コネチカット州の図書館による愛国者法違憲裁判の資料、一般公開される

愛国者法に基づき、令状を必要としない国家安全保障書簡(National Security Letter: NSL)によって利用記録の提出を求められた米コネチカット州の図書館が、このような捜査は違憲である、またNSLに口外禁止規定があるのも違憲であるとして訴えていた裁判に関する資料が、8月3日に一般公開されました。問題の発端となったNSLも公開されています。

Supreme Court Unseals Documents in Patriot Act Case - American Civil Liberties Union
http://www.aclu.org/safefree/nationalsecurityletters/26379prs20060803.html
Library Connection National Security Letter - American Civil Liberties Union
http://www.aclu.org/safefree/nationalsecurityletters/25995lgl20060626.html

Library Connection’s “John Doe” Court Records Released - American Libraries online
http://www.ala.org/ala/alonline/currentnews/newsarchive/2006abc/august2006a/doerelease.htm

参考:
E371 (No.65) - 愛国者法延長をめぐる緊迫した状況
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/cae/item.php?itemid=377
E428 (No.74) - 攻防続く愛国者法,暫定的延長の事態に
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/cae/item.php?itemid=434
連邦検察、愛国者法の公表禁止規定に関する控訴を取り下げ
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/car/index.php?p=1390