障害者サービス

岡山県立図書館の録音図書サービスが対象者拡大で利用が増加(記事紹介)

2012年2月3日付けのMSN産経ニュースで岡山県立図書館の録音図書サービスが取り上げられています。活字による読書が難しい視覚障害者等のために作られた録音図書の利用対象を、2011年9月から高齢者や病気等で読書が困難な利用者へも広げたところ利用が急増しており、2011年度の貸出冊数は2010年度の3倍になる見込みとのことです。9月に再生機器25台を購入したそうですが、予約待ちの状態が続いたため12月に10台を追加購入したとされています。同館では2万冊以上の録音図書が利用できるそうです。なお、このような利用者範囲の拡大は、2009年に成立し2010年1月1日から施行された著作権法の改正(第37条第3項)によって可能となったものです。

「耳で聴く図書」利用者急増 県立図書館 岡山(MSN産経ニュース 2012/2/3付けニュース)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120203/oky12020302110001-n1.htm

障害のある方へのサービス(岡山県立図書館)
http://www.libnet.pref.okayama.jp/service/sougou/shogai/index.htm

録音資料リスト(岡山県立図書館)

「録音(DAISY)資料製作に関する全国基準」が公開

日本図書館協会(JLA)障害者サービス委員会のウェブページ等で、録音(DAISY)資料製作全国基準検討委員会が作成した「録音(DAISY)資料製作に関する全国基準」(2011年10月1日版)が公開されています。HTML、PDF、Word、テキスト版の他、同委員会に参加している「公共図書館で働く視覚障害職員の会」のウェブサイトで点字版(BES形式)も公開されているようです。2011年12月20日まで、同基準に対する(最初の)質問が受け付けられています。また、2012年1月24日に、江戸東京博物館で「録音(DAISY)資料製作に関する全国基準発表報告会~よりよい録音図書を製作するために」が開催されるそうです。

録音(DAISY)資料製作に関する全国基準(JLA障害者サービス委員会 2011年11月21日付け情報)
http://www.jla.or.jp/portals/0/html/lsh/zenkokukijyun.html

録音(DAISY)資料製作に関する全国基準(全国音訳ボランティアネットワーク)
http://onyaku.net/national-standard.html

公共図書館で働く視覚障害職員の会(通称「なごや会」)
http://homepage2.nifty.com/at-htri/nag-index.htm

日本障害者リハビリテーション協会、「アクセシブルな出版物の制作 出版社のためのベストプラクティスガイドライン」の翻訳を公開

日本障害者リハビリテーション協会が運営するウェブサイト「障害保健福祉研究情報システム」(DINF)で、同協会が翻訳した「アクセシブルな出版物の制作 出版社のためのベストプラクティスガイドライン」が公開されています。原文は、出版業界の標準化団体“EDItEUR”が2011年4月に公表した“Accessible Publishing: Best Practice Guidelines for Publishers”のバージョン1.0とのことです。このガイドラインは他に、フランス語、スペイン語、ドイツ語にも翻訳されているようです。

アクセシブルな出版物の制作出版社のためのベストプラクティスガイドライン(DINF トップページに2011年11月30日付けで公開とあり)
http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/access/guideline/Accessible_PublishingBest/Accessible_PublishingBest_Practice_Guidelines_for_Publishers_Japanese.html

Accessible Publishing: Best Practice Guidelines for Publishers (EDItEUR)

米iSpeech社、Elsevier ScienceDirect収録論文を音声読み上げするアプリケーションを無料提供

Elsevier社は、同社の統合プラットフォームSciVerse上で動作するアプリケーションをユーザが開発できるような環境を提供しています。2011年7月25日付けのElsevier社の発表によりますと、米国のiSpeech社が、フルテキストデータベースSciVerse ScienceDirectに収録された論文を音声読み上げするアプリケーション“iSpeech Audio Reader”を開発し、無料で提供しているそうです。このアプリケーションは論文のテキストを音声ファイルに変換して再生するもので、HTMLで提供された論文のみが対象で、現在はPDFには対応していないそうです。

iSpeech Audio Reader (SciVerse)
http://www.applications.sciverse.com/action/appDetail/293713?zone=main&pageOrigin=appGallery&activity=display

SciVerse用アプリケーションの一覧 (SciVerse)
http://www.applications.sciverse.com/action/gallery

英国図書館・情報専門家協会(CILIP)、「人生を変える図書館賞2011」の授賞プロジェクトを発表

2011年7月14日に、英国の図書館・情報専門家協会(CILIP)が、2011年の「人生を変える図書館賞」(Libraries Change Lives Award)の授賞対象プロジェクトを発表したようです。授賞したのは、Kent County Councilの図書館で行われている“Making the Difference”というプロジェクトです。このプロジェクトは、学習障害を持つ大人を対象に、読書活動やIT支援、雇用支援等を行うことで、学習障害を持つ利用者への図書館サービスの改善を行ったり、学習障害を持つ人が地域コミュニティで充実した生活をおくれるような支援を行ったりすることを目指しているようです。

Libraries Change Lives Finalists 2011 (CILIPのウェブサイト)
http://www.cilip.org.uk/about-us/medalsandawards/libraries-change-lives/Pages/finalists2011.aspx

CILIP Libraries Change Lives winner announced (CILIP 2011/7/14付けの記事)
http://www.cilip.org.uk/news-media/Pages/news110714.aspx

中国で視覚障害者用図書館「中国視障文化情報サービスセンター」が設立

中国で、視覚障害者用図書館の「中国視障文化情報サービスセンター」(中国视障文化资讯服务中心)が設立されたそうです。同センターには、視覚障害者用の書籍25万冊、カセット・ディスクの音声図書66万枚が所蔵されているそうです。中国共産党が2011年7月1日に創立90周年を迎えるのを記念して設立されたとのことです。

中国最大の視覚障害者用図書館を設立(人民網日本語版 2011/6/29付けニュース)
http://j1.people.com.cn/94475/7424345.html

中国盲文图书馆(中国视障文化资讯服务中心)建成开馆(人民网 2011/6/28付けニュース)
http://www.people.com.cn/h/2011/0628/c25408-1-4145689751.html

スペイン国立図書館、同館ウェブサイトの音声での提供を開始

2011年6月9日に、スペイン国立図書館が、同館のウェブサイトのスペイン語ページについて、ウェブ情報読み上げサービス“ReadSpeaker”を利用した音声での提供を開始しています。各ページに掲載される“Escuchar”をクリックすると、音声が再生されるようです。

La web de la BNE ofrece Readspeaker para mejorar su servicio a personas con discapacidad (Biblioteca Nacional de España 2011/6/9付けの記事)
http://www.bne.es/es/NavegacionRecursiva/Cabecera/noticias/noticias2011/ReadSpeaker.html

第5回欧州eアクセシビリティフォーラムの会議録が公開

2011年3月28日にフランス・パリで開催された第5回欧州eアクセシビリティフォーラム(5th European eAccessibility Forum)の会議録が、同フォーラムのウェブサイトで公開されています。

会議録掲載ページ (5th European eAccessibility Forum: Benefits and costs of e-accessibilityのウェブサイト)
http://inova.snv.jussieu.fr/evenements/colloques/colloques/70_actes_en.html

「中国障害者電子図書館」が公開される

2011年4月23日の「世界本と著作権の日」に併せて、中国障害者連合会(中国残疾人联合会)と中国国家図書館(中国国家图书馆)の共同運営による「中国障害者電子図書館」(中国残疾人数字图书馆)が公開されたそうです。中国障害者電子図書館に会員登録した利用者は、通常は中国国家図書館に来館しないと読むことができない国家図書館の電子化図書や有料の電子書籍・電子ジャーナル等を、中国障害者電子図書館を通じて自宅で利用することができるようです。なお、中国障害者電子図書館の公開と併せて、全国障害者読書指導委員会(全国残疾人阅读指导委员会)という組織も発足されたようです。

中国残疾人数字图书馆
http://dlpwd.nlc.gov.cn//index.htm

牵手残疾人 走进图书馆“全国残疾人阅读指导委员会”在京成立 (中国残疾人联合会 2011/4/23付けのニュース)
http://www.cdpf.org.cn/mrxx/content/2011-04/23/content_30326681.htm

关于成立全国残疾人阅读指导委员会并组织残疾人开展读书活动的通知 (中国国家图书馆及び中国残疾人联合会のプレスリリース)
http://www.nlc.gov.cn/dsr2011/pdf/42301.pdf

米国議会図書館(LC)の障害者向けサービス、今後製作するオーディオブックはデジタルのみに

米国議会図書館(LC)の、視覚障害者及び身体障害者のための全国図書館サービス(National Library Service for the Blind and Physically Handicapped:NLS)が、過去40年にわたり製作していたカセットテープでの資料の製作を2011年1月で終了し、今後はデジタル版の製作のみとすると発表しています。なお、NLSは2011年3月で80周年を迎えるとのことです。

National Library Service for the Blind and Physically Handicapped Completes Its Digital Transition(2011/2/4付けLCのニュース)
http://www.loc.gov/today/pr/2011/11-027.html

ページ