メキシコ

テキサス大学図書館、1877年から1922年までのテキサス州とメキシコの地図のデジタル化プロジェクトを完了

米国テキサス大学図書館が、1877年から1922年までのテキサス州とメキシコの地図のデジタル化に関する3年半のプロジェクトを完了したと発表しています。米国の保険会社サンボーン(Sanborn)社が作成した1万件以上の火災保険地図を同館や米国議会図書館(LC)でスキャンしたとのことです。

Libraries Complete Fire Maps Scanning Project(テキサス大学のニュースリリース)
http://www.utexas.edu/news/2011/02/08/sanborn_maps/

参考:
プリンストン大学図書館、ニュージャージー州の古地図のデジタル化を完了
http://current.ndl.go.jp/node/16125

「メキシコ電子図書館」が公開される

2010年11月23日に、メキシコ電子図書館(Biblioteca Digital Mexicana;BDMx)が公開されたようです。このBDMxは、メキシコ国立公文書館(Archivo General de la Nación)、国立人類学・歴史図書館(Biblioteca Nacional de Antropología e Historia)等4機関が、ユネスコの進めるワールド・デジタル・ライブラリー(WDL)へ協力したことがきっかけで設立されたもので、現在は、それぞれの機関が所蔵する、500年から1949年までの資料約20点が登録されているとのことです。

Biblioteca Digital Mexicana
http://bdmx.mx/

“Mexico Launches Digital Library” (2010/11/25付け Resource Shelfの記事)
http://web.resourceshelf.com/go/resourceblog/62185

Ponen en marcha Biblioteca Digital Mexicana (2010/11/26付け Nocicieros Televisaの記事)

アメリカ大陸で初めて出版された著作物を集めた電子図書館“Primeros Libros”が公開

2010年8月19日、アメリカ大陸で初めて出版された著作物を集めた電子図書館“Primeros Libros”が公開されました。これは、メキシコのプエブラ自治栄誉大学のホセ・マリア・ラフラグア歴史図書館(Biblioteca Histórica José María Lafragua)を中心としたプロジェクト「アメリカ大陸での最初の本、世界の図書館にある16世紀メキシコの印刷物」(Los primeros libros de las Américas. Impresos mexicanos del siglo XVI en las bibliotecas del mundo)の成果によるものです。このプロジェクトは、アメリカ大陸で初めて印刷された本、すなわち16世紀のメキシコにおいて出版された本をデジタル化し無料公開するもので、これらの本に関する知識を広めるとともに、これら文化的な資料に対する関心を高めることを目的としているとのことです。なお、このプロジェクトには、メキシコ国内からラス・アメリカス大学の図書館やプエブラ州にあるアメリカ大陸最古の公共図書館Biblioteca Palafoxianaが、そして国外からは米国テキサス大学オースティン校やテキサスA&M大学、スペインのマドリード・コンプルテンセ大学などの図書館が参加しているとのことです。

マヤデジタルライブラリー“Biblioteca Digital Maya U Kúuchil Na’at”が公開

2010年7月31日、マヤデジタルライブラリー“Biblioteca Digital Maya U Kúuchil Na’at ”(U Kúuchil Na’atはマヤ語で「知識の館」という意味)のプロトタイプが公開されました。この“Biblioteca Digital Maya”は、中米のユカタン半島に住むマヤの人々の知識や歴史、伝統を収集し、提供するものです。現在、“Biblioteca Digital Maya”には、書籍や音楽、写真やビデオなどのデジタルコンテンツを登録中であり、今後も徐々にコンテンツ数を増やしていくとのことです。

Biblioteca Digital Maya U Ku'uchil Na'at
http://bidimaya.proindigenas.org/index.php

BOLETÍN DE PRENSA SOBRE EL LANZAMIENTO DE LA BIDI MAYA UKN(2010/8/1付け ProIndigenas - Información y Comunicaciónのニュース)
http://www.proindigenas.org/index.php

Alistan Biblioteca Digital Maya (2010/7/20付け Informador.com.mxの記事)

「図書館で夏休み」メキシコで始まる

2010年7月5日からメキシコで「図書館で夏休み」という、児童向けのプログラムが始まったとメキシコ各紙が報じています。これは、メキシコ国内各地の公共図書館で児童が夏休み期間中に本に親しむ機会を設けるもので、例年行われているものです。プログラムでは、科学や歴史など様々なテーマを子どもたちが調べ、それを通じて遊びながら学ぶことの大切さを子どもたち自身が発見することを目的にしているとのことです。

Arranca el programa Mis Vacaciones en la Biblioteca (2010/7/5付け 文化と芸術のための国民評議会のプレスリリース)
http://www.conaculta.gob.mx/sala_prensa_detalle.php?id=5700

Mis Vacaciones en la Biblioteca (「図書館で夏休み」2009年の様子)
http://65.99.205.133/~dgbcona/index.php?option=com_content&task=view&id=263&Itemid=250

"Mis Vacaciones en la Biblioteca" (2010/7/4付け Diario de Queretaroの記事)

「インフルエンザ」をGoogleで検索する人の数から、インフルエンザの流行を推測

Google社が開設している社会貢献部門“Google.org”では、Google検索で「インフルエンザ」が検索される回数と、実際のインフルエンザとの流行との間に高い相関関係があることに注目し、米国各州におけるインフルエンザの流行を、従来のシステムよりも2週間早く予測する試み“Google Flu Trends”を行っています。このほど、同プロジェクトの一環として、豚インフルエンザ(swine influenza)の発生源とされるメキシコでの流行を予測する“Experimental Flu Trends for Mexico”が開設されました。

Experimental Flu Trends for Mexico - Google.org
http://www.google.org/flutrends/intl/en_mx/index.html

Explore flu trends across the U.S.
http://www.google.org/flutrends/
Google Flu Trends | How does this work?
http://www.google.org/about/flutrends/how.html
(※従来から開設されていた米国におけるインフルエンザの流行予測サイトとその解説)

豚インフルエンザのためメキシコシティとその近郊の図書館等、閉鎖中

豚インフルエンザ(swine influenza,swine flu)が流行しているメキシコでは、首都メキシコシティとその近郊の図書館、美術館、劇場、映画館などが4月24日から当面、閉鎖されているようです。

Museos, teatros, bibliotecas y cines cierran en México por la gripe porcina - Prodigy / MSN Noticias - Fotogalerías - Noticias
http://noticias.prodigy.msn.com/Fotogalerias/brote_influenza.aspx?cp-documentid=19287637

E827 - 「動くコンピュータ教室」,2008年「学習へのアクセス賞」獲得

ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団が授与している「学習へのアクセス賞」(E245E374E559E691参 照)に,2008年はメキシコ・ベラクルス州 教育省が進めるコンピュータ・インターネット教育プログラム“Programa Vasconcelos”が選ばれた。このプログラムはベルトラン(Fidel Herrera Beltran)州知事が2005年から5年計画で進めているもので,Vasconcelosとは,現代メキシコの教育の発展に寄与した哲学者,教育大臣 の名にちなんでいる。...

2008年学習へのアクセス賞はメキシコのITトレーニング・バスに-IFLA大会でゲイツ氏の父が授賞(※訂正あり)

ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団がコンピュータとインターネットを無料で提供し、人々と情報をつなぐ活動をしている図書館・団体等を表彰する「学習へのアクセス賞(Access to Learning Award)」の2008年受賞者が、2008年8月13日、国際図書館連盟(IFLA)ケベック大会で発表されました。

受賞したのは、メキシコ・ベラクルス州教育庁が運営するVasconcelosプログラムで、これは、州内全域に、ノートパソコン、サーバ、インターネットにアクセスするための衛星通信受信設備、プロジェクターなどを備えたバスを走らせ、特に貧困地域の人々にIT利用機会を提供するとともに、ITスキルの研修を行うというものです。同プログラムには賞金100万ドルが贈られます。

ページ