イスラエル

イスラエル国立図書館、80万件弱の書誌レコードをWorldCatに追加

イスラエル国立図書館とOCLCは、非ラテン文字のデータを含む書誌レコードをWorldCatに追加する際の課題を検証し、解決することを目指すパイロットプロジェクトに取り組んでいましたが、このほどこのプロジェクトが完了し、WorldCatにイスラエル国立図書館の書誌レコード80万件弱と所蔵情報110万件が新たに追加されたということです。新しいレコードのほとんどはヘブライ文字ですが、一部にアラビア文字とキリル文字のものも含まれています。

OCLCのニュースリリース
http://www.oclc.org/news/releases/200848.htm

盗まれたイスラエルの図書館の貴重書、ドイツで発見

10年前、イスラエルのテル・アビブにあるRambam図書館で、1793年製作のユダヤ法の論文の手稿が盗まれました。このほど、その手稿がドイツ国立図書館で発見され、イスラエルへ返還される見通しになりました。ドイツ国立図書館ではこの手稿が盗難品であることを把握していませんでした。この手稿は、返還が決まってからは、イスラエルの「多大な好意」の下で、展示されているということです。

Stolen manuscript to be returned to Tel Aviv's Rambam library
- Jerusalem Post 2008/9/9付けの記事
http://www.jpost.com/servlet/Satellite?cid=1220802294373&pagename=JPost%2FJPArticle%2FShowFull

ウェブブラウザ上で「巻ける」死海文書(イスラエル)

エルサレムにあるイスラエル博物館が、2008年3月から公開している新ウェブサイトでは、“Great Isaiah Scroll”と“Temple Scroll”の2つの死海文書が展示されています。これらは“Scroll”(巻物)という名称のとおり、ウェブブラウザ上でスクロールさせて(巻いて)見ることができます。拡大して見ることも可能になっています。

Great Isaiah Scroll
http://www.imj.org.il/shrine_center/Isaiah_Scrolling/index.html
Temple Scroll
http://www.imj.org.il/shrine_center/Temple_Scrolling/index.html
(それぞれ、画面上の“To view the scroll”をクリックすると見られます。)

ページ