IMLS(博物館・図書館サービス機構)

IMLS、博物館・公共図書館の利用に対するインターネットの影響に関する調査報告書を刊行

米国の博物館・図書館サービス機構(IMLS)が、博物館・公共図書館の利用に対するインターネットの影響に関する全国調査レポート“InterConnections: A National Study of Users and Potential Users of Online Information”を刊行しました。

この調査は2006年に、成人を対象に行ったもので、5つの調査に1,000~1,600名が回答しています。(1)図書館・博物館はインターネット全盛の時代においても人々から信頼に足る情報源だと考えられていること、(2)インターネットを利用する人は利用しない人よりも図書館・博物館に来館していること、(3)インターネットでのサービスとオンサイトでのサービスは相互補完的であること、の3つが結論として挙げられています。

IMLS“Connecting to Collections Bookshelf” 851の博物館、図書館、文書館が受け取る

米国の博物館・図書館情報サービス機構(IMLS)は、2006年11月から“Connecting to Collections”という資料保存に関するイニシアチブを立ち上げています。書籍やDVDなどからなる資料管理・資料保存のためのコレクション“Connecting to Collections Bookshelf”を合計2,000の中小規模の博物館、図書館、文書館等に無償配布するプロジェクトが柱なっていますが、“Connecting to Collections Bookshelf”を受け取る最初のグループとなったのは、あわせて851の博物館、図書館、文書館だということです。

IMLSのニュースリリース
http://www.imls.gov/news/2008/021908.shtm

2007年IMLS全国賞受賞館が決定

コミュニティに対し優れた貢献をした図書館・博物館に対し、米国の博物館・図書館サービス機構(IMLS)が贈るIMLS全国賞の2007年受賞館(図書館・博物館各5館)が発表されました。図書館5館のラインナップと受賞理由は下記の通りとなっています。Georgetown County (S.C.) Library生涯教育への貢献Kim Ye…

IMLS、“Connecting to Collections Bookshelf”の発送を開始

米国の博物館・図書館情報サービス機構(IMLS)は、「E423 (No.73) - 危機に立つ文化財保存の実態(米国)」で紹介した2005年の文化財保存に関する調査を契機に、2006年11月から“Connecting to Collections”という資料保存に関するイニシアチブを立ち上げています。このイニシアチブでは、全米規模での資料保存サミットの開催、資料保存に関する認知を高めるためのプロジェクトに対する助成とともに、書籍やDVDなどからなる資料管理・資料保存のためのコレクション“Connecting to Collections Bookshelf”を合計2,000の中小規模の博物館、図書館、文書館等に無償配布するプロジェクトが柱となっています。このほど、この“Connecting to Collections Bookshelf”の配布が始まった旨、プレスリリースが出ています。

IMLS and AASLH Distribute the First Free Sets of the Connecting to Collections Bookshelf

IMLSが博物館・図書館に対し総額1,800万ドルの助成金

米国の博物館・図書館情報サービス機構(IMLS)はこのほど、先進的な活動を行っている博物館・図書館43機関に対し、総額1,800万ドル(約20億円)の助成を行いました。$18 Million Awarded to Advance Innovation and Public Service at Nation’s Museums and Librarieshttp://www.imls.gov/news/2007/092507.shtm

IMLS、資料管理/保存に関する書籍・DVDを2,000機関に無償配布

米国の博物館・図書館情報サービス機構(IMLS)が、米国州・地方史協会(AASLH)と協同で、書籍、DVDなどからなる資料管理・資料保存のためのコレクション“Connecting to Collections Bookshelf”を、合計2,000機関に無償配布すると発表し、希望する機関を募っています。中小規模の博物館、図書館、文書館が、主な対象として想定されています。人文科学分野の博物館や図書館向けの資料のほか、水族館、動物園、植物園向けの資料も含まれています。

Museums, Libraries, and Archives Urged to Apply for Free
IMLS Connecting to Collections Bookshelf
http://www.imls.gov/news/2007/090507.shtm

連邦政府による読書プログラム“Big Read”、参加館が大幅増(米国)

全米芸術基金(NEA)は、博物館・図書館情報サービス機構(IMLS)とNPO“Arts Midwest”と協同して、各自治体の読書プログラムに助成を行う“Big Read”事業(名誉総裁はローラ・ブッシュ大統領夫人)を2006年から行っています。2007年6月、2007年下半期に同事業が新たに助成する117都市が発表されました…全米芸術基金(NEA)は、博物館・図書館情報サービス機構(IMLS)とNPO“Arts Midwest”協同して、各自治体の読書プログラムに助成を行う“Big Read”事業(名誉総裁はローラ・ブッシュ大統領夫人)を2006年から行っています。2007年6月、2007年下半期に同事業が新たに助成する117都市が発表されました。すでに助成を受けている72都市とあわせ、およそ200の都市が同事業の対象となっています。

IMLS、先住民向け図書館サービスに130万ドルを助成

米国の博物館・図書館サービス機構(IMLS)が、先住民(ネイティブ・アメリカン)向け図書館サービスの改善のために、237の先住民コミュニティに対し総額130万ドル(約1.6億円)を助成すると発表しました。Native American Library Services Receive $1.3 Million in Federal Grants - IMLShttp://www.imls.gov/news/2007/061207.sh

CLIR、全米のリポジトリの現状を調査したレポートを発表

IMLSが助成し、ミシガン大学を中心とするMIRACLEプロジェクトが行った全米の大学における機関リポジトリの実態調査のレポートがCLIRから公表されています。Census of Institutional Repositories in the United StatesMIRACLE Project Research Findings http://www.clir.org/pubs/abstract/pub140abst.htmlU.S. Institutional Repositories: A Censushttp:/…

公共図書館のインターネットアクセスは、どのような利益をもたらすのか:IMLSが調査に着手

IMLS(博物館・図書館サービス機構)が、公共図書館がインターネットのフリーアクセスを提供することにより、個人や家庭、コミュニティが享受する利益と、フリーアクセスが欠如していた場合にもたらされるインパクトについて、調査を実施すると発表しました。ゲイツ財団からの援助を受け…

ページ