総合目録

CA951 - スラブ・東欧関係資料の滞貨をどう減らすか / 兎内勇津流

「スラブ・東欧諸語や旧ソ連邦の非スラブ系諸語で書かれた資料の整理滞貨は,死や税金と同じく避けられない」という,インディアナ大学図書館でスラブ資料の目録を担当するジャックリーン・バード(J. Byrd)女史の見解は,われわれ日本の図書館員を安心させてくれる。ロシア語資料の持つ…

CA940 - イタリアにおける図書館ネットワークの構築 / 奥山裕之

イタリアではこれまで10年以上にわたり,文化財・環境財省の主導で全国図書館ネットワーク(Servizio Bibliotecario Nazionale: SBN)の構築が進められてきた。このネットワークは,国立・公共・大学など各種の図書館の蔵書総合目録を作成し,さらに新規の目録データ入力をオンラインにより共同で行…

CA935 - OPACにおける主題アクセス:英国における調査 / 谷口純子

目録作業の機械化に伴い,多くの図書館では,OPACの導入もしくはその計画が進められている。クロフォード(Crawford)らは,OPACの主題アクセスに注目し,イギリスの大学図書館を対象としてアンケート調査を行った。この調査の目的は,主題アクセスの方針を計画していく上で役立つ情報を集め…

CA921 - タイにおける図書館ネットワークの発展−リソース・シェアリングの追求− / 中島尚子

タイでは1970年代の経済的困難の時代に,多くの図書館がリソース・シェアリングの必要性を認識し,図書館間貸出・分担目録作業・共同収集のために,図書総合目録や逐次刊行物総合目録などの書誌を整備した。1990年代に入るとネットワーク化の動きは具体的になった。チュラロンコーン大学…

E303 - 英国の学術雑誌オンライン総合目録SUNCAT

英国では総合目録が1980年以降作成されていなかったが,そのことによるデメリットからSUNCATが考案され,英国情報システム合同委員会(JISC)等の助成を受けてEDINAとEx Libris社が2003年から開発してきた。2005年からの2年間で参加館を80に増やす予定で,最終的には全英の200館を超える研究図書館の…

CA906 - 青森県の図書館ネットワーク構想 / 隅山恵子

自治省では,情報通信システムの開発に関連する事業として地域情報ネットワーク整備構想(コミュニティ・ネットワーク構想)を策定し平成3年6月各地方公共団体に提示した。本構想は,現在使われているコンピュータの機種に関係なく,全国の地方公共団体で利用できる標準的なモデルシス…

CA848 - ドイツ図書館:全国書誌統合への努力 / 戸田典子

ドイツ統一により,旧西独フランクフルト・アム・マインのドイツ図書館(Deutsche Bibliothek),旧東独ライプツィヒのドイツ図書館(Deutsche Bucherei),ベルリンのドイツ音楽図書館(Deutsches Musikarchiv)は90年10月統合された(CA726参照)。共通名称はDeutsche Nationalbibliqthekが有力であったが,やや控え…

CA823 - 図書館協力のためのデータサービス整備:ドイツ研究協会の新提案から / 斎藤純子

連邦国家ドイツでは,図書館ネットワークは各地方(ほぼ州に対応する)ごとに構築されてきた。旧西ドイツ地域にすでに7つのネットワークが成立しており,2つが構築中である。今後の重要課題は,各ネットワーク間を結ぶ全国的協力体制の整備である。中核的な学術振興機関であるドイツ研…

E135 - LC,映像資料のオンライン総合目録を来年公開へ

「映像コレクション(Moving Image Collection:MIC)」と名付けられたこの事業は,1999年に全米フィルム保存委員会(注)がAMIAに構想の策定を委託し着手したもので,2002年秋には上記3大学が全米科学財団から90万ドルの助成を受けてシステム開発に取り組んでいる。2004年に事業がLCに移管され,一般…

CA683 - OCLCがオンライン情報検索サービス(EPIC)を開始 / 和中幹雄

<情報検索サービス市場への参入>OCLCは,今年(1990年)の1月からEPICサービスを開始した。これは,オンラインによるレファレンス情報検索サービスで,それ自体新しいものではない。しかし,2000万件を超える(しかも毎日更新されて,週に3万5千件の書誌レコードが追加されていく)目録デー…

ページ