障害者サービス

CA1119 - 障害をもつ利用者ならびに職員の災害時における避難計画 / 北村弥生

阪神・淡路大震災以後,災害と図書館について考える機会は増えている。とはいえ,建物の設備や図書館家具の地震対策,冠水した図書館資料の修復については具体的な提言があるが,災害対策マニュアル作成についての報告や提言はあまりないようである。ここに紹介するのは,米国で発表さ…

CA1188 - ユネスコ公共図書館宣言とロシア / 岩澤聡

いささか古い話で恐縮であるが,ロシアの図書館専門誌『ビブリオテカ』(1996年11月号)に,「歴史を繰り返さないために−ロシアにおけるユネスコ公共図書館宣言,比較分析」と題する論文が掲載された。ユネスコ公共図書館宣言といえば,IFLAの枠組みで作成され,公共図書館の活動に関して…

CA1145 - 聴覚障害者のための図書館サービス / 江口磨希

図書館が聴覚障害者に対し特別に考慮すべき事があるだろうか。このようなタイトルで,イングランド北西部(チェシャー州,ランカシャー州周辺)の図書館に対して行われた訪問調査の結果が報告された。この内容から,聴覚障害者が図書館に求めるものと,北西部の図書館の活動を紹介した…

CA1128 - ニュースラインネットワーク−視覚障害者のための全国的な新聞サービス− / 楢木健一郎

全米盲人協会(National Federation of the Blind:NFB)のジャーニガン(Kenneth Jernigan)博士は,1996年5月にピッツバーグで開催された視覚及び身体障害者のための全国サービス(National Library Service for the Blind and Physically Handicapped:NLSB)の会議でニュースラインネットワークと呼ばれる視覚障害者のための…

CA1109 - EXLIB−ヨーロッパにおける視覚障害者への図書館サービス− / 宮代信子

インターネットの利用が普通のこととして語られ,図書館システムも電子図書館化へと急激に変化しようとする社会において,視覚障害者が情報を晴眼者と共有することはこれまで以上に困難になると予測した上で,視覚障害者の情報へのアクセスを保証することを目的に,1993年1月から1994年11…

CA1078 - アメリカの図書館と障害者法(2) / 田中邦夫

問 ADAの実行を統括するスタッフを図書館におく必要があるか。答 公立で職員数が50人以上の図書館は,少なくとも1人のスタッフをADA担当として任命すべきである。ADA担当はADAの実行計画を立案し,プログラムやサービスや補助手段などの便宜の提供状況を確かめ,苦情を調査し,また障害を…

CA1075 - アメリカの図書館と障害者法(1) / 田中邦夫

1990年7月26日に制定された米国の『障害をもつアメリカ人に関する法律』(Americans with Disabilities Act: ADA)は障害者差別の撤廃を目指す画期的な法律である。法律の第2章「公的サービス」では公共施設および公共交通に対する障害者のアクセスの保証を含み,第4章「電気通信」では聴覚障害者によ…

E438 - ウェブサイトのアクセシビリティ向上に向けて <文献紹介>

総務省. 公共分野におけるアクセシビリティの確保に関する研究会 報告書 -誰でも使える地方公共団体ホームページの実現に向けて-. 2005, 121p. (オンライン), 入手先<http://www.soumu.go.jp/s-news/2005/051215_1.html>, (参照2006-1-13).2004年6月の「JIS X 8341-3:2004(ウェブコンテンツJIS)」の制定とともに,公共分野…

E398 - すべての人に平等な図書館サービスを−CLAの戦略計画

カナダ図書館協会(Canadian Library Association:CLA)は,視覚障害者や移動制約者など印刷物を「読むことに障害を持つ人々」がより情報にアクセスしやすくなるよう,国家的に取るべき戦略を立案し,8月に報告書“Opening the Book”として発表した。カナダには,読むことに障害をもつ人々が約300万人…

E327 - ウェブサイトの使いやすさに関する調査報告書(英国)

あらゆる人に使いやすいウェブサイトを作成するための指針としては,WAI(Web Accessibility Initiative)が1999年に発表した「ウェブ内容アクセス指針1.0」(CA1471参照)があるが,報告書ではこの指針の適合状況も示されている。それによると,全体の約42%が最低限対応すべき水準(Level A)を満たし…

ページ