DspaceとFedoraが協力関係構築を表明

2008年7月25日に米国議会図書館(LC)で開催された、英国情報システム合同委員会(JISC)“Common Repository Interface Group”主催のイベント"RepoCamp"の場で、オープンソースのリポジトリ用ソフトの2大供給者、Dspace FoundationとFedora Foudationが、協力して事業に当たっていくことが発表されました。協力関係の将来の展望として、下記を挙げています。

1.オープンソースのリポジトリソフトを利用しているコミュニティに、最善のテクノロジーとサービスを提供する。

2.重要なアーキテクチャ要素の集中と相互運用性を可能にするため、双方の組織のテクノロジー計画を同調させる。

3.商標で守られたソリューションと比較して、DspaceとFedoraがいかに特別な価値を提案できるか、説明する。

DSpace Foundation and Fedora Commons Form Working Collaboration
http://www.dspace.org/index.php?option=com_content&task=view&id=827&Itemid=247

RepoCamp
https://barcamp.pbwiki.com/RepoCamp

Building repository interoperability and developer communities
http://infteam.jiscinvolve.org/2008/07/26/building-repository-interoperability-and-developer-communities/

参考:
CA1527(No.280)DSpaceをめぐる動向
http://current.ndl.go.jp/ca1527
DCC、リポジトリ用ソフト“Fedora”の概要説明資料を刊行
http://current.ndl.go.jp/node/5084
DSpaceの著作権、DSpace Foundationに譲渡
http://current.ndl.go.jp/node/6619
DSpaceの導入進む
http://current.ndl.go.jp/node/3775