展示

国立公文書館、デジタル展示「昭和二十年」を公開

2020年3月8日、国立公文書館が、同館のTwitterにて、デジタル展示「昭和二十年」を公開したと発表しました。

2015年開催の企画展をベースに作成されています。

@JPNatArchives(Twitter, 2020/3/8)
https://twitter.com/JPNatArchives/status/1236577534587932673

昭和二十年(国立公文書館)
http://www.archives.go.jp/exhibition/digital/s20/index.html

参考:
国立公文書館、デジタル展示『明治の学び』を公開
Posted 2018年10月25日
https://current.ndl.go.jp/node/36907

新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休館中の神奈川県立歴史博物館、特別展「井伊直弼と横浜」後期展示資料を紹介するページ「Webで直弼展」を公開

2020年3月7日、神奈川県立歴史博物館が「Webで直弼展」を公開しました。

同館では、2月8日から3月22日まで特別展「掃部山銅像建立110年 井伊直弼と横浜」を開催していますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため3月4日から3月16日まで臨時休館となったため、展示期間の後期の展示資料から20点を選び紹介する特設ページを開設したものです。

新着情報(神奈川県立歴史博物館)
http://ch.kanagawa-museum.jp/news
※2020.03.07欄に「特別展「掃部山銅像建立110年 井伊直弼と横浜」特設ページを公開しました。」とあります。

Webで直弼展(神奈川県立歴史博物館)
http://ch.kanagawa-museum.jp/naosuke/

岩手県立図書館、特別展示「岩手県復興ポスター展」を実施中

岩手県立図書館が、2020年2月29日から3月24日まで、特別展示「岩手県復興ポスター展」を実施中です。

東日本大震災からの復興の取り組みへの理解と関心を深めてもらうために岩手県が制作したポスターを展示するものです。

特別展示「岩手県復興ポスター展」(岩手県立図書館, 2020/2/21)
https://www.library.pref.iwate.jp/info/evecale/minitenji/202003_mini_fukkou.html

宮城県図書館、一般展示「1.17と3.11 変化とこれからを考える」を実施

宮城県図書館が、2020年3月1日から5月31日まで、3階一般フロアで、一般展示「1.17と3.11 変化とこれからを考える」を実施しています。東日本大震災及び阪神・淡路大震災がもたらした社会の変化等に関する同館所蔵資料が展示されています。

一般展示「1.17と3.11 変化とこれからを考える」(宮城県図書館)
https://www.library.pref.miyagi.jp/latest/events/exhibition/1525-oshiras...

参考:
宮城県図書館、東日本大震災文庫ミニ展示「震災と地域コミュニティ」を実施
Posted 2020年1月8日
https://current.ndl.go.jp/node/39901

日本科学未来館、特別企画「「震災と未来」展 ~東日本大震災9年~」を開催

東京都江東区にある日本科学未来館が、2020年3月7日から4月5日まで、同館及びNHK主催の特別企画「「震災と未来」展 ~東日本大震災9年~」を開催します。

東日本大震災にまつわる記録や今後の災害を想定した報道などNHKがこれまで蓄積してきた映像や資料や、同館が実施してきた災害に関する科学コミュニケーション活動の成果、行政機関が発信してきた防災情報などを、映像や大型立体模型といったさまざまな展示により紹介するものです。

特別企画 「震災と未来」展 ~東日本大震災9年~(日本科学未来館)
https://www.miraikan.jst.go.jp/spexhibition/disaster/

参考:
「NHK東日本大震災アーカイブズ」が公開
Posted 2012年3月1日
https://current.ndl.go.jp/node/20286

神奈川県立図書館・神奈川県立公文書館、合同展示「かながわとオリンピック」を開催

2020年2月14日から5月13日まで、神奈川県立図書館において、神奈川県立図書館・神奈川県立公文書館合同展示「かながわとオリンピック」が開催されます。

両館では各館が所蔵する図書や記録文書等を持ち寄ってテーマに多角的に迫る合同展示を毎年行っており、今回は8回目です。

8回目となる今回は、東京2020オリンピックの開催にちなみ、神奈川とオリンピックに関する数々のエピソードを紹介するもので、神奈川県出身の選手が多かった1964年の東京パラリンピックのほか、1940年の「幻の東京オリンピック」と神奈川の関係、2008年オリンピックの横浜招致運動についても紹介するとしています。

神奈川県立図書館・公文書館合同展示「かながわとオリンピック」(神奈川県立図書館)
http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/yokohama/information/tenji200214.htm

筑後市立図書館(福岡県)、雑誌ふろくプレゼント企画『すてきな雑誌ふろくすべてプレゼント!2020』を開催中

2020年2月1日から29日まで、福岡県の筑後市立図書館が、雑誌ふろくプレゼント企画として、『すてきな雑誌ふろくすべてプレゼント!2020』を開催しています。

同館資料を5点貸出するごとに発行される応募券へ、企画のプレゼントとして活用される展示中の雑誌ふろくを選んで記入し、応募箱へ投函するという内容です。応募の結果は2020年3月13日に図書館内及び同館のウェブサイト上で発表されます。

図書館利用感謝企画!『すてきな雑誌ふろくすべてプレゼント!2020』(筑後市立図書館)
https://library.city.chikugo.lg.jp/events.html#sutekinahuroku2020

参考:
筑後市立図書館(福岡県)、理学療法士が指導するしあわせUP講座「図書館でストレッチ」を開催
Posted 2019年3月8日
https://current.ndl.go.jp/node/37739

館山市立博物館(千葉県)、展示「デジ文展 ~デジタル化による地域の文化財の可能性~」を開催中:千葉大学「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」の活動成果

千葉県の館山市立博物館において、2020年2月15日から3月29日まで、展示「デジ文展 ~デジタル化による地域の文化財の可能性~」が開催中です。

同市は2015年度から千葉大学の「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に参加し、千葉大学デザイン文化計画研究室と連携して文化財のデジタルアーカイブ化とその活用に取り組んできており、今年度が同取組の最終年度であることから、これまでの活動成果を発表するとともに、今後の可能性について意見交換を行うことを目的に開催するものです。

千葉大学デザイン文化計画研究室がデータ取得に取り組んだ彫刻や、漁師の祝い着「万祝」の型紙などの実物が、複製・商品化した成果とともに展示されます。

2月16日には博物館所蔵の万祝型紙から作成した複製を活用してオリジナルグッズを作るワークショップ「型紙で遊ぼう」が、3月1日には、トークセッション「地域の文化財とデザイン~デジタル技術による記録・保存・活用の可能性~」も行なわれます。

福岡市総合図書館、「SDGs強化月間 in 福岡市総合図書館」を展開中

2020年2月4日から3月1日まで、福岡市総合図書館が、「SDGs強化月間 in 福岡市総合図書館」を展開中です。

国連寄託図書館があり、また、SDGsに関する本も多数収集している同館が、国際協力機構九州センター(JICA九州)・一般社団法人地球人の学校・よかたい図書館共同事業体との共催で行なうものです。

期間中、国連・SDGs関連書籍展示、JICA海外協力隊の活動状況展示が行われるほか、2月11日にはSDGs物産展(無肥料栽培野菜・バオバブ商品販売)や世界の国旗の缶バッチ作りが行われました。

2月23日には、小学校高学年から大人までを対象としたSDGsカードゲームワークショップや、青年海外協力隊体験談・個別相談会が行われます。2月24日には、自然農法での野菜作りを広めている方が講師の参加型講演会「みんなのSDGs(世代を超えてSDGsを語ろう)」が行われます。

SDGs強化月間 in 福岡市総合図書館(福岡市総合図書館)
http://toshokan.city.fukuoka.lg.jp/events/detail/1833

菊陽町図書館(熊本県)、同館所蔵の少女向け雑誌の付録がどの雑誌のものか等についての情報を求める企画展示「-WANTED-乙女のふろくを救出せよ!!」を開催中

熊本県の菊陽町図書館が、2020年2月15日から4月13日まで、同館の「少女雑誌の部屋」において、企画展示「-WANTED-乙女のふろくを救出せよ!!」を開催中です。

同館で所蔵している少女向け雑誌の付録の数は約1,600点にのぼりますが、中には、表示がないために、どの雑誌に付いていたものなのか、いつの時代のものなのか、わからないものもたくさんあることから、それらについての手がかりとなる情報を探るために展示するものです。

知っている情報を知らせるための「情報調査票」も置かれています。

「-WANTED-乙女のふろくを救出せよ!!」 (菊陽町図書館ブログ, 2020/2/16)
http://kikuyo-lib.hatenablog.com/entry/2020/02/16/090000

ページ