標準化

W3Cのワーキンググーループ、 Web Annotation Data Modelの公開草案初版を発表

2014年12月11日、W3CのWeb Annotation Working Group(WAWG)が、“Web Annotation Data Model”の公開草案初版(First Public Working Draft)を発表しました。

アノテーションは、ある情報源や情報源の関係についての情報を伝えるのに使用されるもので、ウェブページへのコメントやタグなどがその事例として挙げられるとのことです。“Web Annotation Data Model”は、異なったハードウェアやソフトウェアのプラットフォームにおいてもアノテーションの共有、再利用を可能とするための構造化モデルとフォーマットの仕様とのことです。

FIRST PUBLIC WORKING DRAFT: WEB ANNOTATION DATA MODEL(W3C, 2014/12/11)
http://www.w3.org/blog/news/archives/4238

Web Annotation Data Model(W3C, 2014/12/11)
http://www.w3.org/TR/2014/WD-annotation-model-20141211/

WEB ANNOTATION WORKING GROUP(W3C)

W3C、HTML5とHTML4の仕様の違いをまとめたノートを公開

2014年12月9日、W3Cが、HTML5とHTML4の仕様の違いをまとめたノート“HTML5 Differences from HTML4”を公開しました。

HTML5 Differences from HTML4(W3C)
http://www.w3.org/TR/2014/NOTE-html5-diff-20141209/

HTML5 DIFFERENCES FROM HTML4 NOTE PUBLISHED(W3C, 2014/12/9)
http://www.w3.org/blog/news/archives/4219

参考:
World Wide Web Consortium(W3C)がHTML5を「勧告」で公開
Posted 2014年10月29日
http://current.ndl.go.jp/node/27326

国際新聞電気通信評議会(IPTC)、画像のメタデータ標準規格最新版を発表

2014年11月25日、国際新聞電気通信評議会(IPTC)が、デジタル画像・写真のメタデータ標準規格の最新版を発表しました。2008年以来の大幅なアップデートになるとのことです。

IPTC Standard Photo Metadata (October 2014)
http://www.iptc.org/std/photometadata/specification/IPTC-PhotoMetadata

IPTC Photo Metadata extended to be more precise and reliable(IPTC, 2014/11/25)
http://www.iptc.org/site/Home/Media_Releases/IPTC_Photo_Metadata_extended_to_be_more_precise_and_reliable

IPTC Core & Extension = the IPTC Photo Metadata Standard(IPTC)
http://www.iptc.org/site/Photo_Metadata/IPTC_Core_&_Extension/

参考:
E843 - デジタル画像・写真のメタデータ標準に関するガイドライン<文献紹介>
No.137 2008.10.15

NISO、定期刊行物の交換プロトコルについての推奨指針のドラフトを公開、意見募集中

米国情報標準化機構(NISO)は、2014年11月4日、定期刊行物の交換プロトコルについての推奨指針のドラフト版“Protocol for Exchanging Serial Content”を公開しました。2014年12月5日まで、意見が募集されています。

この推奨指針は、コンテンツのプロバイダーと利用者の双方が、何が配信されて、受信されているのかを把握できるような方法で、デジタルな定期コンテンツのパッケージにおけるあらゆる要素を管理するための最もよいガイダンスを提示するものとのことです。

Protocol for Exchanging Serial Content (PESC)(NISO RP-23-201x)(NISO)
http://www.niso.org/apps/group_public/download.php/13983/rp-23-201x_PESC_draft_for_comment.pdf
※ドラフト版

Protocol for Exchanging Serial Content (PESC)(NISO)
http://www.niso.org/workrooms/pesc/

World Wide Web Consortium(W3C)がHTML5を「勧告」で公開

2014年10月28日、World Wide Web Consortium(W3C)が、HTML5を「勧告」として公開したと発表しています。

HTML5 IS A W3C RECOMMENDATION(W3C,2014/10/28)
http://www.w3.org/blog/news/archives/4167

HTML5 A vocabulary and associated APIs for HTML and XHTML
http://www.w3.org/TR/2014/REC-html5-20141028/

HTML5がW3Cの勧告に──作業部会立ち上げから8年で(ITmedia, 2014/10/29)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1410/29/news054.html

W3Cが宣言: HTML5の標準規格は最終的に確定した(Tech Crunch, 2014/10/29)
http://jp.techcrunch.com/2014/10/29/20141028w3c-declares-html5-standard-done/

参考:
W3CがHTML5の仕様策定完了を発表、勧告は2014年予定
Posted 2012年12月18日

NISOがInformation Standards Quarterly刊行、今号はオープンアクセスのインフラストラクチャーがテーマ

2014年9月17日、米国情報標準化機構(NISO)が、季刊誌“Information Standards Quarterly”(2014, vol.26, no. 2)を刊行しました。今号はオープンアクセスのインフラストラクチャーが特集テーマとなっており、OA出版を管理するにあたっての規格の役割や、出版社からのOAへの視点をまとめた記事の他、SHared Access Research Ecosystem(SHARE)、Clearinghouse for the Open Research of the United States(CHORUS)等のプロジェクトについての記事等も掲載されているようです。

Information Standards Quarterly (ISQ) Summer 2014, volume 26, no. 2
http://www.niso.org/publications/isq/2014/v26no2/

Themed Information Standards Quarterly Issue on Open Access Infrastructure Published by NISO(NISO, 2014/9/17付)

国際図書館連盟(IFLA)、IFLA Standardのページを公開

2014年9月16日、IFLAが策定した図書館や情報サービスにおける標準を集めた“IFLA Standard”のページを公開しました。

IFLAは、図書館や情報サービスの質の向上を支援するため、標準策定の活動を行ってきており、目標の一つにも位置付けられているとのことです。概念モデル、情報の記述規則、デジタルフォーマットコード(UNIMARC等)、ガイドライン、ベストプラクティス(経験や調査に基づく手順や技術で構成される文書)をStandard(標準)と定義しており、これまでに策定された標準を集めて一覧にしたページ、標準策定のためのマニュアルや書式などを公開しています。

IFLA Standards
http://www.ifla.org/standards

Now Online: IFLA Standards website
http://www.ifla.org/node/9044

Current IFLA Standards
http://www.ifla.org/node/8750

Creating New Standards
http://www.ifla.org/node/8719

IFLA Standards Procedures Manual

E1604 - ディスカバリーサービスの透明性向上のためになすべきこと

 Summon,WorldCat Local,Primo Central,EBSCO Discovery Service。膨大な学術情報をセントラルインデクスと呼ばれるデータベースに集積することで,高速な検索を可能にしたウェブスケールディスカバリーサービス(CA1772参照)が登場してはや5年になる。...

W3C、“Linked Data Platform Best Practices and Guidelines”を公開

2014年8月28日、ウェブ技術の標準化を推進する団体W3CのLinked Data Platform (LDP)ワーキンググループが、“Working Group Note”として、LDPの実装にあたってのベストプラクティスとガイドラインをまとめた“Linked Data Platform Best Practices and Guidelines”を公開しました。

Linked Data Platform Best Practices and Guidelines(W3C, 2014/8/28)
http://www.w3.org/TR/2014/NOTE-ldp-bp-20140828/

Linked Data Platform Working Group
http://www.w3.org/2012/ldp/wiki/Main_Page

LINKED DATA PLATFORM BEST PRACTICES AND GUIDELINES NOTE PUBLISHED(W3C, 2014/8/28)
http://www.w3.org/blog/news/archives/4036

参考:
W3Cのワーキンググループ、“Linked Data Platform1.0”を勧告候補に
Posted 2014年6月20日

ページ