日本

【イベント】第7回全国史料ネット研究交流集会(2/20-21・オンライン)

2021年2月20日から21日にかけて、ウェブ会議サービスZoomを利用したオンライン会議形式で、第7回全国史料ネット研究交流集会が開催されます。

第7回の開催となる同集会は、2011年の東日本大震災発生から10年を迎える被災地の仙台で開催される予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を受けてオンライン開催となりました。同集会では、東日本大震災から10年を経た資料保全の現状と課題と、感染拡大が続く新型コロナウイルス感染症下における資料保全のあり方という2つのメインテーマを中心とする議論が行われる予定です。また、初めての試みとして、資料保全に関わる現場から提起される課題、また資料ネット活動に関わる理論的課題など、関係者の率直な問題関心を個別に議論できる公募制の複数分科会設置が検討されています。

同集会は無料で参加可能ですが、事前の申し込みが必要です。

第7回全国史料ネット研究交流集会のお知らせ(2021年2月20日~21日)(歴史資料ネットワーク,2020/9/25)
http://siryo-net.jp/event/koryushukai-2021/

科学技術振興機構(JST)、J-STAGE利用発行機関向けに編集登載システムの新機能をリリース:全文XML作成ツールの提供・PMC、DOAJ形式ファイルのダウンロード機能など

2020年9月15日、科学技術振興機構(JST)は、JSTの構築する電子ジャーナル出版推進のためのプラットフォームJ-STAGEについて、利用発行機関向けに編集登載システムの新機能をリリースすることを発表しました。

編集登載システム新機能のリリースは2020年9月26日に実施されました。新機能のリリースによって、J-STAGE利用発行機関はWordもしくはLaTeX形式の原稿ファイルを元にJ-STAGEに登載可能な全文XMLファイルを作成・編集できるツールの利用や、J-STAGEに登載済みの記事データのPubMed Central(PMC)・DOAJ(Directory of Open Access Journals)に対応した形式のXMLファイルによるダウンロードなどが可能となっています。また、早期公開記事の改版記事を登載・公開するための管理機能や、各記事の抄録の二次利用について可・不可のフラグの設定等に関する機能も併せて公開されています。

県立長野図書館の「信州・学び創造ラボ」整備事業が全国知事会による「令和2年度優秀政策」に選出

47都道府県の知事で組織する団体「全国知事会」が2020年9月14日付で発表した「令和2年度優秀政策」として、県立長野図書館の「信州・学び創造ラボ」整備事業が選出されています。

全国知事会では各都道府県が先進的な取組として登録した「先進政策バンク」の政策の中から、都道府県の第一次選定、同会頭脳センター専門委員の第二次選定を経た経て、優秀な政策を決定し、同会の先進政策創造会議において表彰しています。「令和2年度優秀政策」には、先進政策バンクに登録されている約4,100件の政策の中から評価・審査を経て、県立長野図書館の「信州・学び創造ラボ」整備事業を含む34件の政策が優秀政策として決定されました。

新着情報一覧(全国知事会)
http://www.nga.gr.jp/news.html
※令和2年9月14日付で「先進政策バンク令和2年度優秀政策が決定しました」とあります。

越前市中央図書館(福井県)、市政施行15周年を記念して、地元の伝統工芸(越前打刃物・越前和紙)によるものづくりワークショップを開催

2020年10月3日と10月17日、福井県の越前市中央図書館が、市政施行15周年を記念して、地元の伝統工芸によるものづくりワークショップを開催します。

10月3日は「越前打刃物 銘切体験」で、越前打刃物に関する講演の後、タガネとカナヅチを使って、プレートに自分の名前を彫ってキーホルダーを作ります。

10月17日は「ガリ版刷りに挑戦!―越前和紙で文庫本ノートのカバーを作ろう―」は越前和紙に関する話の後、ガリ版刷りという手法で越前和紙に絵などを印刷してオリジナルのノートカバーを作ります。

参加には事前の申し込みが必要で、対象は小学生以上、定員は各回10人です。
材料費として各回500円が必要です。

岡崎市立中央図書館(愛知県)、バリアフリー関連資料を集めた「りんごの棚」を子ども図書室に設置

2020年9月24日、愛知県の岡崎市立中央図書館が、バリアフリー関連資料を集めた「りんごの棚」を子ども図書室に設置したと発表しています。

対象資料は、点字・手話に関する児童向け資料、児童向け大活字資料、布絵本、マルチメディアデイジー、児童向けLLブックです。

「りんごの棚」を設置しました(岡崎市立中央図書館,2020/9/24)
https://www.library.okazaki.aichi.jp/index.php?key=jo7cghwft-3672#_3672

参考:
横浜市南図書館、こどもの本コーナーに点字つき絵本・さわる絵本・LLブック等を集めた「りんごの棚」を設置
Posted 2020年3月17日
https://current.ndl.go.jp/node/40511

埼玉県立春日部女子高等学校、総合的な探究の時間において「SDGsを軸にした地域企業・団体との連携・課題解決」をテーマとした探究活動を実施:1年生は図書館等で情報を収集・調査し課題の解決策を提案

埼玉県立春日部女子高等学校が「SDGsを軸にした地域企業・団体との連携・課題解決」をテーマに総合的な探究の時間で取組んでいる探究活動の導入として、2020年10月1日と10月8日に、26の企業・団体から、持続可能な開発目標(SDGs)について学び、その後、自ら課題を設定し探究活動を行う授業を行います。

対象は1・2年生で、1年生は、同市に関連する8つの企業・団体からの各取組に関する講演を聴講の後、地元の課題に関する疑問点や問題点を各自で図書館やインターネット等で情報収集・調査し、課題の解決策を提案します。

2年生は、国内外を活動拠点とする18の企業・団体からのSDGsに関する取組の講演の聴講のほか、グループディスカッションや事前学習を行なって、企業や団体からのアドバイスを受けながら、課題解決に向けた新たなアイディアを創出・提案します。

両学年とも、1月にポスターセッションによる発表会を行い、2月には個人が論文の形式で探究のまとめを行います。

鳥取県立鳥取東高等学校、1年生の総合的な探究の時間(鳥取学)において学校図書館を活用

鳥取県立鳥取東高等学校が、2020年10月9日に実施する、1年生の「総合的な探究の時間(鳥取学)」において、学校図書館を活用した探究学習を行ないます。

同校の「総合的な探究の時間」の授業では、1年生全員が地域社会の課題解決に向けて探究する学習「鳥取学」に取り組んでおり、10月9日の授業では、学校図書館を活用しながら、探究活動に必要な情報活用スキル、特に、本・新聞記事・インターネットなど複数のメディアの特性を知り、情報を比較・分析しながら収集するスキルの育成を行うとしています。

生徒が多様なメディアを活用しながら、地域や社会の課題に気づき、解決策を創造的に考える体験によって、主体的に学ぶ力が身に付くことが期待されています。

【鳥取東高等学校】1年総合的な探究の時間「鳥取学」~学校図書館を活用した探究学習~(鳥取県,2020/9/25)
http://db.pref.tottori.jp/pressrelease2.nsf/webview/C7881BC0D454B992492585EE0006F84A

【イベント】第25回 史料保存利用問題シンポジウム 続発する大災害から史料を守る―現状と課題―

2020年12月19日、日本歴史学協会などが主催する「第25回 史料保存利用問題シンポジウム 続発する大災害から史料を守る―現状と課題―」が、駒澤大学駒澤キャンパスで開催されます。

事前申込は不要で、資料代300円が必要です。以下の報告およびパネルディスカッション等が行われます。

●報告
・高村恵美氏(茨城史料ネット/常陸大宮市文書館)
「2019年台風19号による那珂川・久慈川流域の被災資料保全活動」

・山本英二氏(信州資料ネット/信州大学)
「2019年台風19号豪雨災害と信州資料ネット」

●特別報告
・国立公文書館統括公文書専門官室
「アーキビスト認証の実施について」

●パネルディスカッション
・パネリスト:高村恵美氏、山本英二氏
・司会:大友一雄氏(日本学術会議連携会員/国文学研究資料館教授)、熊本史雄氏(駒澤大学教授)
・コメント:久留島典子(第24期日本学術会議会員/東京大学史料編纂所教授)

国立国会図書館、NDL書誌情報ニュースレター2020年2・3号(通号53・54号)を公開

2020年9月25日、国立国会図書館(NDL)は、ウェブサイトに『NDL書誌情報ニュースレター』2020年2・3号(通号53・54号)を掲載しました。

第44回ISSNセンター長会議の報告、書誌フレームワークBIBFRAMEの海外動向、書誌データ提供サービスの変更のお知らせなどを掲載しています。

書誌データの作成および提供 更新情報(NDL)
https://www.ndl.go.jp/jp/data/news.html
※2020年9月25日付けのお知らせに、ニュースレターの公開が掲載されています。

NDL書誌情報ニュースレター2020年2・3号(通号53・54号)
https://www.ndl.go.jp/jp/data/bib_newsletter/index.html

【イベント】「魅せる」オンライン図書館見学会の作り方~専門図書館編~(10/8・オンライン)

2020年10月8日、図書館総合展運営委員会の主催で、図書館総合展のプレイベントとして「「魅せる」オンライン図書館見学会の作り方 ~専門図書館編~」が開催されます。

11月にオンライン見学会の開催を予定している三康図書館の新屋朝貴氏により、準備段階の動画や、苦労した点、改善したい点等についての紹介が行われます。また、図書館総合展運営委員会の長沖竜二氏から、公共図書館や大学図書館での準備状況が紹介されます。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大下における「図書館見学スタイル」を模索する図書館・施設の職員が対象です。

定員は30人(先着順)で、事前の申込が必要です。

【プレイベント】「魅せる」オンライン図書館見学会の作り方 ~専門図書館編~(図書館総合展, 2020/9/23)
https://www.libraryfair.jp/news/9563

ページ