JST(科学技術振興機構)

J-STAGEの公開ジャーナル数が500誌を突破

科学技術振興機構(JST)は、科学技術情報発信・流通総合システム「J-STAGE」の公開ジャーナル数が500誌を突破したと、11月のJ-STAGEニュース特別号で発表しています。

J-STAGE登載500誌達成! - J-STAGEニュース 特別号(2008年11月30日)
http://www.jstage.jst.go.jp/jnews/J-STAGE_NEWS_special.pdf

J-STAGE
http://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja

参考:
CiNiiからJ-STAGE、Journal@rchiveへ-システム連携が開始
http://current.ndl.go.jp/node/9399

JST、2008年度の電子アーカイブ対象誌を発表

科学技術振興機構(JST)が、2008年度の電子アーカイブ事業対象誌を発表しています。本年度は和文誌48誌をはじめとする、181誌が選定されています。

電子アーカイブ事業「電子アーカイブ対象誌」における平成20年度の選定結果について
http://www.jst.go.jp/pr/info/info577/index.html

平成20年度電子アーカイブ対象誌 一覧
http://www.jst.go.jp/pr/info/info577/besshi.html

参考:JST、2007年度の電子アーカイブ対象誌を発表
http://current.ndl.go.jp/node/6251

Journal@rchive」に新たに収録される雑誌が選定される
http://current.ndl.go.jp/node/4340

NIIとJSTが電子ジャーナル化事業における連携・協力についての覚書を締結

国立情報学研究所(NII)と科学技術振興機構(JST)は、学術雑誌の電子ジャーナル化事業について、それぞれの運営するNII-ELS(CiNii)とJ-STAGE及びJournal@rchiveに関し、電子化の重複を回避し、両法人の連携・協力によりさらに多くの学協会誌等の電子ジャーナル化を推進することを目的とした覚書を締結しています。

国立情報学研究所(NII)と科学技術振興機構(JST)の学術雑誌電子化関連事業の連携・協力について
http://www.nii.ac.jp/nels_soc/2008/10/niijst.html
http://info.jstage.jst.go.jp/society/jst-nii/index.html

「第5回情報プロフェッショナルシンポジウム」のプログラム公開

独立行政法人科学技術振興機構(JST)と社団法人情報科学技術協会(INFOSTA)が共催する「第5回情報プロフェッショナルシンポジウム」(2008年11月13日~14日、於:日本科学未来館)のプログラムが公開されています。

INFOPRO2008 第5回情報プロフェッショナルシンポジウム
(INFOSTAによる案内)
http://www.infosta.or.jp/symposium/infopro2008sankabosyu.html

(JSTによる案内)
http://johokanri.jp/infopro.html

プログラム
http://www.infosta.or.jp/symposium/2008pamphlet.pdf

ページ