WorldCat

OCLC、スウェーデン王立図書館との交渉決裂についてコメントを発表

2011年12月21日付けでスウェーデン王立図書館(KB)が発表したOCLCとの交渉決裂について、OCLC副会長のミハルコ(James Michalko)氏がコメントを発表しています。ミハルコ氏は「我々は、KBの要望とOCLCの基準の双方を満たすかたちで、同館及び総合目録LibrisのデータをWorldCatに登録することが可能であると信じている。彼らが交渉終了を選択したことは残念だ」とし、以下の2点について述べています。

・“WorldCat Rights and Responsibilities”は任意のガイドラインであり、WorldCat由来の書誌レコードを他機関に提供するかどうかは最終的にはKBが決断することである。

・“WorldCat Rights and Responsibilities”と矛盾しないようなライセンス方式のアプローチもあり得る。

交渉の際には、KBやEuropeanaとは上記の点についても議論したと述べられています。また、同ガイドラインや書誌データのオープン化に関するOCLCの考え方などについて、Open Knowledge Foundation Blogの2011/6/6付け記事に解説があるようです。

スウェーデン王立図書館がOCLCの総合目録WorldCatへの参加を見送り 理由は書誌データ利用ポリシーの不一致

スウェーデン王立図書館(Kungliga Biblioteket:KB)が、2011年12月21日付けで発表した“No deal with OCLC”というニュースの中で、2006年から5年にわたって続けてきた交渉の結果、OCLCの総合目録WorldCatへの参加を見送ったことを公表しています。その理由は、OCLCのレコード利用ポリシーが、KBの開発・運営しているスウェーデンの総合目録LIBRISのポリシーと一致しないこと等にあるとしています。LIBRISのコンテンツは、KBに所有権があるものの他システムへ書誌データを移すなどの自由な利用が認められているそうですが、WorldCatからコピーした書誌データはそのような利用が制限されてしまうことになるそうです。また、KBがWorldCatに参加した場合、自由利用が可能なデータしか受け入れないと発表しているEuropeanaに対して書誌データを提供する際にも問題が起こるとしています。

No deal with OCLC (スウェーデン王立図書館 2011/12/21付けニュース)
http://www.kb.se/english/about/news/No-deal-with-OCLC/

WorldCat Localの検索インデクスにACM、Gale、CUP、Annual Reviewsなどのコンテンツが追加 検索可能論文は6億件以上に

2011年10月20日、米国のOCLCが、ディスカバリ・インタフェース“WorldCat Local”の検索インデクスに新規データベースを追加したと発表しました。これにより、検索対象データベースは1,600点、検索可能な論文は6.1億件以上、所蔵データも合わせた総データ件数は8.6億件を超えたとされています。追加されたデータベースには、ABC-CLIO、Accessible Archives、ACM Digital Library、Annual Reviews、ケンブリッジ大学出版局のCambridge Companions Onlineなど、Gale社のBusiness & Company Resource Center、などが含まれているようです。

More databases and collections added to WorldCat Local (OCLC 2011/10/20付けプレスリリース)
http://www.oclc.org/news/releases/2011/201160.htm

参考:
OCLCのWorldCat Localの検索インデクスにCrossRef、BioOneなどが追加 検索可能論文は5億件へ
http://current.ndl.go.jp/node/18312

OCLC、WorldCat Localに資料利用可能状況の表示やローカル所蔵検索などの新機能を追加

2011年10月13付けの情報によると、OCLCが提供しているディスカバリインターフェース“WorldCat Local”にいくつかの新機能が追加されたそうです。

・検索結果一覧画面で各資料の利用可能状況(availability)が分かるようになった。このデータはリアルタイムに各図書館のOPACに問い合わせている。
・各図書館のローカル所蔵のデータ(請求記号など)を検索できるようになった。自館のWorldCat Localにアップロードしたローカルデータは、他館のWorldCat Localでは表示されない。
・モバイル版WorldCat Localで、図書だけではなく、論文やオンラインリンクも表示されるようになった。また、分館の住所情報も表示されるようになった。

E1223 - グローバル化が進むWorldCatの品質維持に対するOCLCの取組み

E1223 - グローバル化が進むWorldCatの品質維持に対するOCLCの取組み

OCLCが2011年9月に,総合目録WorldCat(CA1721参照)の品質に関するレポート“WorldCat Quality”を発表した。執筆者の1人は「カルホーン・レポート」(CA1617参照)等で知られる,WorldCat・メタデータ担当副会長のカルホーン(Karen Calhoun)氏である。レポートでは,グローバル化が進むWorldCatの現状,重複書誌レコードを中心とする品質問題,その原因分析と対応策についてまとめられている。...

OCLC、WorldCat Localにリンクリゾルバやオートサジェストなどの新機能を追加

2011年5月18日、OCLCがディスカバリ・インタフェース“WorldCat Local”にいくつかの新機能を付け加えたと発表しました。発表によると、リンクリゾルバ機能(外部からのOpenURLリクエストをWorldCatナレッジベースを用いて処理)、ローカル書誌IDなどの導入館ローカルデータを表示する機能(将来的にはそれらによる検索も可能になるとのこと)、コースリザーブ機能、“Top 5”機能(検索結果ページの上部に5件だけWorldCatの検索結果を表示)、未所蔵資料に対して所蔵する別の版を提示する機能、ポルトガル語インタフェース、検索語のオートサジェスト機能、が追加されたようです。また、WorldCat Blogの記事によると、同様のオートサジェスト機能はWorldCatにも追加されたそうです。

WorldCat Local adds inbound link resolution, visibility of local data, course reserves and more (OCLC 2011/5/18付け発表)
http://www.oclc.org/news/announcements/2011/announcement38.htm

OCLC、検索結果表示画面における利用者の視線の動きについて、WorldCatとGoogleブックスとの比較分析を行ったレポートを公開

2011年2月11日に、OCLCが“The Use of Eye-Tracking to Evaluate the Effects of Format, Search Type, and Search Engine on the User’s Processing of a Search Results Page”と題するレポートを公開しています。これは、検索サービスのフォーマットが、利用者の検索結果の確認にどのような影響を与えているのかを把握するために行われたものとのことで、既知の資料か否か、あるいは書籍か論文か等の条件を変えながら、被験者がWorldCatとGoogleブックスそれぞれの検索結果表示画面を見たときに、どのような視線の動きを示すのかを比較分析したものとのことです。その結果、書籍を探す際には、書籍タイトルに付随する書誌情報の記述領域(著者名、出版日付、書籍の概要等)は、WorldCatとGoogleブックスの双方で重視されていたものの、論文を検索する際には、Googleブックスの利用者にとってよりタイトルが重視されていること等が明らかになったとのことです。

「生物多様性遺産図書館」、WorldCatに14,000件以上の生物多様性に関する書誌データを提供

2010年11月23日付け、OCLCのニュースによると、生物多様性に関する文献をデジタル化し公開する世界最大規模のリポジトリである、「生物多様性遺産図書館」(Biodiversity Heritage Library;BHL)が、14,000件を超す資料の書誌データを、WorldCatに提供したとのことです。BHLは、米国の自然科学アカデミーや、自然史博物館、ハーバード大学植物学図書館等12の機関によって構成されるコンソーシアムとのことです。

Biodiversity Heritage Library
http://www.biodiversitylibrary.org/

The Biodiversity Heritage Library adds 14,000 records to WorldCat (2010/11/23付け OCLCのニュースリリース)
http://www.oclc.org/news/releases/2010/201058.htm

The Biodiversity Heritage Library adds 14,000 records to WorldCat (2010/11/24付け Peter Scott's Library Blogの記事)

国立国会図書館の書誌データ(JAPAN/MARC)がWorldCatで提供開始

国立国会図書館(NDL)が、2010年11月9日から同館の書誌データ(JAPAN/MARC)約400万件のWorldCatでの提供を開始しています。これにより、WorldCatでのJAPAN/MARCのデータの検索やダウンロードが可能になります。なお、WorldCatを通じての図書館間貸出はできません。

2010年11月19日 国立国会図書館の書誌データ(JAPAN/MARC)がWorldCatで利用できるようになりました(付・プレスリリース)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2010/1190325_1531.html

OCLCとEBSCO社、データベースの連携強化により情報探索サービスを向上

OCLCは、EBSCO社との提携を拡大し、WorldCatとEBSCO社のデータベースの連携を強化する発表しています。これにより、WorldCat Localのユーザーは新たな認証なしにEBSCO社のデータベースのメタデータを検索することができるようになるほか、OCLCのメンバー館は“EBSCO Discovery Service”を通して、WorldCatのデータへのアクセスや図書館相互貸借(ILL)の処理などを行うことができるようになるとのことです。

OCLC and EBSCO to enhance discovery services through data exchange(OCLCのニュースリリース)
http://www.oclc.org/news/releases/2010/201054.htm

ページ