コンソーシアム

E203 - 新しい出版社 - 図書館コンソーシアムが発足(英国)

リーディング・パートナーズは,TRAが率いる出版社と図書館のコンソーシアムであり,出版社5社(ファーバー,ハーレクイン,ハーパー・コリンズ,ペンギン,ランダムハウス)が参加する。また,博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)は,公共図書館のための長期戦略「将来への枠組み」…

E088 - 欧州の国立図書館が国際DOI財団に加盟

発表によると,今回の加盟は,2002年にIFLAと国際出版者協会(IPA)がDOI(注)の図書館界への普及促進は全国書誌を作成している国立図書館が担うのが望ましいとする提案をしたこと,および,それを受けて昨年の国立図書館長会議(CDNL)で国立図書館のIDF加盟の可能性を探ることが決められたことなど…

E062 - 韓国教育学術情報院が電子図書コンソーシアムを結成

"netLibrary"は,4万冊を超える参考図書や学術書等をブラウザを使ってオンラインで閲覧・プリントアウト・全文検索ができるサービスである。辞書機能がついているほか,各図書館のOPACと連動させて利用することも可能である。世界の5千5百以上の図書館等が利用している。Ref: http://www.oclc.org/ocl

S002 (試行版) - オハイオ州の図書館 館種を超えてオンライン情報資源の共同購入を開始

この試みは「SCEIC (Statewide Core Electronic Information Collection)」プログラムの一環である。SCEICは,オハイオ州立図書館と同州の3つの図書館ネットワーク(学校図書館のネットワーク「INFOhio」,大学図書館のプログラム「OhioLINK ( CA1165 参照)」,公共図書館のネットワーク「OPLIN ( CA1234 参照)」)が今年8…

ALA、図書館ネットワークに関する調査始める

ALAが米国における図書館ネットワーク、コンソーシアムに関する基礎的調査を始めたそうです。ALA begins online survey of library networks, cooperatives and consortiahttp://www.ala.org/ala/pressreleases2006/march2006/librarynetworkssurvey.htm

大学図書館研究 (75)

大学図書館研究No.75, Dec.2005<小特集>どこでも図書館MyLibraryサービスの現状と可能性-京都大学・同志社大学・立命館大学の実践から-天野絵里子・原健治・石井奈穂子九州大学附属図書館のMy Library甲斐重武・宮岡大輔・兵藤健志・宮地健士デジタル・アーカイブの経験から-法政大学大原社会問題…

香港・台湾の48大学、NetLibraryと包括的契約

香港と台湾の大学48校のコンソーシアムが、NetLibraryと包括的契約を結び、電子本 5万タイトル以上を自由に利用できるようになったそうです。Libraries in Taiwan, Hong Kong build NetLibrary eBook collectionhttp://www.oclc.org/news/releases/20064.htm

カトリーナ被災の図書館、復旧に向けた調査始まる

図書館コンソーシアムであるSOLINETが、カトリーナとリタで被害を受けた図書館を2ヶ月かけて調査し、長期的な復旧に関わる提言をまとめて2月にも発表するそうです。SOLINET To Evaluate Needs at Hurricane-Affected Librarieshttp://www.libraryjournal.com/article/CA6292308.html

IIPCの現在

9月にオーストリアでウェブ・アーカイブの国際会議があったようですが、そこに国際インターネット保存コンソーシアム(IIPC)の現在までの成果が報告された模様です。5th International Web Archiving Workshop (IWAW05)http://www.iwaw.net/05/

ページ