東南アジア

E415 - 東南アジアにおける日本研究資料の状況と司書育成支援

東南アジアにおいて,主に経済界の需要から日本語学習熱が高いのは周知の事実であり,もはや「熱」ではなく中等教育の段階から定着している。そうした日本語教育の背景あるいは延長として,日本文化を教育機関で教えることも当然盛んである。また,学術的な研究機関も日本研究の歴史が…

E282 - インド洋大津波による図書館の被害状況

特に,沿岸部の大半で津波の被害を受けたスリランカでは,国立図書館の調査により学校図書館177館,公共図書館53館,宗教施設の附属図書館68館が倒壊などの被害を受けたことがこれまでに明らかになっている。しかし,これは被害の一部であり,洪水のため交通が寸断されている地域の被害が…

E158 - 第12回東南アジア図書館人会議開催 <報告>

閉会式での大会実行委員長の総括のなかで,本会期中に,CONSALとオーストラリア図書館情報協会(ALIA)との間で協力合意書が締結されたと報告された。その内容は,(1) 各々の地域・社会における図書館情報サービス専門職分野での相手組織の立場を認め合うこと,(2) 互いの組織の総会や専門会…

CA648 - 「CONSAL第8回会議、6月にジャカルタで開催」 / 山口学

第8回東南アジア図書館人会議(Congress of Southeast Asian Librarians-CONSAL)が本年6月11日から14日まで,インドネシアの首都ジャカルタで開催される。CONSALは,東南アジアの図書館人の地域協力の促進を目的として,1970年にシンガポールで第1回会議が開催され,爾来3年おきにインドネシア,マレーシア…

CA646 - 学術情報センター(NACSIS)の国際共同研究に関する講演会 / 島村隆夫

NACSISが文部省の科学研究費補助金を受けて,NACSIS内外の研究者及び韓国,中国の専門家と協力して進めている国際共同研究「東アジア文字データベースの国際交換に関する実証研究」の第1回公開講演会が昨年12月12日国立国会図書館研修室で行われた。I.国立中央図書館が推進する国家文献情報…

ページ