カナダ

カナダ社会・人文科学研究会議(SSHRC)、“Coalition Publica”の全国オープンアクセス(OA)プラットフォーム構築へ3年間で300万カナダドルの助成を実施

2020年10月13日、カナダ連邦政府の研究助成機関であるカナダ社会・人文科学研究会議(SSHRC)は、カナダの研究成果の普及とデジタル学術出版の推進を目的としたイニシアチブ“Coalition Publica”の英仏2か国語による全国的なオープンアクセス(OA)プラットフォーム構築へ300万カナダドルの助成を実施することを発表しました。

SSHRCの助成は、カナダで生産された社会科学・人文科学分野の研究成果の国際的な普及、及び、カナダ国内のこれらの分野の学術雑誌や研究者のOAコミュニティへの参加の促進を意図して行われます。カナダの社会科学・人文科学分野の研究成果の発見可能性と影響力の増大と学術雑誌へのアクセス向上を目的に活動するイニシアチブ“Pan-Canadian Knowledge Access Initiative(PCKAI)”を通して、年間100万カナダドルの助成が3年間実施されます。

E2313 - カナダの美術館・図書館・文書館・博物館がもたらす経済価値

カナダ博物館協会とカナダ国立図書館・文書館(LAC)によるワーキンググループは,2020年5月,カナダのGLAM(美術館・図書館・文書館・博物館)がもたらす経済価値を試算した2019年12月付の報告書を公表した。試算は,GLAM利用者にとっての価値,GLAMを利用しない人々にとっての価値,学校教育の面での価値等のカテゴリに分けて行われ,様々な経済学的な方法を用いて2019年の1年間に得られた便益額が算出された。データ採取のために,カナダ居住者2,045人を対象とした調査が実施され,各種統計や学術研究結果があわせて利用された。

カナダ・バンクーバー公共図書館(VPL)、市街を眺望できる中央館の屋上庭園を会場とした小規模結婚式の申込を受付中

カナダ・バンクーバー公共図書館(VPL)が、市街を眺望できる中央館の屋上庭園を会場とした小規模結婚式の申込を受付中です。実施期間は、2020年10月25日から12月13日までの日曜日で、現在、先着順で予約を受け付けています。

料金は150カナダドルで、利用可能時間は45分です。待合所である大階段は予約30分前から使用可能で、写真撮影ができます。

挙式の遂行には夫婦、司会者、2人の立会人を含む最低5人が必要で、最大参加人数は、カメラマン等を含めて10人です。参列者のフィジカルディスタンスを保つための措置もとられます。イベントスタッフが進行を支援し、雨天の場合は、屋上庭園を臨む会議室Yosef Wosk Poet's Cornerを利用することができます。

挙式の録画や配信は可能ですがドローンは利用できません。会場の飾り付けを行なうことは可能ですが、テープ・釘等は使えません。また、ライスシャワーや紙吹雪も禁止です。

@VPL(Twitter,2020/10/4)
https://twitter.com/VPL/status/1312575677372289024

図書館員らの個人アーカイブを紹介するブログシリーズ:ブリティッシュ・コロンビア大学図書館(カナダ)の取組(記事紹介)

ブリティッシュ・コロンビア大学図書館(カナダ)による2020年10月8日付けの投稿で、同館の貴重書・特別コレクション部門が開始したブログシリーズ“Show and Tell: Selections from our Personal Archives and Libraries”が紹介されています。

アーキビストや図書館員らが自身の個人アーカイブから資料を紹介する内容で、祖母のレシピ本、子ども時代のスケッチブック、第二次世界大戦の日記などが取り上げられています。同大学の人類学博物館が2020年6月に開始した、個人アーカイブからの資料紹介を募集する取組“Museum of Me: Stories From Our Homes”に発想を得たものとあります。

カナダ統計局、国内のデータサイエンス関係者へ共同作業・情報共有等のための空間を提供する「連邦公共サービスのためのデータサイエンスネットワーク」を立ち上げ

2020年10月7日、カナダ統計局は、国内のデータサイエンス関係者への共同作業・情報共有・最新ツールの学習等のための空間提供を目的とした「連邦公共サービスのためのデータサイエンスネットワーク(Data Science Network for the Federal Public Service)」立ち上げを発表しました。

カナダ統計局は同ネットワークについて、データサイエンスの能力開発や手法の政府間での共有を促進し、自動化・新たなデータソースから公共サービス全体が恩恵を得ることを可能にするものであり、製品やサービスの効率化・最先端の技術への更新等によって、カナダ国民にも益するものである、と説明しています。また、今後拡張を続けるにつれて、他部門と提携することも計画しています。

Canadian Data Science Network(Statistics Canada,2020/10/7)
https://www150.statcan.gc.ca/n1/daily-quotidien/201007/dq201007e-eng.htm

北米研究図書館協会(ARL)、研究データへの取組に関する推奨事項をまとめた報告書“Implementing Effective Data Practices”を公開

2020年9月25日、北米研究図書館協会(ARL)は、研究データへの取組に関する推奨事項をまとめた報告書“Implementing Effective Data Practices: Stakeholder Recommendations for Collaborative Research Support”の公開を発表しました。

同報告書は、ARL・カリフォルニア電子図書館(CDL)・米国大学協会(AAU)・公立ランドグラント大学協会(APLU)が2019年12月に開催した招待会議で得られた情報・洞察に基づいています。同会議は米国国立科学財団(NSF)の後援のもと行われ、(1)データセットに永続的識別子(PID)を使用する、(2)機械可読のデータ管理計画(maDMPs)を作成する、というNSFが推奨する研究データへの取組のためのガイドライン設計に焦点が当てられました。

同報告書では、研究者、学術・研究図書館、リサーチオフィス、ITスタッフ、学術出版社、ツール開発者、学会、助成機関といったステークホルダーに対し、NSFが推奨するこれらの取組を実装するに当たってのインセンティブと推奨事項等を個別に示しています。

カナダ・Portage、新型コロナウイルス感染症に関する研究データの管理を支援するための5つの手引きを公開

2020年9月30日、カナダ研究図書館協会(CARL)の研究データ管理(RDM)に関するプロジェクトPortageは、新型コロナウイルス感染症に関する研究データの管理を支援するための5つの手引きの公開を発表しました。2020年3月にPortage内で立ち上げられたCOVID-19ワーキンググループによる成果です。

これらの手引きは、研究データ同盟(RDA)が公開している、新型コロナウイルス感染症拡大下におけるデータ共有に関するガイドライン“RDA COVID-19 Guidelines and Recommendations”に沿った研究データ管理(RDM)の支援を目的として作成されました。各手引きの概要は次のとおりです。

・Guide to COVID-19 Rapid Response Data Sharing and Deposit for Canadian Researchers
2020年1月に英・ウェルカム・トラストのウェブサイト上で公開された共同声明“Sharing research data and findings relevant to the novel coronavirus (COVID-19) outbreak”に沿って、研究データの登録(deposit)準備を行う研究者に向けた手引き

カナダ統計局、文化・芸術機関に関するオープンデータベースを公開

2020年10月2日、カナダ統計局が、文化・芸術機関に関するオープンデータベース“The Open Database of Cultural and Art Facilities”を公開したことを発表しました。

同データベースは、政府や専門家団体等によるオープンデータへのアクセス可能性等の向上を目的とした取組“The Linkable Open Data Environment”の一部として公開されました。10月2日付で公開されたVersion 1.0では約8,000の文化・芸術機関に関するデータが、“Open Government License”により提供されています。

発表では、データベースで提供されているデータ項目として、機関の名称、種類、データ提供者、所在地等が挙げられています。

カナダ研究図書館協会(CARL)、研究図書館員に求められる能力等を示したガイドの最終版を公開

2020年9月17日、カナダ研究図書館協会(CARL)は、研究図書館員に求められる能力等を示した文書“Competencies for Librarians in Canadian Research Libraries”の最終版を公開したことを発表しました。

同文書は21世紀の研究図書館員に求められる中核的技能のガイドとして、2010年にCARLが発表した“Competencies for Librarians in Canadian Research Libraries”の更新版に位置付けられています。CARLは2017年に館長クラスの図書館員から業務経験が4年未満の図書館員まで多様な図書館員で構成するワーキンググループの下で、2010年に発表された同文書の更新を進めました。2019年12月にワーキンググループが発表した草案に対する35件以上のフィードバックを反映して、同文書の最終版が公開されています。

米国大学・研究図書館協会(ACRL)の出版部門、学術図書館の電子書籍コレクション構築の傾向・管理・購入パターンに関するホワイトペーパーを公開

米国図書館協会(ALA)が2020年9月17日付のお知らせで、学術書の書評誌Choiceを発行する米国大学・研究図書館協会(ACRL)の出版部門が、学術図書館の電子書籍コレクション構築の傾向・管理・購入パターンに関するホワイトペーパーを公開したことを発表しています。

同ホワイトペーパーは、米・メリーランド大学カレッジパーク校のノヴァク(John Novak)氏らが、学術図書館員向けのアンケートや米国・カナダの学術図書館のコレクション構築担当者に対して実施したインタビュー調査に基づいて執筆しました。調査は学術図書館が電子書籍を自館のコレクションとして受入するにあたって、最も影響を与える要因に関する実務的な背景を提供する目的で行われました。ホワイトペーパーでは、調査対象館のコレクションにおける電子書籍フォーマット資料の位置づけ、電子書籍受入のための手順や傾向、担当の図書館員の電子書籍の受入・管理に関するワークフローに対する認識などが示されています。

なお、同ホワイトペーパーの研究については、米・OverDrive社の学術図書館等向けの事業部門“OverDrive Professional”が資金を助成しています。

ページ