公立図書館

岡山県立図書館、国際バカロレア候補校の授業内容を紹介する展示企画「学びが変わる!国際バカロレアの授業をのぞいてみよう!」を開催中

2020年11月15日から12月10日まで、岡山県立図書館が同館ティーンズコーナーにおいて、展示企画「学びが変わる!国際バカロレアの授業をのぞいてみよう!」を開催しています。

同展示は、国際バカロレアDP(ディプロマ・プログラム)認定校・MYP(中等教育プログラム)候補校である岡山市の朝日塾中等教育学校によって製作されました。対話型の授業やレポートやポスター、作品などを学びの成果として評価することで、楽しく実践的な勉強ができるMYP授業の魅力について、同校の5教科それぞれの成果物とその学びを深める本を通した紹介が行われています。

ティーンズコーナー展示「学びが変わる!国際バカロレアの授業をのぞいてみよう!」(岡山県立図書館)
http://www.libnet.pref.okayama.jp/event/tenji/image/2020/teens/11season3/asahijuku.html

荒尾市(熊本県)、株式会社紀伊國屋書店・荒尾シティプラン株式会社と「荒尾市立図書館の質の向上とあらおシティモールの活性化に関する協定」を締結

2020年11月17日、熊本県の荒尾市が、株式会社紀伊國屋書店・荒尾シティプラン株式会社と「荒尾市立図書館の質の向上とあらおシティモールの活性化に関する協定」を締結したと発表しています。

報道等によると、紀伊國屋書店が、2022年春にあらおシティモール内に移転開館する同館の指定管理者となり、紙資料に加え、さまざまなデータベースや電子コンテンツを取りそろえるほか、学校教育・社会教育で連携し学習支援につなげていくとのことです。

荒尾市立図書館の質の向上とあらおシティモールの活性化に関する協定を締結しました(荒尾市,2020/11/17)
https://www.city.arao.lg.jp/q/aview/161/17754.html

稲城市立図書館(東京都)、期間限定「外で読もうデー!」を開催:喫茶では特別メニューを用意

東京都の稲城市立図書館が、2020年11月21日から23日までの3日間、「外で読もうデー!」を開催します。

同館の交流広場に席や本棚を設置するもので、その場で本を借りることもできます。同館の喫茶では、特別メニューとして「マンハッタンドーナッツ」「クラムチャウダー」が用意されます。

荒天候(強風・雨天)の場合は中止です。

【中央】三連休限定「外で読もうデー!」(稲城市立図書館,2020/11/14)
http://www.library.inagi.tokyo.jp/index.php?key=joh1g0ddw-554#_554

@Inagilib(Twitter,2020/11/15)
https://twitter.com/Inagilib/status/1327934025776828417

【イベント】三多摩図書館研究所主催学習会「公文書管理と公立図書館 ー アーカイブズ機能が公立図書館にもたらすもの ー」(12/13・日野)

2020年12月13日、東京都日野市の日野宿交流館において、三多摩図書館研究所主催学習会「公文書管理と公立図書館 ー アーカイブズ機能が公立図書館にもたらすもの ー」が開催されます。講師は、弁護士で東洋大学副学長・法学部法律学科教授の早川和宏氏です。

「図書館資料」のうち、公文書由来の資料・個人由来の資料は、知る権利の実現に仕え、住民自治を実質化するという性質を持つとし、講演では、公文書管理、アーカイブズという視点を用い、公立図書館の将来像の一つを描いてみるとしています。

定員は20人(申込先着順)で、参加費は500円です。

公文書管理と公立図書館ーアーカイブズ機能が公立図書館にもたらすものー[PDF:1ページ](三多摩図書館研究所)
http://www.santoken.org/santamatoshokankenkyuujo/hayakawa202012-02.pdf

豊橋市中央図書館(愛知県)、「羽田八幡宮文庫展」を開催中:同文庫旧蔵資料の市有形文化財指定を記念

2020年11月14日から12月27日まで、愛知県の豊橋市中央図書館2階展示コーナーで「豊橋市文化財指定記念 羽田八幡宮文庫展」が開催されます。

羽田八幡宮文庫は、嘉永元年(1848年)に神主の羽田野敬雄らが羽田八幡宮内に開設した私設文庫で、豊橋市図書館・羽田八幡宮・湊神明社などが同文庫の旧蔵資料を所蔵しています。2020年7月29日に3団体の文庫旧蔵資料が豊橋市の市有形文化財に指定されたことを記念して、主な同文庫旧蔵資料を展示・紹介することを目的に、同展示企画が開催されています。

神戸市須磨区の大丸須磨店4階に神戸市立名谷図書館が2021年3月24日に開館:「多世代共生の街に相応しい図書館」を目指して整備中

2020年11月11日、神戸市は、同市須磨区の大丸須磨店4階に開館する新図書館として整備中の神戸市立名谷図書館について、開館情報や館内の設備・レイアウト等の概要を発表しました。

神戸市立名谷図書館は、2021年3月24日に12番目の市立図書館としての開館を予定しています。神戸市は2020年の2月から3月にかけて名谷図書館に関するアンケート調査を実施しており、幅広い年齢層から得られた1,403件の回答を踏まえて、「多世代共生の街に相応しい図書館」を目指しています。

名谷図書館の整備にあたっては、アンケートの結果に基づいて、図書館の両端に分離した一般書・雑誌コーナーと児童書コーナーの設置などの「図書館らしい静かな空間と多少の賑わいを許容しあえる空間の両立」、座席管理システムの導入による一部座席の予約制実施などの「学生や社会人の読書や学習の支援」、オープンスペース内に設けられ休館日も利用できる飲食可能なキッズコーナー・新聞閲覧コーナー設置などの「地域に暮らす人の憩いとコミュニケーションの場づくり」の3方針が掲げられています。

名谷図書館は、2019年12月に神戸市が発表した人口減少対策「リノベーション・神戸」の第2弾における「名谷活性化プラン~躍動する多世代共生のまちへ~」の一環として整備が進められています。

山形県立図書館、ドローンを利用して撮影した同館のPRムービー「魅力満載!県立図書館」を公開

2020年11月14日、山形県立図書館は、ドローンを利用して撮影した同館のPRムービー「魅力満載!県立図書館」の公開を発表しました。

YouTube上での公開であり、上空からの同館の前景、高層書架上からの映像など、普段は見られない視点での映像により同館の魅力を伝える内容とあります。同館は、改修工事を経て2020年2月1日にリニューアルオープンしていました。

山形県立図書館PRムービー公開のお知らせ(山形県立図書館, 2020/11/14)
https://www.lib.pref.yamagata.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=301&comment_flag=1&block_id=868

静岡市立図書館・静岡市立登呂博物館連携事業、本のひろば「登呂遺跡に移動図書館がやってくる!!」を開催

2020年11月15日、静岡市立登呂博物館が、登呂遺跡の広場で野外読書イベントとして本のひろば「登呂遺跡に移動図書館がやってくる!!」を開催しました。

静岡市立図書館との連携事業で、登呂遺跡に移動図書館車「ぶっくる」を巡回させ、博物館が用意した特設ピクニックシートで読書できるようにしたほか、復元水田を背景としたおはなし会も開催されました。

キッチンカーでのハンドドリップコーヒーの販売も行われています。

本のひろば(静岡市立登呂博物館,2020/11/10)
https://www.shizuoka-toromuseum.jp/event_info/1982/

本のひろばを開催![PDF:2ページ](静岡市,2020/11/11)
https://www.city.shizuoka.lg.jp/000872513.pdf

生誕90周年を記念し水戸市立中央図書館2階の深作欣二記念室が人数・日時限定で特別公開

映画監督の故深作欣二氏の生誕90周年を記念し、茨城県の水戸市立中央図書館2階に所在する深作欣二記念室が人数・日時限定で特別公開されています。

深作監督の没後6年の2009年、『キネマ旬報』『映画芸術』『月刊シナリオ』等の雑誌や図書類約4,000点、LD ・ビデオ・CD類約300点、日本アカデミー賞最優秀監督賞のトロフィー類、愛用の時計やサングラス、書棚といった遺品が、遺族から同氏の出身地である水戸市に寄贈されました。

これまで一般公開の機会は限られていたところ、生誕90周年を記念し、今回、特別公開をすることになったものです。

日程は、2020年10月18日・11月15日・2021年1月16日・3月6日の、各日11時から11:30と13時から13時30分の開催で、各回先着順で5人までです。参加費は無料です。

深作欣二記念室 特別公開(Fukasaku90mito)
https://fukasaku90mito.site/event.html#event05

松山市立図書館の移動図書館「つばき号」、「つくるたのしみ 食べるたのしみ」がテーマの「お城下マルシェ花園」に参加

愛媛県の松山市立図書館は、同館の移動図書館「つばき号」が、2020年11月15日に「つくるたのしみ 食べるたのしみ」をテーマに花園町通り商店街で開催された「お城下マルシェ花園」に参加することを発表していました。

料理の本や食べものが出てくる絵本等、一般書・児童書合せて約3,000冊を積んで参加するとしており、ピクニックテーブルセットを設置するほか、おはなし会も実施するとしています。

花園町通りで開催される「お城下マルシェ花園」に移動図書館「つばき号」が参加します(松山市,2020/11/9)
https://www.city.matsuyama.ehime.jp/hodo/202011/idou20201115.html

ページ