録音資料

“Europeana Sounds”プロジェクト、新たな展開へ Europeanaで2万6,620点の録音資料等の提供開始

2015年6月8日、2014年から開始している“Europeana Sounds”プロジェクトの一環として、2万6,620点の録音資料が提供開始となったことが発表されました。今後2年間で、約50万点の録音資料と、約22万点の音声関連のコンテンツを公開するという当該プロジェクトの、嚆矢となる取組みであるとのことです。

今回公開されたコンテンツのジャンルは多岐に及んでいるとのことで、民謡やクラシック、ポピュラー音楽などの録音資料をはじめ、民俗学のフィールドワークに関する資料も含まれているようです。

Europeana Soundsのウェブサイトでは、今回公開された資料の中から、

●東マケドニア・トラキア(ギリシャ北東地域)に関する研究に関連して録音された、ギリシャの伝統民謡と、その録音時の写真等
●英国サーフォーク州で秣の通商に従事していた人へのインタビュー記録
●1940年代に、ピアノと声楽向けに編曲されてシェラック盤に録音された、ラトビアの民謡“Smuidra priede siliņāi”
●マックス・プランク心理言語学研究所(Max-Planck Institute for Psycholinguistics)の“Language Archive”に収録された録音資料

図書館情報資源振興財団(CLIR)、音源保存のためのガイド“ARSC Guide to Audio Preservation”を刊行

2015年5月、図書館情報資源振興財団(CLIR)が、Association for Recorded Sound Collections(ASRAC)と米国議会図書館(LC)の National Recording Preservation Boardと協同で、“ARSC Guide to Audio Preservation”を刊行しました。

当ガイドは音声コレクションの管理と保存のための実用的な手引きで、録音された音源のコレクションを所蔵しているが、それらを保存するための専門的知識に欠けている個人や組織を対象にしているとのことです。

ARSC Guide to Audio Preservation(CLIR)
http://www.clir.org/pubs/reports/pub164

PDF Download of Report (2.7 MB)(CLIR)
http://www.clir.org/pubs/reports/pub164/pub164.pdf

CLIR Reports(CLIR)
http://www.clir.org/pubs/reports

via;

【イベント】東京藝術大学附属図書館、蓄音機コンサート「澤和樹教授が選ぶ、蓄音機で聴くSP時代のヴァイオリンの名手たち」(東京・6/5、6/12)

2015年6月5日と12日の両日、東京藝術大学附属図書館で蓄音機コンサート「澤和樹教授が選ぶ、蓄音機で聴くSP時代のヴァイオリンの名手たち」が開催されます。

2015年度から定期的に開催することになったという同館の蓄音機コンサートですが、各種音楽活動の実施や音楽活動への助成、音楽を学ぶ学生に対する奨学援助等を行っているというロームミュージックファンデーションの助成を受けて行われる年4回行われるコンサートシリーズの第1回、第2回ということになるようです。

曲目は、SPレコード研究家であるクリストファ・N・野澤氏が、収集し、死後同館に寄贈された2万枚超の洋楽SPレコードのコレクション「クリストファ・N・野澤SPレコードコレクション」から選定されたようです。なお、選定は、同大学の音楽学部長かつヴァイオリニストの澤和樹教授によるものとのことで、6月5日には同教授による解説、6月12日にも同大学の川崎和憲教授による解説が行われるとのことです。

なお、入場は無料とのことで、プログラムは同館のブログに掲載されています。

英国図書館(BL)、貴重な音源のデジタル化計画を発表

2015年5月20日、英国図書館(BL)はHeritage Lottery Fundからの資金援助を受けて、2017年から2022年の5年計画で、同館で所蔵する50万の貴重でユニークな音源や全国の主要なコレクションをデジタル化すると発表しています。

音源には方言やアクセント、オーラルヒストリー、既に聞くことができない演奏や演劇、姿を消していく野生生物の音源が含まれるそうです。

その他、地域の貴重な音源を保存・共有することを目的に、国全体の保存ネットワーク構築のため、10の地域センターを通じて提携機関と協同すること、また、英国の音の文化遺産を広く知らせ、英国内のアーカイブで保有する生きた歴史の宝庫への意識を高めるために、学校や地域でアウトリーチプログラムを行うとのことです。

British Library's pledge to save the nation’s sounds secures £9.5 million boost from Heritage Lottery Fund(BL,2015/5/20)
http://www.bl.uk/press-releases/2015/may/save-our-sounds-hlf-funding

※内容を修正しました(2015年5月21日)

参考:

E1674 - 古音源の保存と活用に関する国際シンポジウム<報告>

E1674 - 古音源の保存と活用に関する国際シンポジウム<報告>

 明治期に録音された雅楽より,現在演奏されている雅楽はテンポが緩やかなものであるという。当時の録音メディアの収録時間の限界が一因であるとしても,どうやら明治期には,今よりも速いテンポで雅楽が演奏されていたらしい。

米国議会図書館、著名な詩人・作家の音声記録をオンラインで公開開始

2015年4月15日、米国議会図書館(LC)が、全米詩月間(National Poetry Month)の一環として、有名な詩人や作家が自らの作品について音声記録をウェブサイトで公開を開始しました。

これらの記録はLCが2000点以上所蔵する詩集・文学の録音記録アーカイブ(Archive of Recorded Poetry and Literature)の資料をデジタル化したものであるとのことで、まず50点が公開開始され、今後は毎月追加されていく予定であるとのことです。

なお、50点の中には、米国議会図書館桂冠詩人であったエリザベス・ビショップやグウェンドリン・ブルックス、ロバート・フロストなどをはじめ、ノーベル文学賞受賞者のチェスワフ・ミウォシュなどの肉声が含まれる、とのことです。

Archive of Recorded Poetry and Literature to Launch Online April 15(LC,2015/4/14)
http://www.loc.gov/today/pr/2015/15-064.html?loclr=rssloc

Archive of Recorded Poetry and Literature Center at the Library of Congress(LC)

米国議会図書館、将来にわたり保存すべき録音資料としてドアーズのアルバム“The Doors”など25作品を追加

2015年3月25日、米国議会図書館(LC)が、将来にわたって保存すべき米国の録音資料を登録している“National Recording Registry”に2014年分として新たに加える作品を発表しました。文化的、歴史的、あるいは芸術的に重要とされ、発表から少なくとも10年以上が経過している録音資料25作品が毎年選ばれているとのことです。今回登録された25作品を含めて、これまでに425作品が登録されています。

National Recording Registry To “Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive”(LC, 2015/3/25)
http://www.loc.gov/today/pr/2015/15-041.html

Recording Registry
http://www.loc.gov/programs/national-recording-preservation-board/recording-registry/

参考:

米国議会図書館、将来にわたり保存すべき録音資料としてU2の"The Joshua Tree"など25作品を追加
Posted 2014年4月3日
http://current.ndl.go.jp/node/25846

英国図書館(BL)、英国における録音資料コレクションの全貌把握に向け “UK Sound Directory”プロジェクトを始動

2015年3月18日、英国図書館(BL)は英国内の録音資料コレクションの情報を集め、目録を作成するプロジェクトである、“UK Sound Directory”の始動を発表しました。2015年1月に発表された、(1)英国の貴重・希少な録音資料の保護、(2)英国におけるラジオアーカイブの作成、(3)BLにおいて、デジタル形式による音楽の受信を可能とするための新技術への投資、という3点を主眼とする、”Save our Sounds”プロジェクトの一環として行われるものであるとのことです。

BLは本プロジェクトにおいて、蓄音機による録音資料も含め、カセットテープ、レコードなどについて情報を収集するとのことで、特に保存に関する技能が失われる危険性が高く傷みやすい形態の資料に関して、情報を求めているようです。

情報提供を求める対象としては、図書館や博物館、スタジオ、放送局等の保有するコレクションのほか私的所有物も含まれ、BLは情報提供のためのフォーム(”Google Forms”を利用)を設置して、それらに関する情報を収集するとのことです。

なお、録音資料コレクションに関する情報調査は2015年5月31日まで行われるようです。

UK Sound Directory(The British Library, 2015/3/18)

ほぼ日刊イトイ新聞、思想家の吉本隆明氏の講演デジタルアーカイブ「吉本隆明の183講演」を公開

ほぼ日刊イトイ新聞において、2012年に死去した思想家の吉本隆明氏による講演のデジタルアーカイブ「吉本隆明の183講演」が公開されました。2015年1月9日に、「子どもの心」をテーマとした子どもや教育に関する6講演が無料で公開され、今後、テーマに沿った講演を順次公開していき、最終的には1960年代から2008年までの183講演が利用できるようになるとのことです。

吉本隆明の183講演 (ほぼ日刊イトイ新聞)
http://www.1101.com/yoshimoto_voice/index.html

吉本隆明さん講演をサイトで公開 無料、183講演を順次(47News 2015/1/9付けの記事)
http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015010901001649.html

英国Tate、“Audio Arts”のデジタルアーカイブをウェブサイトで公開

2014年10月9日、英国のTateが、1972年からカセットテープ等の録音媒体で発行された雑誌“Audio Arts”のデジタルアーカイブをウェブサイトで公開したことを公表しました。“Audio Arts”は英国のアーティストであるWilliam Furlong氏が編集したもので、1,640以上のアーティストや美術関係者へのインタビュー等が録音されているとのことです。

Tate publishes Audio Arts, 245 hours of material featuring 1,640 interview contributions(TATE, 2014/4/9)
http://www.tate.org.uk/about/press-office/press-releases/tate-publishes-audio-arts-245-hours-material-featuring-1640

ページ