LC(米国議会図書館)

米国議会図書館(LC)による作家トニ・モリスン氏への追悼記事(記事紹介)

2019年8月6日、米国議会図書館(LC)は、8月5日に死去した作家トニ・モリスン氏への追悼記事“Remembering Toni Morrison”を同館のブログ上で公開しました。

同記事では、ピューリッツァー賞受賞(1988年)、アフリカ系アメリカ人女性として初めてのノーベル文学賞受賞(1993年)など同氏の代表的な業績と文学的な貢献が称えられています。

米国議会図書館(LC)、リンカーン大統領の写真に焦点を当てたリサーチガイドを公開

2019年8月1日、米国議会図書館(LC)は、リンカーン大統領の写真に焦点を当てたリサーチガイドを公開しました。

本人や家族の写真22枚を掲載した“Abraham Lincoln (1809-1865)” 、リンカーン大統領の暗殺事件に関係する場所や人物に関する画像を掲載した“The Assassination of Abraham Lincoln”、リンカーン大統領がどのように描かれ、彼の印象を形成してきたかについて考察した出版物を紹介する“Major Reference Works”等で構成されています。

Looking at Abraham Lincoln: New Guide Available(LC Picture This,2019/8/1)
https://blogs.loc.gov/picturethis/2019/08/looking-at-abraham-lincoln-new-guide-available/

フェイクニュースに対する各国の取り組みを扱った米国議会図書館(LC)の2件の調査レポート(記事紹介)

2019年7月29日、米国議会図書館(LC)は、フェイクニュースに対する各国の取り組みを扱った同館の調査レポートを紹介したブログ記事“Law Library Reports Address Foreign Initiatives to Counter “Fake News””を公開しました。

サイバー空間上のフェイクニュース拡散への対抗手段は、表現の自由等の民主主義の基本原則や政府の行動の透明性・監視に関わる規則への困難を突きつける可能性があるという背景の下、LCはマスメディア・ソーシャルメディアを利用したフェイクニュース拡散への対処のために各国が採用した法的アプローチの調査レポートを2019年に2本公開しています。

米国議会図書館(LC)、長期保存のための推奨フォーマットのガイド“Recommended Formats Statement”の2019-2020年版を公開

米国議会図書館(LC)が、長期保存のための推奨フォーマットのガイド“Recommended Formats Statement”の2019-2020年版を公開しています。

同ガイドは、年1回更新されており、LJ infodocketによると、今回の版では、特に、動画とオーディオの分野での価値ある更新を提供することが目指されているとのことです。

Library of Congress Recommended Formats Statement 2019-2020(LC)
https://www.loc.gov/preservation/resources/rfs/TOC.html

米国議会図書館(LC)、ジェームズ・ガーフィールド大統領関係文書をオンラインで公開

2019年7月24日、米国議会図書館(LC)は、同館が所蔵するジェームズ・ガーフィールド第20代米国大統領関係文書をデジタル化し、初めてオンラインで公開したことを発表しています。

関係文書には、同氏の日記、手紙、スピーチ原稿、南北戦争時の従軍に関する記録、法的記録、系図資料、大学のノートや同氏の生涯や経歴、死に関するスクラップブック等が含まれています。約8万点からなり、その大部分は1850年から1881年にかけてのものです。

Papers of President James Garfield Now Online:Collection Includes Diaries, Correspondence, Speeches, Records and Scrapbooks from the 20th President’s Life and Assassination(LC, 2019/7/24)
https://www.loc.gov/item/prn-19-075

PDF Association、PDFフォーマットでの電子メール保存に関する調査プロジェクトへの参画を発表

2019年7月10日、PDFに関する国際標準の採用を促進する国際組織PDF Associationは、米国国立公文書館(NARA)や米国議会図書館(LC)等との協力のもと、PDFフォーマットでの電子メール保存に関するアンドリュー・W・メロン財団の調査プロジェクトに参画することを発表しました。

このプロジェクトでは、電子メールの本文や重要な特性・機能を、真正かつ完全な電子メール記録としてPDFフォーマットに変換するための方法を定めたホワイトペーパーを刊行することを目的としています。

プロジェクトの背景として、2018年8月に米・図書館情報資源振興財団(CLIR)が刊行した報告書“The Future of Email Archives”において、PDFを電子メール長期保存のためのファイルフォーマットの有力候補としていることを挙げています。

米国議会図書館(LC)の法律図書館、貴重書を保管する新しい書庫の開設を発表

米国議会図書館(LC)の法律図書館は、貴重書を保管する新しい書庫の開設記念式典を、2019年6月28日に開催したと発表しています。

同館の貴重書は、これまで、同館の小規模な貴重書保管室や、LCの他部門から借りたスペースで保管していましたが、今回の新書庫開設により、コレクションが統合され、安全性とアクセスが向上すると説明しています。

新書庫は、現在の保管室の4倍にあたる直線で9,000フィートの棚があり、貴重書の保管に最適な最先端の空調・防火・安全システムを備えています。

米国議会図書館(LC)、アメリカ詩人アカデミーの“Teach This Poem”シリーズに同館の一次資料を加えることを目的に2万ドルの助成を実施

2019年6月17日、米国議会図書館(LC)は、アメリカ詩人アカデミー (Academy of American Poet)に対し、2万ドルの助成を行うと発表しました。

同アカデミーの2019年・2020学年度用の“Teach This Poem”シリーズにLCのコレクションを加えることを支援することが目的です。

“Teach This Poem”は、アメリカ詩人アカデミーにより週1回ペースで公開される、K-12の教員が授業で容易に扱えるように設計された、学際的なリソースと活動を含む無料の教育資源で、K-12の授業におけるLCの一次資料の効果的な活用促進を目的とした、LCのTeaching with Primary Sources (TPS) 地域プログラムに基づき助成が行われます。

アメリカ詩人アカデミーでは、助成を受けて、LCの所蔵資料を用いた新しい“Teach This Poem”シリーズを20点作成する予定です。

米国議会図書館(LC)、CIPデータベースをリニューアル

2019年6月12日、米国議会図書館(LC)が、CIP(Cataloging in Publication)データベース“PrePub Book Link (PPBL)”の公開を発表しています。

2003年に公開したシステムを1年半以上の作業を経て全面的にリニューアルしたもので、小規模出版社向けに米国議会図書館管理番号(LCCN)の付与を行うPreassigned Control Number(PCN)プログラムも新しいデータベースに統合されました。

新しいデータベースは処理が高速されており、出版社は複数のアカウントでログインし出版する本のPDFファイルを添付することができます。またプロセスの合理化のため自動入力のデータボックスが提供されています。

米国議会図書館(LC)、“Chronicling America”で公開されている歴史的な新聞が1,500万ページを突破したと発表

2019年5月21日、米国議会図書館(LC)が、同国の歴史的な新聞のデジタルアーカイブ“Chronicling America”で公開されている新聞のページ数が1,500万ページを突破したと発表しています。

現在、“Chronicling America”では、46の州、プエルトリコ、コロンビア特別区からの2,800紙のデータが公開されています。

1,500万ページ達成を記念して、ハッシュタグ“#15Millionpages”“#ChronAmParty”をつけて、搭載されているページの中から、面白いものや歴史的な重要なものを紹介しているほか、デジタル化された新聞で利用可能な多様なコンテンツを示す、インタラクティブな視覚化データセット“Chronicling America Data Visualizations”も公開されています。

ページ