ゲーム

大阪電気通信大学図書館、ウェブサイト上でプレイして図書館の使い方を学ぶゲーム「図書館×謎ときゲーム OECUを救出せよ!」を公開

2020年9月21日、大阪電気通信大学図書館(大阪府寝屋川市)は、同館のウェブサイト上でプレイできる謎解きゲーム「図書館×謎ときゲーム OECUを救出せよ!」を公開したことを発表しました。

公開されたゲームはガイダンスのために図書館を訪れたプレイヤーが、同館のスタッフから行方不明になったマスコットキャラクターのOちゃん・Eちゃん・Cちゃん・Uちゃんの捜索を依頼され、捜索の手がかりとなる謎解きを通して図書館の使い方を学ぶ内容です。

ゲームは大学所属者以外でもプレイ可能で所要時間は40分程度です。2021年1月31日までにゲームをクリアした同大学の学部生・院生には先着順で景品が進呈されます。

E2294 - フロッピーディスク保存の新デバイス「ポリーヌ」について

1970年代に登場したフロッピーディスク(FD)は,初期の8インチ,5.25インチそして21世紀まで活躍した3.5インチまで,デジタルデータの保存メディアとして広く使われてきた。だがこれらFDは,カセットテープなどと同じ磁気媒体で,経年劣化により近い将来データの読み込みが完全に不可能となる。筆者が理事長を務める特定非営利活動法人ゲーム保存協会は,日本のPCゲーム作品を歴史的文化資料として収集し,長期的にアーカイブする日本唯一の機関だが,1980年代の資料の多くはFDに記録されており,データのマイグレーションが喫緊の課題であった。

カナダ・マギル大学図書館、図書館オリエンテーションのゲーム“Raising Spirits: A Timely Diversion”を公開

2020年8月27日、カナダのマギル大学図書館が、図書館オリエンテーションのゲーム“Raising Spirits: A Timely Diversion”を公開したことを発表しました。

発表によると、同ゲームは競争ではなく楽しむことを目的としたものであり、PCを使用することが推奨されています。また、ゲームをプレイする際には、同大学のキャンパスが北米の先住民・モホーク族の伝統的な居住地域に位置していることを意識して欲しいということ等が述べられています。

ゲームを開始するためには、同館の紹介動画を視聴し、動画に隠されたパスワードを探す必要があります。

E2287 - 城西大学水田記念図書館の利用者支援RPG『TOSHOKAN QUEST』

城西大学水田記念図書館のウェブサイト上で2020年5月11日から公開している『TOSHOKAN QUEST』は,新入生オリエンテーションの1コンテンツとして制作した,ブラウザ上でプレイできる図書館紹介ゲームである。

沖縄県立図書館、「BGMが凄い読書会」を開催

沖縄県立図書館が2020年7月10日・17日の午後5時から午後8時まで、同館4階交流ルームで「BGMが凄い読書会」を開催します。

参加者自らが図書館の本・私物の本を問わず、読みたい本を持参し、席についてBGMを聞きながら読書を楽しむという内容の企画です。両日ともに出入り自由・時間中の会話が可能です。また、参加費は無料で予約不要です。ただし、一度に参加できる人数は最大12人までです。

7月10日の読書会では、「ドラゴンクエストゲーム音源大全集2ゲームオリジナルサウンドストーリー」に収録されたビデオゲーム「ドラゴンクエストⅤ天空の花嫁」のBGMが流れます。7月17日の読書会では、同人サークル「上海アリス幻樂団」制作の同人音楽「東方project」から担当者のセレクトした音楽がBGMとして流れます。

なお、両日ともに新型コロナウイルス感染予防のため、入館時の手指消毒・滞在時間(概ね60分以内)の制限・参加時のマスク着用等が呼びかけられています。

台湾・故宮博物院、ビデオゲーム「あつまれ どうぶつの森」向けのオープンデータコーナーを開設:「翠玉白菜」「肉形石」などの収蔵品データを提供

2020年5月21日、台湾・故宮博物院は、同院のオープンデータを提供するページ「故宮Open Data専区」の中に、ビデオゲーム「あつまれ どうぶつの森」向けデータのコーナーを開設したことを発表しました。

第一弾として、「翠玉白菜」や「肉形石」など、同院の代表的な収蔵品22点のデータが公開されており、無料でのダウンロードが可能です。

用翠玉白菜妝點你的美好家園!故宮Open Data專區加入《動物森友會》(故宮博物院, 2020/5/21)
https://www.npm.gov.tw/zh-TW/Article.aspx?sNo=04011299

故宮博物院、「あつ森」に参入 「翠玉白菜」など名品のデータを配布/台湾(フォーカス台湾, 2020/5/22)
http://japan.cna.com.tw/news/asoc/202005220005.aspx

ゲーム保存協会、フロッピーディスクの保存プロジェクトの開始を発表

2020年5月15日、ゲーム保存協会が、2020年度から、フロッピーディスクの保存プロジェクトを大々的に開始すると発表しました。

フランスにあるゲーム保存協会の姉妹団体「ラ・リュドテーク・フランセーズ」と、フランスにある膨大な量のゲーム・コレクションを管理する団体「MO5.com」の2団体と協力して2020年に開発した、オープンソースのハードウェア「ポリーヌ(Pauline)」を用いて実施されます。

ゲームに限らず図書館や大学、研究機関などからフロッピーディスクに関する相談を受け付けるとしています。

フロッピー保存の新時代がはじまります!(ゲーム保存協会, 2020/5/15)
https://www.gamepres.org/2020/05/15/pauline-tanjo/

城西大学水田記念図書館、図書館の中を冒険し利用方法を学ぶRPG“TOSHOKAN QUEST”を公開

2020年5月11日、城西大学水田記念図書館が、同図書館内を冒険して利用方法を学ぶRPG“TOSHOKAN QUEST”の公開を発表しました。

同図書館の坂戸キャンパス本館をもとに作成された舞台の中を、配置されている物を調べたり、キャラクターに話しかけたりしながら歩くことで、同図書館で提供されているサービスや資料、利用方法、設備等について知ることができます。また、レポートの書き方についても触れられています。

同RPGを利用できるブラウザはFirefox、Google Chrome、Safariです。

過去のお知らせ(城西大学水田記念図書館)
http://libopac.josai.ac.jp/top/whatsold2.htm
※2020年5月11日付で「TOSHOKAN QUESTができました。」というお知らせが掲載されています。

米・サウスカロライナ州の公共図書館員がビデオゲーム「あつまれ どうぶつの森」を活用してゲーム内に図書館を構築(記事紹介)

米国図書館協会(ALA)によるアドヴォカシーのためのイニシアチブ“ilovelibraries”の2020年4月14日付の記事で、新型コロナウイルス拡大により外出が制限される中、米・サウスカロライナ州の図書館員によるビデオゲームを活用した試みが紹介されています。

同記事で紹介されているのは、同州チャールストン郡公共図書館のBaxter-Patrick James Island分館でヤングアダルトサービスを担当する、Tina Chenoweth氏によるビデオゲーム「あつまれ どうぶつの森(Animal Crossing: New Horizons)」を活用した試みです。「あつまれ どうぶつの森」は、建物・インフラの整備や家具・装飾品の作成などを行いながら、プレイヤーが無人島を開発するゲームです。オンラインコードにより、世界中のプレイヤーはお互いの島を訪れて、島の探索や素材の交換、プレイヤー同士の交流などを楽しむことができます。Chenoweth氏はこの「あつまれ どうぶつの森」上で、Baxter-Patrick James Island分館を再現しました。

立命館大学ゲーム研究センター、所蔵品のオンライン目録「RCGSコレクション」の正式版を公開

2020年3月30日、立命館大学ゲーム研究センター(RCGS)は、2020年4月から、同センターが所蔵するビデオゲームやその関連資料のオンライン目録「RCGSコレクション」の正式版を公開することを発表しました。「RCGSコレクション」に収録されたメタデータは、文化庁の「メディア芸術データベース」等にも登録されています。

「RCGSコレクション」はこれまで試行版として公開されていましたが、正式版とするに当たり、トップページのリニューアル、データ出力機能の追加、SPARQLエンドポイントの公開、RDF/XML形式のダンプデータの公開など、機能の追加・改修が行われています。

RCGSコレクション正式版を公開(RCGS, 2020/3/30)
https://www.rcgs.jp/?p=1122

RCGSコレクション
https://collection.rcgs.jp/

ページ