アーカイブ

【イベント】リバティアカデミー20周年記念オープン講座「マンガ・アニメ・ゲーム・特撮アーカイブの現状と展望」(1/11・東京)

2020年1月11日、東京都中野区の明治大学中野キャンパスにおいて、 リバティアカデミー20周年記念オープン講座「マンガ・アニメ・ゲーム・特撮アーカイブの現状と展望」が開催されます。

日本のマンガ、アニメ、ゲーム、特撮映画が、広く海外で親しまれているという認識自体は広く浸透している一方、それらの文化資源としての価値をとらえた公的な取組みは乏しい状況を踏まえ、アニメ特撮アーカイブ機構(ATAC)や明治大学などの取り組みを論じ、今後の可能性を展望するものです。

講師は森川 嘉一郎氏 (明治大学国際日本学部准教授)と氷川 竜介氏(明治大学大学院国際日本学研究科特任教授)です。

受講料は無料ですが、事前予約制です(全席自由、先着400人)。

【リバティアカデミー20周年記念オープン講座】マンガ・アニメ・ゲーム・特撮アーカイブの現状と展望 (明治大学リバティアカデミー)
https://academy.meiji.jp/course/detail/4971/

UCLA映画テレビアーカイブ、米・カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)図書館と統合

2019年12月4日、米・カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)は、映画テレビアーカイブ(Film & Television Archive)が、図書館に統合されたことを発表しています。

これまで、演劇・映画・テレビ学部によって運営されていた同アーカイブは、今後、同館のコレクションとあわせて、同館のデジタルプラットフォームを通じてアクセスを拡大させる予定としています。

同アーカイブの事務所・保存ラボ・書庫は、これまで通り、サンタクラリタのパッカード人文研究所に設置され、UCLAパウエル図書館のアーカイブ調査研究センターがアーカイブ資料のアクセスポイントとして機能します。

UCLA図書館は、UCLAの研究とコレクションに世界中からアクセスできるようにすることを目的とした“OpenUCLA”事業を行っており、今回の統合は、同館の2019・2020年度の主要プロジェクトの1つです。

カナダ研究図書館協会(CARL)、カナダの記憶機関におけるデジタル保存の現状とニーズについての調査レポートを公開

2019年11月29日、カナダ研究図書館協会(CARL)は、カナダの記憶機関におけるデジタル保存の現状とニーズについての調査レポート“Final Report of the Survey on Digital Preservation Capacity and Needs at Canadian Memory Institutions, 2017-2018”の英語版及びフランス語版の公開を発表しました。

カナダにおけるデジタル保存活動の現時点の見取り図を提供し、存在するギャップや顕著に見られるニーズを特定することを目的として、CARLのデジタル保存ワーキンググループが実施した調査の成果を報告するものです。

調査は二つのフェイズからなり、第一フェイズでは、2017年10月から12月にかけて、CARLに所属する29機関を対象として調査が行われました。その後、2018年12月から2019年1月にかけて調査結果のアップデートが行われています。第2フェイズでは、より広いカナダの記憶機関を対象として2018年8月から9月に調査が行われ、両フェイズ合計で52機関から完全な回答が寄せられました。今回、回答結果のデータセットもあわせて公開されています。

【イベント】ふくしまを伝える アーカイブフォーラム2019(12/8・楢葉)

2019年12月8日、福島県楢葉町のJヴィレッジホールにおいて、福島県が主催する「ふくしまを伝える アーカイブフォーラム2019」が行われます。

2020年度の開館に向けて整備中の「東日本大震災・原子力災害伝承館」の設立趣旨の1つである「情報発信」の大切さについて県民全体で考える機運を醸成することを目的に開催されるものです。

福島県クリエイティブディレクターの箭内道彦氏と内堀雅雄福島県知事による対談や、県内で復興に向けた活動を行っている人によるパネルディスカッションが行われます。

参加には事前の申し込みが必要で、定員は200人です。

ふくしまを伝える アーカイブフォーラム2019(福島県 ふくしま復興ステーション)
https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/forum2019.html

【イベント】シンポジウム「マンガが先か!?原画が先か!? -「マンガのアーカイブ」のネクストステージに向けて-」(12/17・東京)

2019年12月17日、DNP 五反田ビル(東京都品川区)において、文化庁が主催するシンポジウム「マンガが先か!?原画が先か!? -「マンガのアーカイブ」のネクストステージに向けて-」が開催されます。

「マンガ原画に関するアーカイブ及び拠点形成の推進」と「国内外の機関連携によるマンガ史資料の連携型アーカイブの構築と人材育成環境の整備に向けた準備事業」の両プロジェクトについて、約5年間に及ぶ活動実績を一体的に総括すべく、具体的な手法から理念的な枠組みにいたるまでを議論し、今後の「マンガのアーカイブ」が目指すべき姿を展望するシンポジウムとあります。

参加費無料であり、定員は130人(申込不要、当日先着順)とあります。当日の主なプログラムは以下のとおりです。

株式会社ファーストリテイリングの柳井正氏、村上春樹ライブラリーのための4号館改築費用全額を寄付:早稲田大学が発表

2019年11月29日、早稲田大学は、本部キャンパスの演劇博物館に隣接する4号館を改築し、2021年4月に開館する予定の早稲田大学国際文学館(通称:村上春樹ライブラリー)に関し、同大学の卒業生でもある株式会社ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長の柳井正氏から、4号館改築費用全額となる約12億円の寄付を受けることを発表しました。

村上春樹ライブラリーに柳井正氏支援(早稲田大学, 2019/11/29)
https://www.waseda.jp/top/news/67503

参考:
早稲田大学、村上春樹ライブラリー構想による国際文学館を2021年4月にオープン予定
Posted 2019年6月26日
https://current.ndl.go.jp/node/38461

尼崎市(兵庫県)、漫画家・尼子騒兵衛氏の原画・絵コンテ・セル画・台本・忍者用具コレクション等の保存・活用に関する協定書を締結

2019年11月26日、兵庫県の尼崎市は、漫画家・尼子騒兵衛氏の原画・絵コンテ・セル画・映画の台本・忍者用具コレクション等の、同市への一括寄贈もしくは寄託を前提とした保存・活用に関する協定書を、同資料を所有する尼子事務所と締結したと発表しています。

今後、同市では、協定に基づいて資料の整理・調査を行い、展覧会を通じて公開していく予定としています。

また報道によると、同資料は、同市の総合文化センターでいったん保管し、資料のリストを作成した後、改めて寄贈や寄託の協定を結んだ上で一般公開するとのことです。

@amagasakilove(Facebook, 2019/11/26)
https://www.facebook.com/amagasakilove/posts/2679877425429791

米・カリフォルニア電子図書館(CDL)、全国的なアーカイブ資料目録構築支援ネットワークに関するイニシアチブの成果としてアクションプランを公開

2019年11月5日、米・カリフォルニア電子図書館(CDL)は、全国的なアーカイブ資料目録構築支援ネットワークに関する行動イニシアチブとして展開している“Toward a National Archival Finding Aid Network (NAFAN)”について、集大成となるアクションプランを作成・公開したことを発表しました。

NAFANは、米国内の多くの地域資料目録アグリゲーターがプラットフォームの更新や分野内の最新の取り組みに携わるために十分なリソースを割くのが難しくなっていることを背景に、博物館・図書館サービス機構(IMLS)の助成の下、2018年10月から2019年9月までの1年間、CDLを中心に展開された行動イニシアチブです。組織の発展、地域社会との関わり、持続可能性についての深い知識を有する、アグリゲーターや専門家を招集し、アグリゲーターやアーカイブリポジトリ等のニーズに応え続けながら、アーカイブ資料記述の体系を根本的に変革し得る全国的なアーカイブ資料目録構築支援ネットワークの創設を目指して、アーカイブ資料記述の現況に関する報告書作成やシンポジウムの開催等が行われています。

【イベント】令和元年度東日本大震災アーカイブ国際シンポジウム-震災伝承施設と震災アーカイブ-(1/11・仙台)

2020年1月11日、東北大学災害科学国際研究所(仙台市)で、国立国会図書館(NDL)と同研究所とが共催し、「令和元年度東日本大震災アーカイブ国際シンポジウム-震災伝承施設と震災アーカイブ-」を開催します。

震災伝承施設の海外の事例であるハワイの太平洋津波博物館(Pacific Tsunami Museum)の取組の紹介及び、国内の震災アーカイブや震災伝承施設の現状報告を行い、最後に、震災伝承施設と震災アーカイブがどのように関係していくことで互いの利活用の向上につながるかについて議論します。

参加は無料です。定員は200人(先着順)で、事前の申込みが必要です。

内容は次のとおりです。

【特別講演】
「太平洋津波博物館の取組について」
マーリーン・スー・ムリー氏(ハワイ太平洋津波博物館館長)

【報告①】震災の記録を伝える~震災アーカイブの進捗報告

「北海道胆振東部地震から厚真町が伝えたいこと」
起田淳氏(厚真町地域防災マネージャー)
長瀧夢子氏(厚真町まちづくり推進課企画調整グループ主任)

「熊本大学の熊本地震アーカイブについて」
山尾敏孝氏(熊本大学名誉教授)

【イベント】講演会「フランスにおけるアーキビスト養成(過去、現在、未来):学問的、社会的および政治的課題」(12/7・東京)

2019年12月7日、学習院大学目白キャンパス(東京都豊島区)において、学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻が主催する講演会「フランスにおけるアーキビスト養成(過去、現在、未来):学問的、社会的および政治的課題」が開催されます。

講師はフランス国立文書学校のオリヴィエ・ポンセ教授であり、フランスにおけるアーキビスト養成、国の機関等へのアーキビスト派遣制度等について、多方面からより深い理解を構築することを目指すとあります。

講演はフランス語で行われますが、講演内容の日本語全訳も配布されます。また、九州大学大学院人文科学研究院の岡崎敦教授が翻訳・通訳の担当となっています。なお、参加に当たり事前の申込みは不要です。

オリヴィエ・ポンセ教授 アーカイブズ学講演会(学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻)[PDF:1ページ]
https://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/2019,%201207%20Volantino.pdf

ページ