貸出

米・コロンビア大学バトラー図書館、低所得の大学第一世代の学生のみ貸出可能な教科書のコレクションを提供:該当学生の財政的負担軽減のため

米・コロンビア大学の学生新聞“Columbia Daily Spectator”の2020年2月19日付の記事において、同大学のバトラー図書館が、両親ともに大学卒ではない大学第一世代(first-generation)で低所得の学生のみ貸出可能な教科書コレクションを提供していることが紹介されています。こうした学生の財政的負担の軽減を意図した試みです。

“Columbia Daily Spectator”の記事によると、この試みは同大学の低所得の大学第一世代の学生を支援する学生団体“Columbia First-Generation Low-Income Partnership(FLIP)”と図書館の提携により実施されるものです。FLIPは低所得の大学第一世代向けに学生からの寄付による教科書を貸出するプロジェクトを2014年から実施しています。

コロンビア大学はニューヨーク・タイムズ紙による社会経済的に多様な背景を持つ学生が利用しやすい大学のランキングで20位以内に入っているものの、同大学の学生は、ほとんどの授業の必需品である教科書価格が高額であることが学生生活の障壁になっていることを繰り返し指摘しています。

多摩市立図書館(東京都)で借りた本・雑誌が2020年3月3日からヤマト運輸株式会社の運営する「ネコサポステーション」で返却可能に

2020年1月24日、東京都の多摩市立図書館は、ヤマト運輸株式会社と締結した協定により、2020年3月3日から同館で借りた本などが同社の運営する「ネコサポステーション」で返却可能になることを発表しました。

多摩市内3か所の「ネコサポステーション」の店舗内に図書返却ボックスが設置され、図書館利用者であれば誰でも同館で借りた本・雑誌などを返却することが可能になります。12時以前に図書返却ボックスに投函された資料は、同日の夕方に返却処理が行われます。なお、CD・DVD・カセットやそれらが付属された資料、他の自治体からの借用図書、特大絵本など返却ボックスに投函できない大きさの資料は図書返却ボックスを利用できず、図書館のカウンターへ直接返却する必要があります。

令和2年3月3日(火曜日)よりネコサポステーションで、多摩市立図書館の本などが返却できるようになります(多摩市立図書館,2020/1/24)
https://www.library.tama.tokyo.jp/info?1&pid=1462

E2226 - 米国図書館界とマクミラン社との電子書籍をめぐる攻防戦

ALA元会長フェルドマン(Sari Feldman)によると,米国出版社の中のいわゆるビッグ5と呼ばれる大手出版社の1社であるマクミラン(Macmillan)社が2019年11月から,その電子書籍の図書館への販売方法を変更した。

スポーツや文化イベントのシーズンチケットを借りることができるフィンランドの図書館(記事紹介)

フィンランド外務省が運営するウェブサイト“this is FINLAND”が、同国の図書館における貸出サービスにおいて、スポーツや文化イベントのシーズンチケットの貸出が、最近、首都圏内外で拡大していることを紹介しています。貸出期間は1週間から2週間とのことです。

同サービスのコンセプトは、2019年秋に、ヘルシンキのバスケットボールチームのスポーツディレクターが、同チームの地元のトーロ図書館(Töölö Library)を通じて試合のチケットを入手できるようにしたことが始まりです。このことにより、普段は試合を見ない人や、金銭的にチケットを買えない観客が増加し、チームのアウトリーチ活動にもなったとしています。

その他、アイスホッケーチームや、コンサートホール、劇場のチケットを借りることができる図書館もあり、ヘルシンキ中央図書館“Oodi”では、ヘルシンキフィルハーモニー管弦楽団とフィンランド放送交響楽団のチケットを借りることができるとのことです。

茨城県立図書館、インターネット予約により同館所蔵資料が県内の市町村立図書館等で受取可能になるサービス「遠隔地貸出サービス(ぶっくびん)」を開始

2020年1月31日、茨城県立図書館は、県内の市町村立の図書館等の協力を得て「遠隔地貸出サービス(ぶっくびん)」を開始したことを発表しました。

新サービス「ぶっくびん」は、利用者が茨城県立図書館ホームページで予約した同館の所蔵資料を茨城県内37市町村(50館)の市町村立図書館等で受取可能になるサービスです。予約可能な点数は一般書・児童書あわせて20点まで、貸出可能な点数は同館での通常貸出とあわせて、一般図書・雑誌が10点、児童書・児童雑誌・紙芝居が10点までとなっています。大型絵本・大型紙芝居・視聴覚資料はこのサービスの対象外です。

重要なお知らせ(茨城県立図書館)
https://www.lib.pref.ibaraki.jp/index.html
※2020年1月31日欄に「インターネット予約による遠隔地貸出サービス(ぶっくびん)を始めました。」とあります

岐阜市立図書館が図書館システムをリニューアル:スマートフォンの利用カード化・予約図書受取順の指定・貸出履歴の保存等

2020年1月27日、岐阜市立図書館が図書館システムのリニューアルを発表しました。

スマートフォンに利用者カードのバーコードを表示させることで、スマートフォンを利用カードの代わりとして使用できるようになり、窓口や自動貸出機・座席予約で使用可能になっています。その他、予約中図書の受取順の指定や利用者自身の設定による貸出済図書の履歴の保存なども可能になっています。

なお、システムリニューアルに伴い、図書館の書架とウェブ上の情報をつなぐ株式会社カーリルのサービス「カーリルタッチ」の運用を休止することが併せて発表されています。

図書館システムが新しくなりました。(岐阜市立図書館,2020/1/27)
https://g-mediacosmos.jp/lib/information/2020/01/post-751.html

鯖江市図書館(福井県)、貸出カードの機能等を持つスマートフォンアプリ「鯖図(さばと)パス」を公開

2019年12月26日、福井県の鯖江市図書館が、貸出カードの機能等を持つスマートフォンアプリ「鯖図(さばと)パス」を公開しました。

三谷コンピュータ株式会社が鯖江市図書館と協力して開発したもので、利用には、図書館の窓口での貸出カードの申し込みが必要です。

その他、蔵書の検索機能、本の予約ができるマイページ機能、読みたい本や読んだ本を管理できるMy Book Listのほか、新刊情報・貸出ランキング・休館情報を見ることもできます。

また、図書館の持ち込みPC優先席の空き状況が確認できるサービスも近日公開予定とされています。

スマートフォンアプリ「鯖図(さばと)パス」始めました!(鯖江市, 2019/12/26)
https://www.city.sabae.fukui.jp/kosodate_kyoiku/bunkanoyakata/riyoannai/konnaservice/sabatopass.html

米・ニューヨーク公共図書館(NYPL)、1895年の設立以来最も多く貸し出された本トップ10を発表:設立125周年記念企画の一環

2020年1月13日、米・ニューヨーク公共図書館(NYPL)は、1895年の設立以来最も多く貸し出された本トップ10のリストを発表しました。設立125周年記念企画の一環として行われたものです。

リストは次のとおりです。なお、括弧内の数字は貸出し回数です。

台湾で公共貸与権の試行導入が開始

台湾の教育部及び文化部は、2019年12月31日に開催した記者発表の場で、国立公共資訊図書館及び国立台湾図書館において公共貸与権を試行導入することを発表しました。試行期間は2020年1月1日から2022年12月31日までの3年間となっています。

公共貸与権とは、図書館での資料貸出しに対する補償を著者及び出版者に行う制度です。欧州を中心に複数の国家で導入されていますが、東アジアにおける試行導入は初となります。

公共貸与権の適用対象となるのは、本国人、あるいは台湾の法令に依って登記された法人・民間団体が台湾の「国家言語」又は外国語で創作し、かつ台湾で出版されたISBN付きの紙の書籍です。1冊の貸出しにつき、3ニュー台湾ドル(2020年1月6日現在では日本円約11円に相当)の補償が行われ、著者70%、出版者30%の割合で分配されます。

試行段階では、両館における年間貸出し分を計算基準とし、翌年2月に著者及び出版者からの登録受付けを開始、5月に補償金の支払いを行うというスケジュールとなっています。

岩手県立図書館、「みんなでかんがえた本の福袋」を実施:子どもと図書館員が選んだ本

岩手県立図書館が、2020年1月4日から、はつ春おたのしみ企画「みんなでかんがえた本の福袋」を実施しています。

2019年11月1日から11月28日までの間に、児童コーナーの本から、本の福袋用として2冊、児童カウンター・総合カウンターに持参したものが福袋の中に入っています。

1つの袋にお薦めの本が3冊セットで入っており、個数限定で、なくなり次第終了です。

@iwate_pref_lib(Twitter, 2019/1/4)
https://twitter.com/iwate_pref_lib/status/1213241325799129089

児童コーナー「はつ春おたのしみ企画」のお知らせ(岩手県立図書館)
http://www.library.pref.iwate.jp/info/evecale/event/20191101_fukubukuro.html

ページ