eラーニング

E1444 - 10周年を迎えたWebJunction

OCLCが運営する図書館員向けオンライン学習コミュニティWebJunctionは,2003年5月12日にビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団の支援を受けて始まり,10周年を迎えた。この10年,WebJunctionは図書館員のスキルアップや業務上の学習ニーズの変化に応えて発展してきた。これまでに米国各地や海外から80,000人以上の図書館員が,WebJunctionのトレーニングプログラムなどを利用してきた。また,米国の公共図書館のほぼ70パーセントがWebJunctionを活用してきたという。...

スペイン及びラテンアメリカの高等教育機関におけるオープンコースウェアの現状 マドリード工科大学等がレポートを刊行

スペインのマドリード工科大学(Universidad Politecnica de Madrid)が、国立遠隔教育大学(Universidad Nacional de Educacion a Distancia)等とともに、スペイン及びラテンアメリカの高等教育機関におけるオープンコースウェア(OCW)の現状を調査した結果をまとめ、レポートとして刊行しました。調査結果によると、スペインは米国に次いで2番目にOCWを提供する大学数が多いものの、一方でラテンアメリカでは少ないようです。その他レポートには、スペイン及びラテンアメリカのコンテンツ公開点数等のデータがまとめられています。

Aplicacion de tecnologias web emergentes para el estudio del impacto de repositorios OpenCourseWare espanoles y latinoamericanos en la Educacion Superior (PDF)
http://ocw.upm.es/informe-final-ocw

OCLC等による“MOOCsと図書館”イベント、今度は英放送大学図書館主催によりロンドンで開催

2013年6月12日に、英国の放送大学図書館は、米国のOCLC Researchと英JISCの協力を得て、MOOCsと図書館に関するイベント“MOOCs and Libraries: The Good, the Bad and the Ugly”を開催します。これは、3月18日-19日にOCLC Researchとペンシルバニア大学図書館が主催して開催した同様のイベントに触発されたものとのことです。

1st European MOOCs and Libraries Conference
http://www.open.ac.uk/library/training-and-events/moocs-and-libraries-event

OCLC Research Co-sponsors First European MOOCs and Libraries Conference in London on 12 July (OCLC 2013/5/30付けの記事)
http://www.oclc.org/research/news/2013/05-30.html

参考:
2013年3月開催のOCLC等によるイベント“MOOCsと図書館”、その動画・配布資料等が公開
http://current.ndl.go.jp/node/23378

E1433 - MOOCについて図書館員が知るべきことは?<文献紹介>

 2012年に世界の高等教育機関で急速に注目を集め,今なお発展し続けているMOOC(Massive Open Online Course)。大規模な無料オンライン講義の総称である。オンライン教育自体は新しいものではないが,教える側には今までにないほど多数の受講生に講義を提供できる点,学生には時間的に柔軟な受講形式や無料で一流大学の教員による授業を受けられる点が魅力となり,MOOCは拡大している。高騰し続ける従来型の大学教育コストと,新たなオンライン・インターフェースの登場もその背景にある。...

京都大学が日本で初めてMOOCコンソーシアムedXに参加

2013年5月21日、京都大学は、ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学によるMOOCコンソーシアム“edX”に、日本で最初に参加したと発表しました。今回、edXには世界から15の大学等が参加し、全部で27の機関となりました。特にアジアからの参加が初めてとのことで、京都大学の他に、香港大学、香港科技大学、北京大学、ソウル大学校、清華大学が参加を表明しています。

京都大学からedXへ配信する最初の講義は、上杉志成 物質-細胞統合システム拠点および化学研究所教授の「生命の化学: Chemistry of Life」で、今夏からの受講募集、2014年春の配信を予定しているとのことです。

日本で最初にedXのコンソーシアムに参加しました。(2013年5月21日) (京都大学 2013/5/21付けの記事)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news7/2013/130521_1.htm

EdX Expands xConsortium to Asia and Doubles in Size with Addition of 15 New Global Institutions (edX 2013/5/21付けのプレスリリース)

無料オンライン講義サイトCoursera、大手学術出版社と連携

無料オンライン講義サイトCourseraが、5つの学術出版社と連携することが発表されています。Cengage Learning社、Macmillan Higher Education社、オックスフォード大学出版局、SAGE社、Wiley社が、教科書のレンタルサービスを行うウェブサイト“Chegg”のDRM保護された電子書籍リーダーを介して、電子教科書をCourseraの学生に提供するとのことです。学生はCourseraが提供するコースの受講期間中のみ、受講している授業に必要な教材に無料でのアクセスが可能で、期間終了後の利用には個人での購入が必要になるとのことです。

なお、Courseraのようなサイトは、Massive Open Online Course(MOOC)と呼ばれています。

Collaborating with Publishers to Bring Courserians More Affordable, Accessible Educational Resources (Coursera Blog 2013/5/8付け)
http://blog.coursera.org/post/49930827107/collaborating-with-publishers-to-bring-courserians-more

大英博物館と4大学が英国MOOCプラットフォーム “FutureLearn”に参加

2013年5月3日、英国の大学等によるMOOCプラットフォーム“FutureLearn”に、大英博物館、ラフバラ大学、シェフィールド大学、グラスゴー大学、ストラスクライド大学が新たに加わりました。これにより、FutureLearnへの参加機関は24機関となりました。

British Museum and four more universities join the FutureLearn revolution (FutureLearn 2013/5/3付けの記事)
http://futurelearn.com/news/british-museum-and-four-more-universities-join-the-futurelearn-revolution/

2013年3月開催のOCLC等によるイベント“MOOCsと図書館”、その動画・配布資料等が公開

2013年3月18-19日に、OCLC Researchとペンシルバニア大学図書館の主催で開催されたイベント“MOOCs and Libraries: Massive Opportunity or Overwhelming Challenge?”の講演動画、講演資料等の記録が、OCLC Researchのブログ“Hangintogether”でまとめられています。

また、講演動画もOCLC ResearchのイベントページおよびOCL ResearchのYouTubeチャンネルで公開されているほか、同イベントのページで講演資料や当日のツイートまとめ等も提供されています。

MOOCs and Libraries Event Summarized in Series of Six Hangingtogether.org Blog Posts (OCLC Research 2013/4/19付けの記事)
http://www.oclc.org/research/news/2013/04-19.html

韓国国立中央図書館、図書館員の研修用iOSアプリをリリース

2013年3月12日に、韓国国立中央図書館は、図書館員の研修用のアプリ(iOS用)をリリースしました。既にアンドロイド版も提供されているようです。

「ビブリオセラピーの基礎」や「図書館と著作権」等の5講座が提供され、受講は無料のようです。

전국 어디라도 찾아간다! 사서교육의 내비게이션 등장 (韓国国立中央図書館 2013/3/12付けの記事)
http://www.nl.go.kr/nl/bodo/notice_view.jsp?board_no=6737&site_code=nl&notice_type_code=3&currentPage=0&srch=&searchWord=&cate_no=0

英JISC、Open Educational Resources(OER)ガイド集を公開

2013年3月27日、英国のJISCがOpen Educational Resources(OER)のリソースガイドを公開しました。OERの定義やOERのこれまでの経緯、OERの利活用の方法等の各種の情報がまとめられています。

A guide to open educational resources (JISC 2013/3/27付けの記事)
http://www.jisc.ac.uk/publications/programmerelated/2013/Openeducationalresources.aspx

ページ