Internet Archive

Internet Archiveの運営する電子書籍提供サイト“Open Library”が全文検索に対応

2018年7月14日、Internet Archiveの運営する電子書籍提供サイト“Open Library”が、400万冊を超すコンテンツへの全文検索が可能となったと発表しています。

Search Full-Text within 4M+ Books(The Open Library Blog,2018/7/14)
http://blog.openlibrary.org/2018/07/14/search-full-text-within-4m-books/

Open Library
https://openlibrary.org/

Internet Archive(IA)・Code for Science & Society(CSS)・カリフォルニア電子図書館(CDL)、分散協調型ネットワークによるデータ共有及び保存に関するパイロットプロジェクトを実施

2018年6月5日、Internet Archive(IA)は、Code for Science & Society(CSS)及びカリフォルニア電子図書館(CDL)と共同で、データ共有及び保存に関するパイロットプロジェクトを実施すると発表しました。

分散協調型のネットワークによるデータ共有サービスの促進が、データの保存、ストレージコストの抑制、複製回数の増進を確かにすることを示す事が目的で、CSSが開発したDat ProtocolやCDLが提供するオープンデータを用いて、分散技術が既存の基盤を強化する可能性を実証する概念実証(proof-of-concept)等が行われます。

Internet Archive(IA)、大学出版局の出版物をデジタル化するプロジェクトを開始

2018年5月21日、Internet Archive(IA)が、Arcadia基金からの助成を受け、電子書籍としての貸出を可能とする事を目的に、大学出版局の出版物をデジタル化するプロジェクトを開始すると発表し、参加を呼びかけています。

19世紀から20世紀初期の書籍の大規模なデジタル化事業は実施されているものの、20世紀以降の大半の書籍は冊子体でしか利用できないことから、米・マサチューセッツ工科大学の出版局(MIT Press)とのパイロット事業の成功を受けて、同事業を拡充して実施するものです。

Internet Archive(IA)・ニューヨークアート資料コンソーシアム(NYARC)、美術関連資料のウェブアーカイブにおける美術図書館の連携を促進する事を目的としたフォーラムを開催

2018年5月15日、Internet Archive(IA)は、インターネット上の歴史的に貴重な美術関連資料のウェブアーカイブにおける美術図書館の連携を促進する事を目的としたフォーラム“Advancing Art Libraries and Curated Web Archives:National Forum”を開催すると発表しています。

博物館・図書館サービス機構(IMLS)の助成を得て、ニューヨークアート資料コンソーシアム(NYARC)と共同で行なうもので、フォーラムの開催に加え、予備調査、ニーズ調査、フォーラム参加者対象のハンズオン(研修)、同活動に関する出版物の作成、今後の連携のためのロードマップの策定といった事業も行なわれます。

Internet Archiveの運営する電子書籍提供サイト“Open Library”、書影を埋め込むためのツールを公開

2018年5月6日、Internet Archiveの運営する電子書籍提供サイト“Open Library”が、個人のウェブサイトやブログ等に書影を埋め込むためのツールの公開を発表しています。

各書籍の紹介ページに“embed button”が新設されており、クリックすると、埋め込むために必要なhtmlのタグ情報がボップアップ画面で表示されます。

今後、この機能の拡張が計画されています。

Turn Your Website into a Library(The Open Library Blog,2018/5/6)
https://blog.openlibrary.org/2018/05/06/turn-your-website-into-a-library/

Open Library
https://openlibrary.org/

Internet Archive(IA)、1970年代から1990年代にかけての携帯型ゲームや卓上型ゲームなどをエミュレートして公開

2018年3月18日付のInternet Archive(IA)のブログで、1970年代から1990年代にかけての携帯型ゲームや卓上型ゲームなどをエミュレートしたコレクションが紹介されています。

操作方法の説明が記載されているほか、当時のマニュアル類もデジタル化されて閲覧できるようになっています。

Some Very Entertaining Plastic, Emulated at the Archive(Internet Archive Blogs, 2018/3/18)
https://blog.archive.org/2018/03/18/some-very-entertaining-plastic-emulated-at-the-archive/

Handheld History(IA)
https://archive.org/details/handheldhistory

Internet Archive、収集済のウェブアーカイブからロングテールなオープンアクセス論文を自動的に判別し保存する方法を開発するためのプロジェクトを開始

2018年3月5日、Internet Archive(IA)が、アンドリュー・W・メロン財団からの助成を得て、ロングテールなオープンアクセス(OA)論文の保存を目的としたプロジェクト“Ensuring the Persistent Access of Long Tail Open Access Journal Literature”を開始すると発表しました。

IAや連携機関の収集済ウェブアーカイブから、保存が危ぶまれているロングテールなOA論文を自動的に判別し、適切なメタデータを付与する仕組みを検証するもので、検証にあたっては、(1)ISSN、DOAJ、Unpaywall、CrossRefからOA論文のデータを取得し該当する論文を調べる、(2)ウェブアーカイブからジャーナルに該当するコンテンツを特定したうえで、識別子やメタデータと関連付けて発見可能性を高める、の2つの手法が用いられます。

また検証の成果の活用のため、結果を受けてトレーニングセットを開発し、小規模なウェブアーカイブで試験してその効果を評価するとともに、この取組に必要な経費の算出も行われます。

米・オバマ前大統領任期満了にともなうウェブアーカイブプロジェクト“End of Term 2016 archive”、収集データを公開

2018年2月18日、米国政府印刷局(GPO)が、米・オバマ前大統領任期満了にともなうウェブアーカイブプロジェクト“End of Term 2016 archive”での収集データの公開を発表しています。

同プロジェクトは、GPOのほか、米国議会図書館(LC)、カリフォルニアデジタルライブラリー(CDL)、ノーステキサス大学図書館、Internet Archive、ジョージ・ワシントン大学図書館、スタンフォード大学図書館が連携して行ったものです。

同プロジェクトに対しては、応募を受け付けていた収集を希望するウェブ情報が1万1,400件寄せられたほか、 DataRefugeやEnvironmental Data and Governance Initiative (EDGI)といった研究データの保存に取り組む団体からも10万件以上のウェブ情報や研究データの収集候補が寄せられたと紹介されています。

OCLCとInternet Archive、WorldCatとIAがデジタル化した書籍のメタデータの「同期」について合意

2017年10月12日、OCLCとInternet Archiveが、WorldCatとIAがデジタル化した書籍のメタデータを「同期」することで合意したと発表しています。

IAがデジタル化した250万点の書籍のメタデータを、WorldCat搭載済の書誌データと突合し、IAがデジタル化してオンラインで公開している書籍へのリンクを設けるとともに、未搭載のデータについてはWorldCatに追加します。また、IA側でも、オンラインで公開しているデータからWorldCatへのリンクを設けます。

OCLC and Internet Archive collaborate to expand library access to digital collections(OCLC,2017/10/12)
http://www.oclc.org/en/news/releases/2017/201727dublin.html

米・ボストン公共図書館、同館所蔵の商業音楽コレクション(レコード類)をInternet Archiveに移管:デジタル化しての公開を計画

2017年10月11日、米・ボストン公共図書館(BPL)は、同館が所蔵する、1900年代初頭から1980年代までの、蝋管・SPレコード(78rpm)・LPレコードなど様々な媒体から構成される商業音楽のコレクションを、Internet Archive(IA)に移管すると発表しています。

これらコレクションは、数十年にわたり同館の書庫で保管され、目録化もされず、一般に公開されていませんでした。

IAに移管されることで、デジタル化され、無料でオンラインで公開される予定です。

ページ