ALA、2006年の米国図書館界の状況報告書を刊行

米国図書館協会(ALA)が、2006年時点の米国図書館界の状況を概括した報告書“The State of America's Libraries”を刊行しました。

・公共図書館、大学図書館で図書館利用が大きく増加した。児童サービスも伸びた。
・1年に1回以上公共図書館を利用したと回答した人は、35〜44歳(74%)、黒人・白人(64・63%)が多かった。
・99%の公共図書館が無料でインターネットアクセスを提供しており、情報拠点としての役割を果たしている。
・ハリケーンの災禍に見舞われたニューオーリンズの復興を支援して図書館界は世の賞賛を浴びた。
・学校図書館の予算不足は厳しい状況にある。
・公共図書館・大学図書館の司書の給与は上がったが、雑誌の価格も上がった。
・DOPAは廃案に、愛国者法は図書館の主張を受け入れて改正。

といったことが強調されています。

The State of America's Libraries: A Report from the American Library Association
http://www.ala.org/ala/pressreleases2007/march2007/SAL_AnnualReport-FINAL.pdf

New data on U.S. libraries shows almost two billion served - ALA
http://www.ala.org/ala/pressreleases2007/april2007/salpr07.htm

参考:
E472 (No.81) - 米国の図書館界はいま...
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/cae/item.php?itemid=478