デジタルアーカイブ

神奈川県立金沢文庫、2020年3月31日から「国宝 金沢文庫文書データベース」を公開

2020年3月27日、神奈川県立金沢文庫は、3月31日から「国宝 金沢文庫文書データベース」を公開すると発表しました。

同文庫では、称名寺(横浜市)が所蔵し同文庫が管理している国宝「金沢文庫文書」(4,149点)のデジタルアーカイブ化に取り組んでおり、そのうち500点の古文書の詳細情報が、高精細画像とともにインターネット公開されます。

各画像には、古文書のくずし字を読めるよう本文を活字体にした翻刻データがついており、また、年月日や人名、地名など、さまざまなキーワードから検索可能となっています。

全点公開に向けて、随時更新するとしています。

神奈川県立金沢文庫
https://www.planet.pref.kanagawa.jp/city/kanazawa.htm
※「3月31日(火)より、国宝 金沢文庫文書データベース公開」とあります。

東京大学総合図書館、『東京帝國大學五十年史』編纂時に収集された資料群「東京帝国大学五十年史料」のうち295点の画像をオンライン公開

2020年3月27日、東京大学総合図書館は、「東京帝国大学五十年史料」のうち、デジタル化及びメタデータの整備が完了した295点の画像をオンライン公開したことを発表しました。公開データは利用目的を問わず、特段の手続きなく利用可能とあります。

「東京帝国大学五十年史料」は、1932年刊行の『東京帝國大學五十年史』編纂にあたり収集された469点の資料群です。東京大学の歴史に関する公文書、記録、及び編纂のための参考図書等からなり、うち317点が「東京大学史関係資料」として重要文化財に指定されています。

重要文化財を含む「東京帝国大学五十年史料」を公開しました(東京大学附属図書館, 2020/3/27)
https://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ja/library/general/news/20200327-1

京都大学貴重資料デジタルアーカイブ、文学研究科所蔵の重要文化財「大日本史編纂記録」の第6冊から第10冊、第21冊から第50冊までを公開

2020年3月27日、京都大学貴重資料デジタルアーカイブは、文学研究科所蔵の重要文化財「大日本史編纂記録」の第6冊から第10冊、第21冊から第50冊までを公開したことを発表しました。

同大学の文学研究科と総合博物館は2018年度から「大日本史編纂記録」の修復・電子化事業を実施しており、修復・電子化が完了した第6冊から第10冊、第21冊から第50冊までの1,506画像が京都大学貴重資料デジタルアーカイブで公開されています。

「大日本史編纂記録」の修復・電子化事業は今後も引き続き行われ、その成果は随時京都大学貴重資料デジタルアーカイブで公開する、としています。今回の公開によって、京都大学貴重資料デジタルアーカイブの公開件数は、1万7,638タイトル、136万5,106画像となっています。

文学研究科所蔵重要文化財『大日本史編纂記録』第6冊から第10冊、第21冊から第50冊までを公開しました(京都大学貴重資料デジタルアーカイブ,2020/3/27)
https://rmda.kulib.kyoto-u.ac.jp/news/2020-03-27

国立公文書館、デジタルアーカイブへのデジタル画像約210万コマの追加を発表

2020年3月18日、国立公文書館が、2019年度に作成した特定歴史公文書等のデジタル画像約210万コマの、デジタルアーカイブへの追加を発表しています。

行政文書からは、昭和63年(1988年)の御署名原本や戦争調査会事務局書類等3万7,645コマ、内閣文庫からは外務省・司法省・大蔵省・内務省等旧蔵の和書149万1,424コマ、及び、紅葉山文庫・昌平坂学問所等旧蔵の漢籍57万1,642コマが対象です。

お知らせ(国立公文書館デジタルアーカイブ)
https://www.digital.archives.go.jp/news/
※2020.03.18欄に「新規画像追加のお知らせ」とあります。

デジタルアーカイブへのデジタル画像追加のお知らせ(国立公文書館)
http://www.archives.go.jp/owning/new/

新型コロナウイルス流行下における地域の経験を記録する:デジタルアーカイブ作成の取組(米国)

米・ウィスコンシン州ミルウォーキーのニュースを紹介するMilwaukee Magazineの2020年3月18日付け記事で、ウィスコンシン大学ミルウォーキー校で地域史の研究方法を教えるChristopher D. Cantwell氏とその学生らが構築したデジタルアーカイブ“COVID-19 MKE: A Milwaukee Coronavirus Digital Archive”が紹介されています。

同ウェブサイト構築の目的として、新型コロナウイルスの流行という歴史的な出来事を、ミルウォーキーがどのように経験したかを記録することを挙げています。

同ウェブサイト上のプロジェクト紹介ページによれば、経験を反映していると考えられる画像、ストーリー、映像、音声、電子メール等の投稿を幅広く受け付けており、想定される投稿対象として、人がいない通りや建物の写真、雇用主・組織・コミュニティからの通知、店舗や家に貼られた掲示の写真など、様々な例を示しています。

Europeana、ポータルサイト“Europeana Collections”の改訂を発表:高速化・検索性能の向上・教員のためのページの開設

2020年3月23日、Europeanaが、ポータルサイト“Europeana Collections”の改訂を発表しています。

高速化や検索性能の向上が図られたほか、今後、「女性の歴史」「アールヌーヴォー」といったテーマのオンラインリソースを公開する計画としています。

また、教員のためのページも開設され、学習シナリオ・MOOCs・アプリといった教員が文化遺産を教育に取り入れるための資源・ツールが提供されています。

今後数か月の間も改善は継続され、号単位での新聞記事検索や、検索キーワードのあるページの表示といった機能を持つ新しい新聞コレクションのページの構築や、特定の人物やトピックに関連する資料の入り口となるentityページの拡張等を行う予定であるとしています。

京都大学貴重資料デジタルアーカイブでアジア関係の絵葉書コレクション1,848点が公開

2020年3月19日、京都大学図書館機構は、アジア関係の絵葉書コレクションの画像を京都大学貴重資料デジタルアーカイブで公開したことを発表しました。

京都大学東南アジア地域研究研究所政治経済共生研究部門(貴志俊彦教授)が中心となり、2004年以降収集が行われてきたアジア関係の絵葉書のうち、同大学附属図書館に寄贈された1,848点の画像が、コレクション「絵葉書からみるアジア」として公開されています。

収集された絵葉書は、「日本」「中国」「中国(蒙古)」「中国(満洲)」「香港」「台湾」「朝鮮半島」「東南アジア」「ソ連/ロシア」「樺太/サハリン」「太平洋」といった広範な地域に及んでいるとあります。

【図書館機構】京都大学貴重資料デジタルアーカイブ: 附属図書館へ寄贈された「絵葉書からみるアジア」1848点を公開しました(京都大学図書館機構, 2020/3/19)
https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/bulletin/1384846

ページ