Microsoft

マイクロソフトがHINARI、AGORA、OAREに技術支援

発展途上国の研究者に対し学術情報を無償で提供するプロジェクト“HINARI(Health InterNetwork Access to Research Initiative)”“AGORA(Access to Global Online Research in Agriculture)”“OARE(Online Access to Research in the Environment)”に、マイクロソフトが技術支援を行うと発表されています。具体的には、この3つのポ…

英国公文書館とマイクロソフト、デジタル記録の長期保存で協力の覚書

英国公文書館(NA)とマイクロソフトが、デジタル記録の長期保存で協同する旨の覚書を交わしたと発表されています。

The National Archives and Microsoft join forces to preserve the UK´s digital heritage - National Archives
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/stories/164.htm

July 04, 2007付けPeter Scott's Library Blogの記事
http://xrefer.blogspot.com/2007/07/national-archives-and-microsoft-join.html

BL、デジタルギャラリー用ソフトウェアのライセンス提供を開始

英国図書館(BL)が、デジタルギャラリーに利用しているソフトウェア“Turning the Page 2.0”を、他機関で利用できるようライセンス提供すると発表しています。このソフトは書籍を立体的に表示でき、ページをめくる機能、読み上げ機能、テキスト表示機能などがついているものです。ただし、ラ…

Microsoft、書籍デジタル化を電子ブック大手のIngram Digitalにアウトソーシング

Microsoft社が、同社の書籍デジタル化プロジェクト“Live Search Books”の事業を、電子ブック大手のIngram Digital社に外注すると発表しています。また、ライバルのGoogle Book Searchが実現しているWorldCatとの連携についても、Microsoft社は実現を検討している旨、報じられています。Ingram Digital Group announces all…

“Computers in Libraries 2007”会議資料

最新の技術、ソフトウェア、コンピュータサービスをテーマとした図書館員・情報専門家の会議“Computers in Libraries 2007”(4月16〜18日、米国バージニア州アーリントンで開催)の発表資料(多くはMicrosoft PowerPoint形式)が、同会議のウェブサイトで公開されました。検索エンジン、ウェブデザイン…

マイクロソフト、BLと協同で期間限定の電子メール・アーカイブを開始

2007年5月、マイクロソフト社が英国図書館(BL)と協同して、“Email Britain”なる期間限定の電子メールアーカイブを開始しました。これは、特定のテーマに該当する電子メールを人々に送付してもらう形で行われるもので、5月の1か月間、英国在住者のみが対象となっています。以下の10テーマが…

ARL、1908年からの統計データを公開

北米研究図書館協会(ARL)が、1908年からの統計データをwk1形式(Lotus 1-2-3のワークシート形式。Microsoft Excelでも開けます)で公開しています。Machine-Readable Files of ARL Statistics Datahttp://www.arl.org/stats/annualsurveys/arlstats/mrstat.shtml

Windows XP Home Edition、2014年4月までの延長サポートが決定

Microsoft社のWindows XP Home Editionのサポート期間は、2009年4月14日で終了する予定でしたが、利用者からの要望に応え、その後5年間(2014年4月8日まで)の「延長サポート期間」が設けられることになりました。延長サポート期間は通常のサポート期間(「メインストリーム・サポート期間」)と異なり…

検索エンジンの検索結果を見るときの目の動きは?

Microsoft社が、検索エンジン“MSN Search”の検索結果を見るときの目の動きが、スニペット(リンク先のデータを数行で抜粋したもの)の行数や検索行動の種別(行き先のホームページが決まっている場合とそうでない場合、など)によってどのように変わるのか、に関して行った調査結果を公表し…

20世紀における米国の博士号授与に関する統計

全米科学財団(NSF)が、20世紀における博士号の授与に関する統計を発表しています。図書館学(Library Science)も含む各学問分野や、性別・人種、地域など、各種の分類を設け、それぞれごとの博士号授与の変遷を示しているほか、多くの学位を授与した大学・機関などもわかるようになってい…

ページ