医療情報

神戸大学附属図書館デジタルアーカイブ、同館医学分館の貴重書『治験録』の電子化画像を公開

2020年4月6日、神戸大学附属図書館は、同館医学分館の貴重書『治験録』の電子化画像を神戸大学附属図書館デジタルアーカイブで公開したことを発表しました。

公開された『治験録』は米国の宣教医ベリー(John Cutting Berry)を著者とし1874年に発行されました。ベリーは1872年に宣教医として神戸を訪れ診療活動を行っています。『治験録』はベリーらが設立した貧民病院「恵済院」や神戸大学医学部附属病院の前身である「兵庫県病院(神戸病院)」等における診断・治療を記録した史料です。

公開された電子化画像の二次利用にあたって事前申請は不要であり、出典の明記、及び改変の際には改変の旨を明記することで自由に利用することが可能です。

医学分館貴重書『治験録』電子化画像を公開しました(神戸大学附属図書館,2020/4/6)
https://lib.kobe-u.ac.jp/libraries/15935/

株式会社医学書院、2020年6月末まで『今日の治療指針2020年版』収録の「オンライン診療の手引き」を無料公開:新型コロナウイルス感染症拡大に伴う医療関係者支援

2020年3月30日、株式会社医学書院は、同社の『今日の治療指針2020年版-私はこう治療している』に収録された「オンライン診療の手引き」を2020年6月末まで無料公開することを発表しました。

医学書院は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、感染防止のための対応のひとつとして、電話や情報通信機器を用いた相談・オンライン診療等の臨時的な取り扱いが報道される情勢を踏まえて、医療関係者を支援するために無料公開を実施する、としています。

「オンライン診療の手引き」は、医学書院の『今日の治療指針2020年版』ウェブサイト内にある「オンライン診療の手引き(無料公開中)」のリンクから利用することができます。

『今日の治療指針2020年版』収載「オンライン診療の手引き」無料公開について(医学書院,2020/3/30)
http://www.igaku-shoin.co.jp/misc/notice_telem-free_200330.html

arXiv、“COVID-19 quick search”を公開:arXivにホストされた新型コロナウイルス関連の研究成果を一覧表示

プレプリントサーバーarXivは、2020年3月30日付けのブログ記事において、“COVID-19 quick search”の公開を発表しています。

“COVID-19 quick search”は、arXivにホストされたコロナウイルス及び新型コロナウイルス感染症に関する全ての研究成果を一覧表示するためのクエリであり、研究成果は日付の新しい順から表示されるようになっています。

プレプリントサーバーmedRxiv及びbioRxivにホストされたコロナウイルス及び新型コロナウイルス感染症に関するプレプリントへの外部リンクも、arXivのウェブサイト上に新たに掲載したとあります。また、記事中には以下の注意事項も示されています。

・他のプレプリントサーバーと同様、arXivは詳細な査読を促進しておらず、ホストする論文の内容を特に推奨するものではない。arXiv上の研究成果は予備的なものと見なされるべきで、臨床診療や健康関連の行動の指針として使用すべきではない。同様に、確立された情報としてニュースメディアで報道されるべきではない。

ドイツ医学中央図書館(ZB MED)、新型コロナウイルス感染症拡大へ対応した研究支援としてウイルス学及び関連分野に関する特別サービスを提供

2020年3月16日、ドイツ医学中央図書館(Zentralbibliothek der Medizin:ZB MED)は、新型コロナウイルス感染症拡大へ対応した研究支援としてウイルス学及び関連分野に関する特別サービスを提供していることを発表しました。

ZB MEDは、生物情報学データ分析・テキストマイニング・データの視覚化・FAIR原則に準拠した研究データ管理・情報サービスのホスティング等へのサービス提供が可能であり、データのアクセス性や引用の度合いを高めたい場合、大規模データセットを分析したい場合、双方向的なデータの視覚化が必要な場合などには、それぞれ対応可能である、としています。

ZB MEDはデータの集約・再利用に関するサービス提供も可能であるとしており、関連する最初のサービスとして、同館のウェブサイト上で、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のウイルス分離株の塩基配列データを視覚化したゲノムブラウザを提供しています。

Wolters Kluwer社、新型コロナウイルス感染症に関わる医療従事者支援のため2020年4月30日まで臨床意思決定支援リソースUpToDateのゲストパスを提供

医療従事者・学生向けに健康情報のソリューション・サービスを提供するWolters Kluwer社が、新型コロナウイルス感染症に関わる医療従事者を支援するため、2020年4月30日まで同社の臨床意思決定支援リソースUpToDateのゲストパスを提供しています。

このゲストパスは新型コロナウイルス感染症の大流行で深刻な影響を受けた地域において、UpToDateへのアクセス権限がない場合に提供されるものです。UpToDateのウェブサイトに設けられた専用ページからメールアドレスを送信し、手続きが完了すると、ゲストパスによってUpToDateへアクセスすることが可能になります。

UpToDate Complimentary Guest Pass Registration(UpToDate)
https://www.uptodate.com/register?code=COVID19_31820

コクラン・ライブラリー、新型コロナウイルス感染症拡大への対応の一環として利用制限を一時的に撤廃

2020年3月26日、国際的非営利団体コクラン(Cochrane)の系統的レビュー等を収録した高品質な医学情報源のデータベース「コクラン・ライブラリー」は、新型コロナウイルス感染症拡大への対応の一環として、一時的に利用制限を撤廃し世界各国の誰もが無制限に掲載コンテンツへアクセスできるようになっていることを発表しました。

「コクラン・ライブラリー」では、1万6,000件以上のコクラン系統的レビューとプロトコル(準備中のレビュー)、約2,300件の臨床現場の医療従事者向けに作成された簡潔なガイドであるCochrane Clinical Answers (CCAs)、33件の特定主題に関するコクラン系統的レビューを集めた特集であるSpecial Collections、エビデンスに関わる特定の主題についての総説記事であるEditorials、及び160万件以上を収録したランダム化比較試験のレジストリであるCENTRALなどを利用することができます。

「東邦大学・医中誌 診療ガイドライン情報データベース」、特設ページとして「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連するガイドライン」を公開

医学中央雑誌刊行会が、2020年3月25日付の同会のFacebookアカウントの投稿で、「東邦大学・医中誌 診療ガイドライン情報データベース」内に、特設ページとして「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連するガイドライン」を公開したことを発表しました。

「東邦大学・医中誌 診療ガイドライン情報データベース」は、東邦大学医学メディアセンターと医学中央雑誌刊行会が共同で構築するデータベースです。主に日本の学会などの機関で作成、翻訳され公表された診療ガイドラインの情報を提供しています。

新たに公開された特設ページでは、「厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部」「日本環境感染学会」「国立感染症研究所」などの国内の機関や学会などが公開している、新型コロナウイルス感染症に関連するガイドラインや、参考情報として感染症・感染予防に関連するガイドラインが掲載されています。

この特設ページは随時更新されます。特設ページに掲載されデータベースに未登録のガイドラインについては、原則として翌月初めの平日に行われるデータベース更新時に追加登録される、としています。

米国国立医学図書館(NLM)、PubMedのリニューアル版“New PubMed”へ機能追加を実施:検索結果一覧画面の表示項目追加・PubMed形式による文献情報のエクスポートなど

2020年3月16日、米国国立医学図書館(NLM)は、PubMedのリニューアル版“New PubMed”へ機能追加を実施したことを発表しました。

“New PubMed”に対して、以下のような機能追加が実施されています。

・Summary形式の検索結果一覧画面で、文献の全ての著者名など表示される情報を追加
・“Send to”メニューに“Citation Manager”を追加し、現行のPubMedと同様に、多くの文献管理ソフトで利用可能なPubMed形式の文献情報として文献をエクスポートする機能の追加
・文献の保存形式からRIS形式を削除しPubMed形式に置き換え
・Advanced Search Builderの検索履歴・検索詳細欄で、入力された語句をPubMedが変換し実際の検索に使用した構文・検索語をクエリとして表示
・クリップボードに保存した文献を、Advanced Search Builderの検索履歴上で「0番目(#0)の検索」として利用できるように仕様変更

なお、NLMは記事の投稿時点で、2020年春の終わりごろに“New PubMed”が現行のPubMed(Legacy PubMed)に代わって基本システムとして稼働を開始する予定である、としています。

米・国立生物工学情報センター(NCBI)、新型コロナウイルスに関する最新学術文献をキュレーションした情報ハブとして“LitCovid”を公開

2020年3月12日付けのNature誌のVolume 579 Issue 7798の短信(Correspondence)欄で、米国国立医学図書館(NLM)傘下の国立生物工学情報センター(NCBI)計算生物学(Computational Biology)部門に所属するQingyu Chen氏らが、NCBIのウェブサイト内に開設された新型コロナウイルスに関する最新学術文献をキュレーションした情報ハブ“LitCovid”を紹介しています。

LitCovidはNCBIの計算生物学部門で実施された研究の成果であり、NCBI・NLMの上位組織である米国国立衛生研究所(NIH)の所内研究プログラムの支援により開発されました。ウイルスの生態や感染者の診断・管理に関する学術文献から適切な知見を提供することを目的としています。

LitCovidでは、PubMedに収録された1,000件以上の新型コロナウイルスと関連する文献への一元的なアクセス提供などが行われています。また、アクセス改善のために文献情報は毎日更新されており、研究トピックや地理的条件に基づいた、より詳細な文献の分類が進められています。

株式会社ジー・サーチ、新型コロナウイルス感染症対策支援のため研究機関・医療機関等に所属の研究者を対象として「JDreamⅢ検索サービス」と「JDream Expert Finder」の無償提供を実施

2020年3月10日、株式会社ジー・サーチは、新型コロナウイルス感染症対策を進める研究者支援を目的に、同社の「JDreamⅢ検索サービス」と「JDream Expert Finder」について、2020年3月10日から5月29日まで、研究機関・医療機関等へ無償提供を行うことを発表しました。

この無償提供はデータ提供元である科学技術振興機構(JST)との協議に基づいて実施されます。新型コロナウイルス感染症対策を進める研究機関・医療機関・民間企業に所属する研究者は、所定の申込フォームから申し込むことで、国内外の科学技術や医学薬学関係の文献情報の検索が可能なデータベースサービス「JDreamⅢ検索サービス」と「JDreamⅢ検索サービス」収録データを利用した研究者探索サービス「JDream Expert Finder」を利用可能になります。新型コロナウイルス感染症対策に資する医薬品・医療機器・医療技術および周辺領域の研究・開発目的での利用が想定されています。

ページ