公立図書館

【イベント】京都府など、国際京都学シンポジウム「時の詩(うた)―京都の記憶を世界へ―」を開催(9/19・京都)

2015年9月19日、京都府、舞鶴市、京都府立大学、京都新聞などが主催する国際京都学シンポジウムの第1回、「時の詩(うた)―京都の記憶を世界へ―」が京都劇場を会場に開催されます。

国宝「東寺百合文書」と「シベリア抑留や引き揚げに関する資料」がユネスコ世界記憶遺産の登録候補となっていることをうけ、歴史資料が語り継ぐ記憶に焦点をあて、価値や意義を問い、資料群の保存や活用の未来像などについても迫るものとのことです。

講師とプログラムは以下予定されています。
●能『屋島』(観世流能楽師・河村晴久氏)
●基調講演「世界と京都の記憶遺産」(近藤外交・文化研究所代表、前文化庁長官・近藤誠一氏)
●記念講演「人間の暮らしと記憶」(直木賞作家・髙村薫氏)
●鼎談「歴史を刻む、未来へ伝える」(司会:京都府特別参与、京都大学名誉教授・金田章裕氏と上記3名)

定員は600名で、事前申込制、8月10日まで受付けているとのことです。

また、10月12日には第2回として「東寺百合文書の現在と未来」、第3回として「港を行き交う記憶― 舞鶴引き揚げ資料から ―(仮)」が開催する予定とのことです。

文化スポーツ部 文化政策課(京都府 ※2015/7/14付で「新着情報」に「国際京都学シンポジウム『時の詩(うた)―京都の記憶を世界へ―』9月開催のお知らせ」とあります。)

沖縄県立図書館、与那国町と久米島町で移動図書館を実施

沖縄県立図書館が、与那国町と久米島町で移動図書館を実施し、その様子を2015年7月13日に図書館のウェブサイトで公開しています。

与那国町では、2015年4月18日・19日に同町の複合型公共施設で移動図書館を実施したとのことです。また、沖縄県立図書館の一括貸出を活用している比川地域共同売店の様子が紹介されており、商品の隣に図書館の本や購入できる雑誌などが並んでいるとのことです。

久米島町では、2015年4月25・26日に具志川農村改善センターで移動図書館を実施したとのことです。

お知らせ
http://www.library.pref.okinawa.jp/topics.jsp?type=TopicsTopPage&select=%A4%AA%C3%CE%A4%E9%A4%BB
※「与那国町、久米島町で移動図書館を開催しました(2015年7月13日)」とあります。

平成27年度移動図書館の開催報告(沖縄県立図書館)
http://www.library.pref.okinawa.jp/list_typeA.jsp?menuid=256&funcid=2

与那国町移動図書館の開催報告(沖縄県立図書館)

静岡市立清水中央図書館、所蔵する『徳川文庫-慶喜家コレクション-』の一部をデジタル化し、館内で公開

2015年7月24日、静岡市立清水中央図書館が、同館で所蔵している『徳川文庫-慶喜家コレクション-』について、資料の一部をデジタル化し、館内で閲覧できるデータベースを公開中と発表しています。

徳川文庫-慶喜家コレクション- デジタル資料の公開について(静岡市立図書館,2015/7/24)
http://www.toshokan.city.shizuoka.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=551&comment_flag=1&block_id=412#_412

カナダのウィンザー公共図書館に設置されたオンデマンド印刷機エスプレッソ・マシーン、3年間で10,699冊の書籍を印刷

2015年7月21日付のThe Windsor Starによると、2012年にカナダで初めてオンデマンド印刷機であるエスプレッソ・マシーンを設置したウィンザー公共図書館で、3年間で10,699冊の書籍が印刷されたとのことです。

住民は同機器で絶版本の印刷ができるが、98%の利用が自費出版のためで、これまで、248タイトルの作品が作成されたようです。

また、それらの作品は、英語・アラビア語・ポーランド語・スペイン語・フランス語で書かれ、作者は10代から80代まで、種類も児童書・教科書・回想録・小説・ハウツー本・家系図があるとのことです。

図書館で作成された本には書店で販売されているものもあるようです。

担当のPerry氏は、同機器の設置により、作家グループが誕生し、住民が自身の著作を出版する機会を与えることとなったと述べています。

With 10,699 books printed, Windsor library’s self-publishing machine is a hit(The Windsor Star,2015/7/21)

E1691 - 「としょつくVol.1~魅力的な本棚をつくる」

 奈良県立図書情報館では,5月9日に「としょつくVol.1~魅力的な本棚をつくる」編集編を,6月28日に設計編を開催した。このワークショップは「魅力的な本棚とは?」をメインテーマに,館の所蔵資料からテーマに沿った本をセレクトする編集編と,それを受けて,セレクトされた本をどのように見せるのか,本棚を参加者が実際に製作してディスプレイする設計編とで構成されている。

玉野市、市立図書館の利用者などを対象に「新☆図書館&公民館を創るワークショップ」を開催

2015年7月から9月まで、玉野市では、市内に在住、在学、在勤している人、または日常的に玉野市立図書館・中央公民館を利用している人を対象に、2017年4月に開館する予定の新図書館と中央公民館について考えるワークショップが開催されます。

7月30日と8月1日に第1回が、8月21日と22日に第2回が、9月12日に第3回が開催されるとのことです。

【参加者募集】新☆図書館&公民館を創るワークショップ(玉野市, 2015/7/18)
http://www.city.tamano.lg.jp/docs/2015071000024/
http://www.city.tamano.lg.jp/docs/2015071000024/files/annnaitirasi.pdf
https://www.youtube.com/watch?v=JTF1cEaPc0s
※2つ目のリンクは募集チラシで、3つ目のリンクは、指定管理者(図書館流通センター)によるプレゼンテーションです。

Facebook(玉野市立図書館, 2015/7/18)

大分県日出町の複合施設(「交流ひろばHiCaLi」)内に日出町立図書館が開館

2015年7月18日、大分県の速見郡日出町に日出町立図書館のほか、多目的室の貸し出しスペースや幼児の一時預かり室なども備えた「交流ひろばHiCaLi」がオープンしました。

日出(ひじ)の“HiJi”、交流、学び、子育て支援が「できる」の“Can”、図書館の“Library”から“HiCaLi”と名付けられたとのことです。

7月26日には、日出町立図書館の開館記念の講演会も開催されます。

町立図書館(日出町子育て・教育支援サイト「トコトコ」, 2015/7/17)
http://www.town.hiji.oita.jp/page/hiji-library.html

交流ひろば HiCaLi (多目的エリア) (日出町, 2015/7/17)
http://www.town.hiji.oita.jp/page/multipurpose-area.html

日出町立図書館開館記念 落合恵子講演会(日出町)
http://www.town.hiji.oita.jp/events/detail/32
http://www.town.hiji.oita.jp/files/EventFile_6_file.pdf
※2つ目のリンクは講演会に関するリーフレットです。

Facebook(日出町, 2015/3/26、7/6、7/9)

山中湖情報創造館、ボードゲームの館内貸出し開始 あわせて月1回ペースで「ボードゲームの日」も実施

6月から、山中湖情報創造館で、ボードゲームの館内貸出しを始めているようです。館内貸出しをしているゲームは以下の通りです。

・ガイスター
・カルカソンヌ
・キング・オブ・トーキョー
・チケット・トゥ・ライド
・Gaming Stadium 20 (オセロ、チェス、囲碁(9+13路盤)など20種類の定番ゲームが1つの箱に!)
・トランプ(3セット)
・Scrabble(スクラブル)
・RISK(リスク)

あわせて、月1回ペースで「ボードゲームの日」を実施するようです。

ボードゲームを始めました(山中湖図書情報館Blog,2015/6/19)
http://www.lib-yamanakako.jp/web/blogger.html#/detail/1441233233657423732

山中湖の図書館でボードゲームの貸し出し 「ボードゲームの日」定期開催も(富士山経済新聞,2015/7/17)
http://mtfuji.keizai.biz/headline/317/

参考:
図書館で貸出しできるモノ、拡大中。米国サクラメント公共図書館が“Library of Things”を開始
Posted 2015年3月16日
http://current.ndl.go.jp/node/28161

伊丹市立図書館ことば蔵「第1回タイトルだけグランプリ」開催

伊丹市立図書館ことば蔵が「第1回タイトルだけグランプリ」への作品を募集しています。

自分で考えた架空の本のタイトル10文字以内とサブタイトル20文字以内を募集しており、応募作品はことば蔵で展示し、来館者の投票と専門家の審査で、4つのグランプリを決定するとのことです。

募集期間は、2015年9月6日(日曜日)まで(必着)とのことです。

第1回タイトルだけグランプリ 自分で考えた架空の本のタイトルだけ募集
(伊丹市立図書館 ことば蔵)
http://www.city.itami.lg.jp/SOSIKI/EDSHOGAI/EDLIB/boshuu/1435388783211.html

【イベント】Wikipedia ARTS 大阪新美術館コレクション(8/30・大阪)

2015年8月30日、市民がみんなで地域のARTS(文化芸術)について調べて、Wikipediaの記事にまとめ、情報提供するプロジェクト、Wikipedia ARTS(ウィキペディア アーツ)が、大阪市立中央図書館にて開催されます。

今回は、2020年度までに中之島で開館を目指している、大阪新美術館(準備室)のコレクションをテーマに、菅谷富夫氏(大阪新美術館建設準備室 研究主幹)のレクチャーを受けた後に、大阪市立中央図書館にある関連する文献を調べてウィキペディアの記事を作るとのことです

主催は、ARTLOGUEと大阪市立中央図書館で、大阪新美術館建設準備室とオープンデータ京都実践会アート部が協力、OpenGLAM JAPANが後援しています。

参加費は無料で、定員は50名、できるだけ事前にWikipediaのアカウントを作成していることが望ましいとされています。

Wikipedia ARTS 大阪新美術館コレクション
https://artlogue.doorkeeper.jp/events/27728

市民エディター集まれ!大阪新美術館のコレクションをWikipediaに載せよう!(大阪市立図書館,2015/7/17)

ページ