BNF(フランス国立図書館)

フランス国立図書館(BnF)、新たな障害者向けサービスを開始:デジタル化資料のファイルを提供

2020年11月10日から、フランス国立図書館(BnF)の書誌学に関する資料等を提供する部屋“Salle E”で、新たな障害者向けサービスが開始されます。

フランスの知的所有権法典(Code de la propriété intellectuelle)には、認可を受けた機関が非営利目的で、障害者に提供する著作物を複製できるという著作権の例外規定があます。BnFが提供するファイル転送プラットフォーム“Plateforme sécurisée de Transfert des Ouvrages Numériques (PLATON)”では、例外規定のもと複製が行われた資料の書誌データ等がオンラインで提供されています。

ウェブサイトによると、同サービスは、視覚障害者やディスレクシアをはじめとした、読書に困難がある人を対象としています。PLATONで利用したい資料を探し、BnFに来館して証明書の提出等を行って利用者登録し、USBメモリ等を提出すれば、BnFの職員によりデジタル資料のダウンロードが行われます。ダウンロードされた資料は、利用者各自の読書用ツールでの閲覧が可能です。

フランス国立図書館(BnF)、手稿資料の総合目録更新用ツール“TapIR”の利用状況等に関する調査の結果を公開

2020年10月5日、フランス国立図書館(BnF)が中心となって運営しているプロジェクトであるフランス総合目録(CCFr)により、手稿資料の総合目録(Catalogue général des manuscrits:CGM)更新用ツール“Traitement automatisé pour la production d’instruments de recherche(TapIR)”の利用状況等に関する調査が行われ、結果が公開されたことが発表されました。

“TapIR”は、2019年にサービスが開始され、インストールの必要なく、オンラインでの利用が可能です。利用を希望する公読書(lecture publique)に関係する機関に、無償で提供されています。

同調査は、2020年4月27日から6月15日にかけてオンラインで実施され、図書館職員を中心に40件の回答が寄せられました。

フランス国立図書館(BnF)、同館における研究活動に関する文書を公開

2020年9月17日、フランス国立図書館(BnF)が、同館における研究の方針や組織等についての参考文献として“LA RECHERCHE À LA BIBLIOTHÈQUE NATIONALE DE FRANCE”を公開していました。

文献には、以下の内容等が含まれています。
1.研究のミッションと歴史
2.主な研究分野
3.研究組織
4.研究成果の発表と管理

La recherche à la BnF : document de synthèse(BnF, 2020/9/17)
https://www.bnf.fr/fr/actualites/la-recherche-la-bnf-document-de-synthese

フランス国立図書館(BnF)の電子図書館“Gallica”の新しいビューアが公開

2020年10月5日、フランス国立図書館(BnF)の電子図書館“Gallica”が、新しいビューアに関する記事をブログに掲載しました。

ブログの中では、新しいビューアで提供されている情報、機能について紹介されています。

コンテンツの閲覧画面には、以下のブロックがあります。
・“Synthèse”ブロック
資料の種別や、コンテンツに関連する場所を現在の地図上に表示するアプリケーション“Gallicarte”へのリンク等が含まれています。

・“Parution par date”ブロック
逐次刊行物等において、日付を選ぶことで別の号を閲覧することができます。

・“En savoir plus”ブロック
コンテンツのメタデータが表示されます。

・“Légendes et tables des matières”ブロック
目次情報および各章や節のページへのリンクが表示されます。

・“Version texte (OCR)”ブロック
表示されているページに光学文字認識(OCR)により抽出されたテキストが表示されます。

E2304 - フランスの図書館ではどのような本が読まれているのか?

2020年6月5日,フランス文化省は2019年版の“ Baromètre des prêts et des acquisitions dans les bibliothèques de lecture publique”を発表した。これは,公共図書館における資料の貸出・購入実績の年次動向調査の報告書であり,2014年に開始された同調査の6回目にあたる。なお,本稿では「公読書のための図書館(les bibliothèques de lecture publique)」を便宜上「公共図書館」と意訳した。「公読書(lecture publique)」とは,市民の読書の機会保障を国や自治体の責務として位置づけるフランス行政独自の概念であり,その主な担い手は公共図書館である。

フランス国立書籍センター、青少年の書籍および読書に関するイベント“Partir En Livre”を開催中

2020年6月22日、フランス・文化省が、同省の外郭団体であるフランス国立書籍センター(CNL)による、青少年の書籍および読書に関するイベント“Partir en Livre”の開催に関する記事を掲載しました。

CNLは、7月1日付のお知らせで、青少年向け書籍の著者の話や読書の楽しさを伝える動画を公開すること、フランス本土および海外県等で多数のイベントが実施されることについて掲載しています。

同イベントの開催期間は、2020年7月8日から7月19日です。6回目の開催となる今回は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、ハッシュタグ“#PartirEnLivre”を付けてFacebookやTwitterをはじめとしたSNSでデジタルコンテンツを共有する形で開催されています。

また、フランス国立図書館(BnF)が運営する電子図書館Gallicaのブログでも、同館のコレクションを用いたゲーム等、同イベントにちなんだ記事が公開されています。

フランス国立図書館(BnF)、コレクションの新たな保存場所の設立に関する関心表明の募集を開始

2020年6月29日、フランス国立図書館(BnF)が、同館のコレクションの新たな保存センターの設立に関する関心表明の募集を開始しました。

発表によると、同センターには24万7,000タイトルで構成される古く貴重な新聞資料のコレクションの保存に特化した施設を設ける予定であり、7,000万ユーロから9,000万ユーロの規模のプロジェクトになると想定されています。

Appel à Manifestation d’Intérêt (AMI)(BnF, 2020/6/29)
https://www.bnf.fr/fr/actualites/appel-manifestation-dinteret-ami

フランス国立図書館(BnF)、段階的な開館の実施について発表

2020年6月19日、フランス国立図書館(BnF)は、研究図書館の閲覧室について、2020年7月6日からリシュリュー、オペラ座、フランソワ・ミッテラン、7月15日からアルスナルで一般市民の利用を再開すると発表しました。また、フランソワ・ミッテラン、アルスナルの一般図書館の閲覧室については、7月15日から再開する予定であり、詳細については決まり次第、BnFのウェブサイトに掲載するとしています。

発表の中では、入室人数を減らすこと、利用可能な部屋ではソーシャルディスタンシングに留意すること、研究室の利用はBnFの貴重書の閲覧が必要な人や事前に資料を予約している人を優先すること、利用を希望する資料は少なくとも24時間前には予約すること、来館当日に利用したい場合は前日の正午までに予約すること等の推奨事項・注意事項について記載されています。

また、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のために、利用者に対して以下をはじめとした対応を求めています。

・障害等のやむを得ない事情がある場合を除き、衛生基準を満たしたマスクを必ず着用すること。

・各部屋に入室する際には手を消毒すること。各部屋および図書館の入り口にはアルコール消毒液を設置している。

・他の利用者との間隔は1メートル以上開けること。

フランス国立図書館(BnF)、スポーツに関するデジタル化プロジェクトを募集中

2020年6月2日、フランス国立図書館(BnF)は、スポーツに関するデジタル化およびプロモーションプロジェクトの募集についての記事を掲載しました。

発表によると、BnFとパリ・サクレー大学、国立スポーツ博物館(le Musée national du Sport)が、2024年のパリオリンピックに向けて、スポーツの歴史のデジタル化とプロモーションに関する取組を協力して進めています。

今回の募集は以下の4つの分野で行われています。

1.スポーツと身体活動の歴史
2.スポーツ雑誌
3.スポーツ連盟の刊行物
4.画像、視聴覚資料とモノ資料

デジタル化された資料については、BnFが運営する電子図書館“Gallica”で公開される予定です。

フランス国立図書館(BnF)、2020年夏期中に段階的な開館を計画していることを発表

2020年5月7日、フランス国立図書館(BnF)が夏期中の段階的開館を計画していると発表しました。

同発表によると、BnFはフランス・文化省とともに、段階的なサービス再開計画のもと活動しています。この計画は、4月28日に首相が示した外出規制解除の戦略を受けたもので、政府と医療当局により定められた国の公衆衛生政策を考慮したものです。

プレスリリースでは、夏期中の段階的な開館に関して、まずは5月11日以降に開館に向けて館内の準備を進め、法定納本受付を再開すること、閲覧室の再開は貴重書を優先し、詳細なスケジュールと開館の判断については6月半ばに発表すること、展示会等のイベントは9月に再開予定であることが記載されています。

また、オンラインで利用可能なデジタル資料の提供、チャット・メールでのレファレンスの実施、電話レファレンスの再開をはじめとした、各種遠隔サービスの拡充を続けることが述べられています。

同館は新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、3月14日から閉館しています。

ページ