議会図書館

日本図書館協会(JLA)分類委員会、国立国会図書館(NDL)との共同研究によるNDC新訂8版および9版データを公開

2019年3月13日、日本図書館協会(JLA)分類委員会が、日本十進分類法(NDC)新訂8版データ(ndc8)およびNDC9版データ(ndc9)を、一般社団法人メタデータ基盤協議会が運営するMetaBridgeに統制語彙として登録し、2019年3月12日から公開したと発表しています。クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC BYで公開されています。また、同委員会のウェブページからもダウンロード可能です。

同委員会では、国立国会図書館(NDL)電子情報部と共同で、2015年度・2016年度に「日本十進分類法のLinked Data形式化に係る共同研究」を実施しましたが、その成果を利用できるよう公開したものです。

日本図書館協会分類委員会 お知らせ
https://www.jla.or.jp/committees/bunrui/tabid/187/Default.aspx
※2019/03/13欄に「共同研究によるNDC新訂8版および9版データを公開しました。」とあります。

韓国国会図書館(NAL)、同館主導で創設した韓国学術情報協議会に「第4次産業革命対応」「国家学術情報ニューラルネットワーク形成」「著作権法改正」に関する分科委員会を設置

2019年3月13日、韓国国会図書館(NAL)が、同館が主導して創設した韓国学術情報協議会に、図書館界の未来の変化と革新をリードし学術情報の共同活用と連携を強化するため、「第4次産業革命対応分科委員会」「国家学術情報ニューラルネットワーク形成分科委員会」「著作権法改正分科委員会」を設置したと発表しています。

分科委員会の委員は、国会図書館・法院図書館・西江大学校図書館・漢陽大学校図書館・韓国科学技術情報研究院・韓国著作権委員会などから選出されています。

同日開催された会議では、ビックデータ・クラウド・ブロックチェーン等の第4次産業革命の中心技術の図書館での活用案や、デジタル時代の著作権法に関する課題への共同対応などが議論されました。

国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)に、「岩手県の自然災害と東日本大震災に関する資料リポジトリ」を追加

2019年3月13日、国立国会図書館(NDL)は、国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)に、「岩手県の自然災害と東日本大震災に関する資料リポジトリ」を追加しました。

このリポジトリは,岩手大学図書館,岩手大学地域防災研究センターが所蔵する,岩手県の自然災害および東日本大震災に関する資料を収録するものです。

岩手県の自然災害と東日本大震災に関する資料リポジトリ (岩手大学) ~ひなぎく新規追加コンテンツからの紹介(52) (国立国会図書館東日本大震災アーカイブ, 2019/3/13)
http://kn.ndl.go.jp/static/2019/03/13

岩手県の自然災害と東日本大震災に関する資料リポジトリ
http://rndd.iwate-u.ac.jp/

勝海舟の旧蔵文書753点が国立国会図書館デジタルコレクションで公開

2019年3月12日、国立国会図書館(NDL)は、勝海舟の旧蔵文書753点を国立国会図書館デジタルコレクションで公開しました。

その他、古典籍資料、憲政資料、日本占領関係資料、プランゲ文庫について、上記の753点を含む合計約4,900点を国立国会図書館デジタルコレクションに追加しました。これで国立国会図書館デジタルコレクションで提供するデジタル化資料は約269万点となりました。

2019年3月12日 「勝海舟関係文書」を全点、国立国会図書館デジタルコレクションで公開しました。(NDL, 2019/3/12)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2018/190312_02.html

2019年3月12日 古典籍、憲政資料等約4,900点を「国立国会図書館デジタルコレクション」に追加しました(NDL, 2019/3/12)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2018/190312_01.html

米国議会図書館(LC)、CRSレポートを提供するポータルサイトに新たに2種類の報告書(In Focus・Insight)を追加

2019年3月8日、米国議会図書館(LC)が、LCの議会調査局(CRS)が刊行するレポートを提供するポータルサイトに、新たに2種類の報告書を追加したと発表しています。

様々な政策課題に関して2ページ程度で要約した説明資料である“In Focus”と、動きが早い問題やより焦点を絞った課題に対して短文形式で分析した“Insight”の2種類です。

New CRS Content Now Online(LC,2019/3/8)
https://blogs.loc.gov/loc/2019/03/new-crs-content-now-online/

Search CRS Reports
https://crsreports.congress.gov/

国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)に、国立国会図書館収集震災関係チラシ等及び3.11いわてNPOチラシアーカイブを追加

2019年3月11日、国立国会図書館(NDL)は、国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)に、国立国会図書館収集震災関係チラシ等及び3.11いわてNPOチラシアーカイブを追加しました。

前者は、NDLが東日本大震災に関するチラシ・小冊子等256点をデジタル化したものであり、NDL館内限定公開としています。後者は、特定非営利活動法人いわて連携復興センターが運営するアーカイブであり、同センターが収集した、主に岩手県内で東日本大震災からの復興支援活動を行った団体のチラシや資料が収録されています。

国立国会図書館収集震災関係チラシ等 ~ひなぎく新規追加コンテンツからの紹介(50) (国立国会図書館東日本大震災アーカイブ, 2019/3/11)
http://kn.ndl.go.jp/static/2019/03/11

『国立国会図書館月報』695号刊行:開館70 周年記念展示講演会のダイジェストを掲載

このほど刊行しました『国立国会図書館月報』695号(2019年3月)では、東京本館及び関西館で開催された開館70 周年記念展示講演会のダイジェストを掲載しています。

東京本館では国文学研究資料館長のロバート キャンベル氏による講演会「一冊の中には小宇宙~江戸時代のスクラップブックを開く~」が2018年10月27日に開催され、関西館では国際日本文化研究センター教授の井上章一氏による講演会「本でまなぶこと 街が教えてくれること」が2018年11月10日に開催されました。

『国立国会図書館月報』 695号(2019年3月) [PDF:5.8MB]
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_11242284_po_geppo1903.pdf?contentNo=1

E2109 - 第29回保存フォーラム「図書館建築と資料保存」<報告>

2018年12月21日,国立国会図書館(NDL)は,東京本館において第29回保存フォーラム「図書館建築と資料保存」を開催した。保存フォーラムは資料保存の実務者による知識の共有,情報交換を意図した場である(E2001ほか参照)。

米国議会図書館(LC)法律図書館、欧州議会図書館と連携協力に関する覚書を締結

2019年2月27日、米国議会図書館(LC)の法律図書館は、欧州議会のシンクタンク“European Parliamentary Research Service” (EPRS)の一部門である欧州議会図書館(European Parliament Library)と2月21日に連携協力に関する覚書を締結したと発表しています。

報告書等の準備、調査内容やレファレンスサービスの利用者への提供方法等に関する情報やベストプラクティスの共有により、図書館利用者へより良いサービスを提供することが目的です。また、蔵書構築や分類・主題といった目録作業に関する情報の共有も目的とされています。

Law Library of Congress and European Parliament Library Sign Memorandum of Understanding to Establish Collaborative Relationship(LC,2019/2/27)
https://www.loc.gov/item/prn-19-022/

ページ