障害者サービス

博物館・図書館・文書館での障害者サービスに関する調査(英国)

英国の博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)は2006年12月5日、2005年に実施した国内の博物館・図書館・文書館における障害者サービスに関する調査結果を発表しました。多くの館で障害者のアクセシビリティは向上したものの、まだ改善の余地はあり、引き続いて意識を高めていく必要がある、とラミー(David Lammy)文化大臣が総括しています。

MLA Disability Survey reveals cultural sector has come a long way, yet the journey continues
http://www.mla.gov.uk/webdav/harmonise?Page/@id=82&Document/@id=26697
Disability - MLA Policy

E577 - 視覚障害者向けサービスが一歩前進:著作権法改正案(日本)

政府はこのほど,著作権法改正案(以下,改正案)をまとめ,2006年11月2日,第165回国会に提出した。2006年12月1日の衆議院文部科学委員会で可決され,今後本会議での審議が進められる。 特に図書館に関わりが深い改正点として,視覚障害者向け録音図書に関する規定の見直しが盛り込まれて…

E520 - 図書館で,にぎやかに!−視覚障害者向けサービスの提供(英国)

2006年7月,視覚障害者へのサービスを周知するためのイベント“Make a Noise in Libraries”(MaNiL)が英国で開催された。MaNiLの目的は,視覚障害者に地元の公共図書館を訪れてもらい,どのようなサービスを受けられるのかを知ってもらうとともに,もっと視覚障害者のニーズに応えられるような図書…

E482 - MLA,視覚障害者に対する図書館サービスの国際比較に着手

英国博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)は,英国図書館(BL),国際図書館連盟(IFLA)の視覚障害者図書館セクションと共同で,視覚障害者に対する図書館および情報提供サービスの国際比較に関する研究を行うため,2006年4月12日に調査を担当する受託者の募集をウェブサイトで公告した…

CA1486 - 米国におけるデジタル録音図書をめぐる動き-NLSを中心に- / 深谷順子

2002年3月,米国情報標準化機構(National Information Standards Organization:NISO)は,デジタル録音図書(Digital Talking Book:DTB)(注1)に関する基準をNISO規格として承認した(ANSI/NISO Z39.86-2002, Specifications for the Digital Talking Book)。この基準は,DTBを含む電子ファイルのフォーマットと内容を定義し,DTBの…

CA1471 - 情報バリアフリーに向けた国際的な動き / 大原裕子

本年は国連アジア太平洋経済社会委員会(United Nations Economic and Social Commission for Asia and the Pacific:ESCAP)が第48回総会において定めた「アジア太平洋障害者の十年(The Asian and Pacific Decade of Disabled Persons 1993-2002)」の最終年である(「アジア太平洋障害者の十年」は2003年度を初年度とし,さらに10年…

CA1440 - 英国公共図書館における視覚障害者サービスの実態 / 吉田啓子

英国における視覚障害者への図書館サービスは,ボランティア組織を中心とする様々な組織が担ってきたが,利用対象者の特定が難しい,連携がうまくいかない,最新の専門的なサービスができない,などの問題点があった。一方,公共図書館には,視覚障害者を含むすべての地域住民にサービ…

CA1369 - 英国における視覚障害者サービス改善のための調査 / 豊嶋陽子

2000年4月から,英国盲人図書館(National Library for the Blind: NLB)と王立英国盲人援護協会(Royal National Institute for the Blind: RNIB)が協同して,視覚障害者へのサービスの改善を図ることとなった。それに先駆けて,NLBはバーミンガム大学教育学部に委託し,視覚障害を持つ児童・生徒の読書傾向について調査…

CA1329 - LCのWeb-Brailleサービス / 関根美穂

1999年8月,米国議会図書館(LC)の視覚障害者および身体障害者のための全国図書館サービス(National Library Service for the Blind and Physically Handicapped: NLS)は,視覚障害を持つ利用者に対してインターネット上で点字図書の提供を開始した。これがWeb-Brailleサービスである。Web-BrailleではLCの所蔵する電子点字…

CA690 - 電子新聞で沈黙の世界を破る―BLR&DD/RNIB話す新聞プロジェクト― / 宮代信子

イギリスでは視覚障害者が新聞記事情報を得るには,今迄はボランティアに頼るか,カセットテープ版の週刊ダイジェストを待つかのどちらかであった。Royal National Institute for the Blind(RNIB)は,英国図書館研究開発部(BLR & DD)の助成により,新聞を発行日にしかも本文全文を提供できるとい…

ページ