同データベースの利活用」の3本を新規追加
Posted 2020年4月30日
https://current.ndl.go.jp/node/40869

国立国会図書館、YouTubeで公開している遠隔研修教材に「資料デジタル化の基礎」「デジタル化資料の権利処理と利活用」など5本を追加
Posted 2019年3月27日
https://current.ndl.go.jp/node/37880

国立国会図書館、YouTubeで遠隔研修教材の提供を開始
Posted 2018年3月28日
http://current.ndl.go.jp/node/35742