ニュージーランド

ニュージーランドの考古学関係の報告書を搭載する“Archaeological Reports Digital Library”がリニューアル

2019年7月30日、ニュージーランドの遺跡や歴史的建造物の保護を担当するクラウン・エンティティ(クラウン・エンティティ法に基づく国家機関)であるHeritage New Zealandが、“Archaeological Reports Digital Library”のリニューアル公開を発表しました。

“Archaeological Reports Digital Library”には、1950年代以降の考古学関係の報告書7,500点が搭載され、随時追加されています。

今回のリニューアルにより、地理情報・発行年・著者等でフィルタリンクできるなど検索性能が向上したことに加え、これまで電子メールでの請求に応じて送信していたものが、直接報告書にアクセスしダウンロードできるようになりました。

オタゴ大学、図書館に3D・バーチャル技術を用いた館内フロア案内用キオスク端末を設置

2019年5月24付の“Otago Daily Times”紙で、ニュージーランドのオタゴ大学(University of Otago)が中央図書館 の1階に、3D・バーチャル技術を用いた館内フロア案内用キオスク端末2台 を設置したことが報じられています。

これはニュージーランド・ダニーデンのPunch Marketing社がGoogle Street View等から作成した1000枚以上の館内パノラマ写真をシームレスにつなぎ合わせて、キオスク端末の55インチのタッチスクリーンに映し出すことで実現しています。オタゴ大学の学生は、スクリーン上のQRコードにより、図書館内のグループ学習エリアを携帯電話から予約する際にもこのキオスク端末を利用することができます。

“2019 IFLA/Systematic Public Library of the Year”の受賞候補4館が発表される

2019年5月27日、国際図書館連盟(IFLA)の公共図書館分科会は、“2019 IFLA/Systematic Public Library of the Year”の受賞候補4館が発表されました。

世界中から応募があった16館の中から選ばれたものです。

選ばれたのは以下の4館です。

・グリーンライブラリ&プラザ(オーストラリア)
・LocHal図書館(オランダ)
・ヘルシンキ中央図書館(Oodi) (フィンランド)
・クライストチャーチ中央図書館(Turanga)(ニュージーランド)

受賞館は、IFLAの年次大会開催期間中の8月27日に発表されます。

And the nominees for the 2019 IFLA/Systematic Public Library of the Year Award are...(IFLA,2019/5/27)
https://www.ifla.org/node/92195

世界図書館情報会議(WLIC)・国際図書館連盟(IFLA)年次大会、ニュージーランド・オークランドでの開催を延期 2020年から2022年に

2019年4月16日、国際図書館連盟(IFLA)は、2020年の開催を予定していたニュージーランド・オークランドでのIFLA年次大会および世界図書館情報会議(WLIC)について、2022年8月13日から19日の開催に延期すると発表しました。

この延期は開催場所として予定していたニュージーランド国際コンベンションセンター(NZICC)の建設の遅れに伴うものです。WLIC・IFLAは長年、一つの会場での開催を続けていますが、2020年に代替として利用できる施設がオークランドには存在しないとのことで、開催延期が決定されました。

2020年のWLIC・IFLAの開催地については2019年8月に発表予定とのことです。

IFLA World Library and Information Congress in Auckland now to take place in 2022(IFLA、2019/4/16付け)
https://www.ifla.org/node/92121

CA1948 - 第12回アジア太平洋議会図書館長協会(APLAP)大会 / 春原寛子

 東はキリバスから西はトルコまで、南はニュージーランドから北はモンゴルまで、広大なアジア及び太平洋地域にある40の国・地域の議会図書館長等が参加する組織が、「アジア太平洋議会図書館長協会(Association of Parliamentary Librarians of Asia and the Pacific : APLAP(アプラップ))」である。

ニュージーランド国立図書館(NLNZ)、クライストチャーチでの銃乱射事件を受けて「弔問者芳名録」を設置

2019年3月17日、ニュージーランド国立図書館(NLNZ)が、クライストチャーチでの銃乱射事件を受けて公式の「弔問者芳名録」(Official books of condolence) を設置したと発表しています。

月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まで、および土曜日の午前9時から午後1時までの間、記帳することが可能です。

@NationalLibraryNZ(Facebook,2019/3/17)
https://www.facebook.com/NationalLibraryNZ/photos/a.145942848931084/994514994073861/

E2101 - 2018年IIPC総会・ウェブアーカイブ会議<報告>

国際インターネット保存コンソーシアム(IIPC;CA1893参照)の総会及びウェブアーカイブ会議(WAC;E1819ほか参照)が2018年11月12日から11月15日まで,ニュージーランドの首都ウェリントンにあるニュージーランド国立図書館(NLNZ)で開催された。国立国会図書館(NDL)からは筆者が参加した。NDLからの両会議への参加は2年ぶりである。

ニュージーランド国立図書館(NLNZ)で開催された同国の漫画家に関するウィキペディアエディタソン(記事紹介)

2019年1月26日にニュージーランド国立図書館(NLNZ)で開催された同国の漫画家に関する記事を編集するウィキペディアエディタソンについて、同館の1月30日付のブロクで紹介されています。

同館では、研究図書館員が同国のマンガに関する資料を提供し、同館のカメラマンがウィキペディアに掲載する漫画家の顔写真の撮影を行ないました。

実施にあたっては、ウィキペディアの編集者が男性・米国人が中心でそのことがウィキペディアに影響していることから、同国の漫画家、特に女性の漫画家に焦点をあてて行なわれています。

成果としては、6記事が新たに公開されたほか、22記事の改善が行われ、その他、Wikidataに12アイテムが作成・追加されました。

開催日以降も記事の追加が続いています。

ニュージーランド国立図書館(NLNZ)、学校図書館調査の結果を発表

2019年1月30日、ニュージーランド国立図書館(NLNZ)は、同館の学校向けサービス部局とニュージーランド学校図書館協会(SLANZA)・ニュージーランド図書館協会(LIANZA)が2018年5月に共同で実施した学校図書館調査の結果“School libraries and school library services in New Zealand Aotearoa”を発表しました。

調査の主な知見として以下があげられています。

・学校図書館の運営管理は国内で大きなばらつきがあり、特に異なる学校種別では、技術面、環境面、職員の能力といった面で大きな差がある。
・全種別の学校図書館が、保護者、家族、学校や、コミュニティとより深くかかわりたいと望んでいる。
・学校図書館の役割や意義に関する質問では、リテラシーの向上支援、カリキュラムを横断する学習、児童・生徒の福祉、といった点が広く支持されている。

ウェブアーカイブ用ツールWeb Curator Tool(WCT)のVer.2.0が公開

2018年12月21日、オランダ王立図書館(KB)は、選択的ウェブアーカイブのためのツールWeb Curator Tool(WCT)のVer.2.0がGithubで公開されたことを発表しています。

2017年の後半からニュージーランド国立図書館(NLNZ)とKBが共同で開発してきたもので、11月14日に開催された国際インターネット保存コンソーシアム(IIPC)のウェブアーカイブ会議ではプレビューが行われました。

WCTのインストールとサポートの改善、ドキュメントのreadthedocsプラットフォームへの移行、最新のウェブをアーカイブするためのニーズへの対応、が今回の更新の目的です。

WCTは、IIPCの主導により、2006年にNLNZと英国図書館(BL)により共同開発されましたが、2018年1月からはNLNZとKBにより更新のための作業が行われています。

ページ