IMLS(博物館・図書館サービス機構)

米国IMLS等による、文化遺産保存のための提言をまとめたリポート

米国の博物館・図書館サービス機構(IMLS)とオーストリアのSalzburg Global Seminar(SGS)による、文化遺産の保存のための提言等をまとめたリポート“CONNECTING TO THE WORLD’S COLLECTIONS”が公開されています。2009年秋にオーストリアのザルツブルクで開催されたセミナーに基づくもので、文化遺産保存に向けた「ザルツブルク宣言」も掲載されています。

IMLS and SGS Issue Report on the Preservation of World Cultural Heritage(2010/3/2付けIMLSのニュース)
http://www.imls.gov/news/2010/030210.shtm

CONNECTING TO THE WORLD’S COLLECTIONS
http://www.imls.gov/pdf/SGS_Report.pdf

IMLS and SGS issue report on the Preservation of World Cultural Heritage(2010/3/4付けPeter Scott's Library Blogの記事)

米国IMLS、博物館と図書館がディスカッションをするためのwikiサイトを開設

米国の博物館・図書館サービス機構(IMLS)は、博物館関係者と図書館関係者がディスカッションをするためのwikiサイト“UpNext”を開設しています。wikiで共有された知識を、IMLSの今後の運営等に活用するとのことです。2週間ごとにテーマが変更され、2010年3月から5月にかけて10のテーマが予定されています。ディスカッション用のガイドも公開されています。

Are you UpNext? Share your thoughts on the Future of Museums and Libraries Wiki(2010/2/24付けIMLSのプレスリリース)
http://www.imls.gov/news/2010/022410.shtm

The Future of Museums and Libraries: A Discussion Guide
http://www.imls.gov/pdf/DiscussionGuide.pdf

Share your thoughts on the Future of Museums and Libraries Wiki(2010/3/2付けLIS Newsの記事)

テネシー大学が行う大学図書館の価値研究にIMLSが助成

米国テネシー大学ノックスビル校がイリノイ大学と北米研究図書館協会(ARL)と共に行う大学図書館の価値研究に対して、博物館・図書館サービス機構(IMLS)が100万ドルの助成を行うようです。研究成果は、大学図書館が構成員や資金提供者らに対してその価値や投資対効果(ROI)をいかに提供しているかを示すための手助けになるとのことです。

ARL Partners in Grant to Study Value of Academic Libraries(ARLのプレスリリース)
http://www.arl.org/news/pr/ROI-grant-12jan10.shtml

IMLS、米国の公共図書館のサービス動向の報告書を公開

米国の博物館・図書館サービス機構(IMLS)が、公共図書館のサービス動向の調査概要“Service Trends in U.S. Public Libraries, 1997-2007”をウェブサイト上で公開しています。1997年度から2007年度までの期間について、インターネット環境が拡大したことによる利用者のニーズへの対応の変化や、都市部と地方部でのサービスの違いが調査されているようです。

New Technology Services Draw Record Numbers to Libraries: Government Study Documents Ten Years of Steadily Increasing Public Use(IMLSのプレスリリース)
http://www.imls.gov/news/2009/122209.shtm

資料を保存し伝える図書館の役割をアピールする“Preservation Week @ your library”(米国)

米国図書館協会(ALA)は、資料を残して伝えるという図書館の役割の認知度を高めるため、2010年5月9日~15日を“Preservation Week @ your library”とし、各地での関連イベントの開催を呼びかけています。こうしたテーマの全国的なPR運動は今回が初めてで、合言葉は“Pass it on!”(「伝えよう!」)に決定しました。なお、“Preservation Week @ your library”には、米国議会図書館、博物館・図書館サービス機構も協賛しています。

カリフォルニア大学サンタクルーズ校、IMLSの助成金でロックバンド「グレイトフル・デッド」のアーカイブをデジタル化

米国の博物館・図書館に対する支援活動を実施している博物館・図書館サービス機構(IMLS)は、2009年9月24日に、51機関に対し総額約1800万ドルの助成金を授与すると発表しました。その対象機関の一つであるカリフォルニア大学サンタクルーズ校の図書館では、ロックバンド「グレイトフル・デッド」についてのアーカイブのデジタル化プロジェクトに用いられるとのことです。

IMLS Awards National Leadership Grants to 51 Institutions $17.9 Million Distributed(2009/9/24付けIMLSのプレスリリース)
http://www.imls.gov/news/2009/092409b.shtm

UC Santa Cruz receives $615,000 grant to digitize Grateful Dead Archive(2009/9/29付けカリフォルニア大学サンタクルーズ校のプレスリリース)
http://www.ucsc.edu/news_events/press_releases/text.asp?pid=3237

Digitizing the Grateful Dead(2009/9/29付けLIS Newsの記事)

3.2 IMLS(博物館図書館サービス振興機構)の動向

PDF版はこちら

愛知淑徳大学文学部 図書館情報学科  菅野 育子(すがの いくこ)

(1) IMLSの概要

1) IMLSの沿革

 Institute of Museum and Library Services(博物館図書館サービス振興機構、以下IMLS)は、米国の博物館・図書館サービス法(Museum and Library Services Act,以下MLSA)によって制定された連邦行政府内の独立行政機関としての地位を有しており、全米人文科学基金の下に設置された助成機関である。

図書館・博物館が21世紀の生涯学習のニーズに応えるために(米国)

米国の博物館・図書館サービス機構(IMLS)はこのほど、“Museums, Libraries, and 21st Century Skills”という、博物館・図書館向けのウェブサイトをスタートさせました。このウェブサイトでは、テクノロジースキル、批判的思考、課題解決、創造力、環境リテラシーなど、21世紀のこれからの世界で生きていくために必要なスキルや能力を身につけるために、図書館や博物館は人々をどのように支援できるかを考えるための3種類の資料(オンライン自己評価ツール2種、報告書)が公開されています。

Museums, Libraries, and 21st Century Skills
http://www.imls.gov/about/21stCSkills.shtm

図書館・博物館・テレビ・ラジオの協同プロジェクトの成果報告(米)

IMLS(博物館・図書館サービス機構)と米国の公共放送協会であるCPBは、2005年から2006年にかけて、コミュニティにおける図書館・博物館・公共テレビ・ラジオ放送の協同プロジェクトに対する資金提供を行いました。このほどこの資金提供の対象となったプロジェクトの成果が報告書“Partnership for a National of Lerners: Joining Forces, Creating Value”としてまとめられました。このような連携は、小児喘息、ドラッグ、アルコール異存、英語リテラシーといったコミュニティの問題に対し、効果があることが示唆されています。

Partnership for a National of Lerners: Joining Forces, Creating Value
http://www.imls.gov/pdf/PNLReport.pdf

米国IMLS、州立図書館関連機関への助成プログラムに関する報告書を発表

米国の博物館・図書館情報サービス機構(IMLS)が、図書館サービス及び技術法(Library Services and Technology Act: LSTA)に基づき同機構が実施している州立図書館関連機関に対する助成プログラムに焦点を当てた報告書“Catalyst for Change: LSTA Grants to State Program and the Transformation of Libraries Services to the Public”を公表しました。

IMLS Report: Libraries are a Vital Community Resource in the Information Age(IMLSのニュースリリース)
http://www.imls.gov/news/2009/070109.shtm

Catalyst for Change: LSTA Grants to State Program and the Transformation of Libraries Services to the Public(報告書全文のダウンロード先)
http://www.imls.gov/pdf/CatalystForChange.pdf

参考:
E132(No.24)

ページ