貸出

寝屋川市立図書館(大阪府)、市内の郵便局等での資料の受取・返却サービスを開始

大阪府の寝屋川市立図書館が、2020年10月1日から、市内の郵便局やシティ・ステーションでの本・雑誌の受取・返却サービス(配送サービス)を開始します。

利用には、同サービス専用の図書館利用カードが必要で、図書館窓口、webPOAC、電話で配送の申し込みを受付けます。

資料が配送される郵便局やシティ・ステーションは曜日ごとに決まっており、各郵便局やシティ・ステーションへは、週に1回だけの配送となります。申し込んだ資料は専用の袋に入った状態で配送され、返却については、郵便局やシティ・ステーション以外に市内の各館でも可能です。

配送サービスが始まります(寝屋川市立図書館,2020/9/23)
http://www.city.neyagawa.osaka.jp/organization_list/kyoiku_shakaikyoiku/tyuutosyo/tosyotop/1599984076894.html

E2304 - フランスの図書館ではどのような本が読まれているのか?

2020年6月5日,フランス文化省は2019年版の“ Baromètre des prêts et des acquisitions dans les bibliothèques de lecture publique”を発表した。これは,公共図書館における資料の貸出・購入実績の年次動向調査の報告書であり,2014年に開始された同調査の6回目にあたる。なお,本稿では「公読書のための図書館(les bibliothèques de lecture publique)」を便宜上「公共図書館」と意訳した。「公読書(lecture publique)」とは,市民の読書の機会保障を国や自治体の責務として位置づけるフランス行政独自の概念であり,その主な担い手は公共図書館である。

大学図書館・研究図書館による研究者と学生を支援するための予約受取サービス:新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて開始(記事紹介)

2020年9月11日、北米研究図書館協会(ARL)が、大学図書館・研究図書館による、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて開始された予約受取サービス(takeout and pickup services)に関する記事を掲載しました。

記事の中では、予約受取サービスを実施している館の例に加え、デジタル情報源へのアクセスの拡充にも触れられ、北米の大学がキャンパス内外の利用者向けに作成した、これらのサービスについての説明動画の例も紹介されています。

Research Libraries Launch Takeout Services to Aid Researchers and Students(ARL, 2020/9/11)
https://www.arl.org/blog/research-libraries-launch-takeout-services-to-aid-researchers-and-students/

E2293 - 八王子市(東京都)のオーディオブック配信サービスについて

八王子市(東京都)では,2020年3月に「第4次読書のまち八王子推進計画 2020年度~2024年度」を策定し,「いつでも,どこでも,だれでも」読書に親しめるまち八王子の実現を基本指針に掲げている。図書館を中心として,家庭,地域,市民・市民団体,事業者,教育機関,行政などが連携した取組や,「いつでも,どこでも,だれでも」読書に親しめる環境を整備するとともに,全ての市民の読書活動を切れ目なく支援し,市民が,生涯にわたって,“読書”を楽しめる,知的好奇心あふれるまちをめざしている。

E2298 - 南欧の国立図書館における複写貸出サービス

2019年の晩秋,南欧4か国の国立図書館や大学図書館を実地に訪ね,利用者サービスについて調査を行う機会を得た。訪ねたのはポルトガル,スペイン,イタリアそしてギリシャの4か国である。本稿ではイタリア以外の3か国の国立図書館について職員へのインタビューによって得た見聞をもとに,複写および貸出サービスの実態を紹介したい。イタリアの国立図書館における複写サービスについては同僚の伊藤暁子が2018年にローマとフィレンツェの2館を訪問し(E2165参照),『国立国会図書館月報』第706号に豊富な写真つきでまとめている。イタリア以外の欧州の国立図書館についても知ることができる。ぜひ参照されたい。

筑後市立図書館(福岡県)、夏の装いで来館すると貸出冊数・期間が増える「図書館でお祭り気分」を実施中

福岡県の筑後市立図書館が、2020年9月1日から9月30日まで、浴衣・甚平等の夏の装いで来館すると貸出冊数・期間が増える「図書館でお祭り気分」を実施中です。

報道等によると、新型コロナウイルス感染拡大防止のために来館回数を減らすことや、中止となった夏祭り・花火大会の雰囲気を楽しんでもらうことが目的で、館内では市内のお祭りの映像が流されます。職員も法被姿とのことです。

「図書館でお祭り気分」『広報ちくご』798号(2020年9月)p.19
https://www.city.chikugo.lg.jp/var/rev0/0021/4067/20200901.pdf

“図書館でお祭り気分” 夏祭りの装いで貸出冊数と期間2倍 筑後市 (47NEWS(西日本新聞),2020/9/1)
https://www.47news.jp/localnews/prefectures/hukuoka/5203417.html

沖縄県立図書館、新型コロナウイルス感染拡大防止のための同県の緊急事態宣言再延長に伴い、臨時休館期間を延長:警戒レベル引き下げにより予約本受取サービスを開始

2020年8月28日、沖縄県立図書館が、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、同県の緊急事態宣言が9月5日まで再延長されことに伴い、臨時休館期間を延長すると発表しました。

一方、警戒レベルは引き下げられたことから、9月3日から予約本受取サービスを開始するとしています。

予約本受取サービス開始のおしらせ(9/3~)(沖縄県立図書館)
https://www.library.pref.okinawa.jp/important/93.html

関連:
沖縄県緊急事態宣言の延長について (沖縄県,8月28日)
https://www.pref.okinawa.jp/20200828.html

関西大学図書館(大阪府)、同大学の教員による「SDGs推薦図書」を高等学校向けに貸出:2020年9月15日まで申請を受付中

2020年8月25日、大阪府の関西大学図書館は、同大学の教員が学生向けに推薦した持続可能な開発目標(SDGs)に関する図書について、高等学校向けに貸出することを発表しました。

関西大学図書館は、2019年度のSDGsの達成に貢献するための図書館の特性を活かした取組み「KU Library thinks SDGs」において、同大学教員の推薦文が入った「本の帯」を巻いた図書を館内に展示する試みを行いました。2020年度に「KU Library thinks SDGs」の第2弾を実施するにあたって、若い世代がSDGsに対する理解を深められるよう授業や校内展示に活用可能なツールとして役立てることを目的として、同大学の教員が学生向けに推薦した「SDGs推薦図書」の高等学校向けの貸出を実施します。

「SDGs推薦図書」の貸出は、関西大学図書館が「KU Library thinks SDGs」第2弾を実施する2020年9月21日から2021年1月30日までの期間に行われます。対象は2019年度の「KU Library thinks SDGs」で展示された教員推薦図書の一部にあたる30冊であり、「本の帯」が巻かれた状態で貸出されます。

伊丹市立図書館ことば蔵(兵庫県)、気になる帯を「収穫」してカウンターへ持っていくとその帯がついていた本を貸出できる企画「おびがりっ!」を開催

兵庫県の伊丹市立図書館ことば蔵が、2020年8月15日から、同館3階の酒コーナーで企画「おびがりっ!」を開催します。

網ラックから1人3枚まで気になる帯を選んで「狩り取り」し、同館のカウンターへ持っていくと、帯の付いていた本を「帯借り」として貸出できるという企画です。「収穫時期」(開催期間)は、2020年8月15日から30日までの予定ですが、帯がなくなり次第終了します。「収穫」された帯は参加者にプレゼントされます。

おびがりっ!(伊丹市立図書館ことば蔵)
http://www.city.itami.lg.jp/SOSIKI/EDSHOGAI/EDLIB/event/eventlist/1531351092166.html

Internet Archive(IA)、大手出版社4社の著作権侵害訴訟に対する答弁書を提出:“Controlled Digital Lending(CDL)”による電子書籍貸出の適法性を主張

Internet Archive(IA)は2020年7月29日付で公開したブログ記事において、商業出版社4社がIAの“Controlled Digital Lending(CDL)”による電子書籍貸出の停止を求めて提起した著作権侵害訴訟への答弁書(Response)を、前日28日に提出したことを発表しました。

図書館の所蔵する冊子体資料をデジタル化して、ファイルの再配布に制限を付けて行われるCDLを通した電子書籍貸出は、9年以上実施され広く米国の図書館界に普及していることなどを挙げ、米国著作権法は図書館が所蔵する資料をデジタル化し、管理された方法で利用者に貸出する権利を阻んでいないとして、IAはCDLによる電子書籍貸出の適法性を主張しています。

ブログ記事では、作家の利益促進のために活動する米国の非営利団体“Authors Alliance”がCDLによる電子書籍貸出をフェア・ユースとして支持する見解を表明したことや、多くの教育機関が公衆衛生上の懸念から資料へのアクセスを厳しく制限する中で行われるこの訴訟は、学習者への情報アクセスを維持するために取り組む図書館等の試みを阻害するものであることにも言及しています。

ページ