スペイン

スペイン・カタルーニャ州のInclusive Libraries Project(文献紹介)

2018年8月にマレーシアのクアラルンプールで開催される第84回世界図書館情報会議(WLIC)・国際図書館連盟(IFLA)年次大会での発表資料として、スペインのカタルーニャ州・ビラノバにあるArmand Cardona Torrandell図書館のSusana Peix Cruz氏による“Inclusive Libraries: Architecture, Services, Library Collections and Training Combine in an Acessibility Project in the Libraries of Catalonia ”と題する文献が公開されています。

同文献では、まず、2015年に開始された、カタルーニャの公共図書館ネットワークによるInclusive Libraries Projectが紹介されています。

同プロジェクトでは、公共図書館利用における既存の障壁を特定・改善するために、建築、サービス・アクティビティ、蔵書、研修の4つのワーキンググループが設置され、アクセシブルな図書館モデルのための提言が策定されたとのことです。

研究大学における機関リポジトリのプロフィール(米国)

米国の調査会社Primary Research Groupが、北米およびスペインの6つの研究大学図書館における、機関リポジトリの詳細や担当者のディスカッションをまとめたレポート”Profiles of Research University Institutional Digital Repositories”を発表しました。

このレポートはカーネギーメロン大学、インディアナ大学ブルーミントン校、ノースウェスタン大学、ペンシルバニア大学、クレムゾン大学、スペインのナバーラ大学の6つの大学の機関リポジトリについて、リポジトリのパフォーマンスや使用しているソフトウェアについてまとめているほか、リポジトリ担当者による、関連するテーマに関するディスカッションがまとめられているとのことです。ディスカッションのトピックはResearchGateや著作権・ライセンシング、教員の協力を得る方法、利用統計、リポジトリのマーケティング、出版者の反応、リポジトリによる出版・査読、データリポジトリの問題、ファンディング・収入獲得方法等、多岐に渡るとされています。

なお、本文は有料です。

Clarivate AnalyticsとREDIBがイベロアメリカ地域の学術雑誌ランキングを発表

2018年5月16日、Clarivate AnalyticsとRed Iberoamericana de Innovación y Conocimiento Científico (REDIB)は、両者の協働の下で開発した、イベロアメリカ地域(ラテンアメリカのうちスペイン語・ポルトガル語圏の国々)と、イベリア半島のスペイン、ポルトガル、アンドラを含む地域の学術雑誌のランキングREDIB Journals Rankingを発表しました。

REDIBはスペインの政府系研究機関CSICとイベロアメリカ地域の大学ネットワークUniversiaのジョイントベンチャーとして立ち上げられた、イベロアメリカ地域の学術的電子出版物のプラットフォームです。今回発表されたランキングではClarivate AnalyticsのWeb of Scienceのデータを用い、被引用数等からREDIB収録誌のランク付けを行っています。

欧米4か国で実施されたフェイクニュースに対する意識調査についての報告書が公開される

2017年10月24日、英国のロイタージャーナリズム研究所(Reuters Institute for the Study of Journalism:RISJ)は、米国、英国、スペイン、フィンランドで調査した国民のフェイクニュースに対する意識調査についての報告書““News you don’t believe”: Audience perspectives on fake news”を公開しました。RISJは、英・オックスフォード大学の政治・国際関係学部(Department of Politics and International Relations)に拠点を置く、世界のメディアの動向等を調査する研究団体です。

同報告書は、2017年の上半期に米国、英国、スペイン、フィンランドの4か国で行った、フォーカスグループインタビューによる調査とオンラインニュースの利用者への調査をまとめたものです。調査結果からフェイクニュースは狭義にはねつ造されたニュースであるが、ニュースメディア・政治家・プラットフォームといった広範な情報環境への不満があることが示唆されたとしています。また、ねつ造されたニュースに取り組むことは重要であるが、それだけでは人々の情報環境への不満といった問題は解消されないと、述べています。

EIFL、マラケシュ条約に関する図書館向けのガイドのスペイン語版を公開

2017年10月12日、EIFL(Electronic Information for Libraries)が、マラケシュ条約(Marrakesh Treaty) の図書館向けのガイド“The Marrakesh Treaty: an EIFL Guide for Libraries”のスぺイン語版を発表しました。

アラビア語、英語、フランス語、リトアニア語、ネパール語、ロシア語、セルビア語に続く8言語目での翻訳です。

EIFL Marrakesh Guide launches in Spanish(EIFL,2017/10/12)
http://www.eifl.net/news/eifl-marrakesh-guide-launches-spanish

世界17か国のインターネットユーザーの読書状況調査

2017年3月23日、ドイツの市場調査会社GfKが、インターネットユーザーに対して行った読書調査の結果を発表していました。

17か国(英国・ドイツ・フランス・イタリア・スペイン・ベルギー・オランダ・ロシア・カナダ・米国・メキシコ・ブラジル・アルゼンチン・中国・日本・韓国・オーストラリア)を対象に実施されたもので、調査結果の概要によると、インターネットユーザーの多数(59%)が、毎日もしくは少なくとも週1回は読書をしているという結果が得られたとのことです。

国別では、中国70%、ロシア59%、スペイン57%の順で読書をすると回答した割合が多く、また、低所得世帯(24%)より高所得世帯(35%)が、男性(27%)より女性(32%)が読書をする傾向が高いという結果が紹介されています。

また、読書をしないと回答したインターネットユーザーの割合が最も高かった国はオランダと韓国(16%)で、ベルギー(14%)、カナダ・フランス・日本(11%)と続きます。

報告書の閲覧には、名前とメールアドレスの入力が必要です。

【イベント】白百合女子大学司書・司書教諭講演会「スペインの児童文学と児童に対する図書館サービス」(1/23・調布)

2017年1月23日、東京都調布市の白百合女子大学において、白百合女子大学司書・司書教諭講演会「スペインの児童文学と児童に対する図書館サービス」が開催されます。

この講演会ではスペインのカタロニア州バルセロナ在住の児童文学・絵本作家、編集者で、大学非常勤講師として子どものための図書館サービス科目等も担当するJoan Portell Rifà氏を講師に招くとのことです。講演はカタロニア語で行われますが、日本語への逐次通訳が行われます。

なお、学外者については2017年1月18日までに参加申込みの必要があるとのことです。

白百合女子大学司書・司書教諭講演会「スペインの児童文学と児童に対する図書館サービス」
http://www.kokuchpro.com/event/siraportell/

スペインのオープンアクセス(OA)ジャーナル(記事紹介)

DOAJ Blogに2016年12月8日付けで、スペインのオープンアクセス(OA)ジャーナルに関する解説記事が掲載されています。

記事では、

・Ulrichのデータによると、スペインは世界のジャーナルの全タイトルの2.5%を発行しており、国別では10番目に多い。
・OAジャーナルに限れば、UlrichとDOAJのデータによると、全タイトルの5.5%を発行しており、国別では4番目に多い。
・Ulrichのデータによると、現在スペインで発行されているジャーナルの34%がOAである。
・Web of ScienceあるいはScopusに収録されているスペインのジャーナルの56.9%はOAである。分野別では、人文・社会科学は68%、STM分野は55%、出版者別では、大学・研究機関は81%、学協会は71%、商業出版社は30%、のジャーナルがOAである。APCを財源としているOAジャーナルはきわめて少ない。
・スペインのOAは学術機関のオンライン出版社によって推進されている。

Google特許検索に、日本を含め世界11か国の特許関連資料が追加

2016年8月30日、Googleは、Google特許検索に、世界11か国からの4,100万を超える特許に関する資料を追加したと発表しています。

今回検索対象となったのは、日本、韓国、英国、スペイン、フランス、ベルギー、ロシア、オランダ、フィンランド、デンマーク、ルクセンブルクの特許及び特許出願書類です。

今回の追加により、世界の17の特許当局からの8,700万を超える特許関連資料を利用できるようになりました。

11 New Countries Available in Google Patents (Gogle Public Policy Blog,2016/8/30)
https://publicpolicy.googleblog.com/2016/08/11-new-countries-available-in-google.html

Google 特許検索
https://patents.google.com/

参考:
Google、米国の特許検索“Google Patents Search”を開始
Posted 2006年12月15日
http://current.ndl.go.jp/node/5075

Google特許検索に中国、ドイツ、カナダ、世界知的所有権機関(WIPO)の特許関連資料が追加

人文学・社会科学分野の雑誌の評価を確認できるサイト”Journal Scholar Metrics”公開

スペイン・グラナダ大学の研究チームが、人文学・社会科学分野の雑誌について、掲載論文の被引用数に基づく評価を確認できるサイト”Journal Scholar Metrics”を公開しています。

Journal Scholar MetricsはGoogle Scholarが提供している、論文の被引用数に基づく学術雑誌のインパクト指標を提供するサービス”Google Scholar Metrics(GSM)”のデータに基づくものです。GSMでは言語別や分野別に雑誌のランキングを閲覧することはできますが、閲覧できるのは上位の雑誌のみで、下位の雑誌を閲覧したり、そもそもどのような雑誌が収録されているのかの全容を把握することは困難でした。Journal Scholar Metricsでは人文学と社会科学分野に対象は限られていますが、GSMに収録されている可能性のある雑誌を検索し、データを取得・集計し直した上で、出版国別や詳細な分野別に、GSMよりも広範囲に雑誌の評価データを閲覧することができるようになっています。

Journal Scholar Metrics
http://www.journal-scholar-metrics.infoec3.es/

参考:
Google Scholar、学術雑誌のインパクト指標を2015年版に更新

ページ