コンソーシアム

大学図書館コンソーシアム連合(JUSTICE)、Springer社と電子ジャーナル契約に関する包括的合意を締結

2011年10月24日付けのSpringer社の発表によると、同社は大学図書館コンソーシアム連合(JUSTICE)と電子ジャーナルの契約に関して包括的な合意に至ったようです。合意内容には、電子ジャーナルアーカイブ(バックファイル)の範囲が1999年まで拡大すること(現在は1996年まで)や、カレント分の価格上昇に関する抑制が含まれているようです。なお、Springer社のバックファイルについては2006年から国立情報学研究所(NII)のNII-REOに収録されていますが、範囲拡大後も引き続きNII-REOから提供されるようです。

Springer and Japanese library consortium sign licensing agreement (Springer 2011/10/24付けプレスリリース)
http://www.springer.com/about+springer/media/pressreleases?SGWID=0-11002-6-1283722-0

JUSTICE
http://www.nii.ac.jp/content/justice/

NII-REO
http://reo.nii.ac.jp/

参考:
E1189 - 大学図書館コンソーシアム連合JUSTICEの誕生:現状とその将来

図書館におけるTEI規格活用のベストプラクティスを集めた“Best Practices for TEI in Libraries”第3版が公開

人文科学のテキストの符号化・交換のための規格を定めるコンソーシアムText Encoding Initiative(TEI)の図書館特別グループTEI in Librariesが、図書館の資料デジタル化プロジェクトにおける、符号化のベストプラクティスを収録した“TEI Text Encoding in Libraries: Guidelines for Best Encoding Practices”の第3版を公開したようです。

Best Practices for TEI in Libraries
http://purl.oclc.org/NET/teiinlibraries
http://purl.org/TEI/teiinlibraries

Best Practices for TEI in Libraries: A Guide for Mass Digitization, Automated Workflows, and Promotion of Interoperability with XML Using the TEI
https://github.com/sydb/TEI-in-Libraries

欧州の大学出版会等による人文・社会科学系学術出版物のOA推進コンソーシアム“OAPEN”が最終報告書を刊行

欧州の大学出版会等によって形成され、特に人文・社会科学系の学術出版物のオープンアクセスを推進するコンソーシアム“Open Access Publishing in European Networks”(OAPEN)が、欧州委員会(EC)による助成期間の満了を迎えるにあたり最終報告書を刊行しています。なお、“OAPEN”は参加機関の代表らによって、今後も独立した組織として活動を続けていくようです。

Final Report (PDF版)
http://project.oapen.org/images/documents/oapen_final_public_report.pdf

Final Report (OAPEN 2011/4/30付けの情報)
http://project.oapen.org/index.php/news/42-final-report

OAPEN final report (Library Intelligencer 2011/5/31付けの記事)
http://blogs.unimelb.edu.au/libraryintelligencer/2011/05/31/oapen-final-report/

OAPEN: Final Report (Acesso Aberto 2011/5/30付けの情報)

大学図書館コンソーシアム連合(JUSTICE)が発足

2011年4月1日付けで、国立大学図書館協会コンソーシアム(JANULコンソーシアム)と公私立大学図書館コンソーシアム(PULC)とのアライアンスによる新たなコンソーシアムとして、大学図書館コンソーシアム連合(JUSTICE)が発足したようです。

大学図書館コンソーシアム連合
http://www.nii.ac.jp/content/justice/

国立大学図書館協会 (2011/5/25付けの「最新のニュース」に上記コンソーシアムへのリンクがあります。)
http://wwwsoc.nii.ac.jp/anul/

OCLC、研究図書館を支援するOCLC Research Library Partnershipをスタート

OCLCが、研究図書館を支援するOCLC Research Library Partnershipを2011年7月1日からスタートすると発表しています。2006年におこなわれたOCLCとRLGの統合から5年が経過するのを機に、RLG Partnershipの後継にあたるものとして開始されるとのことです。

Introducing the OCLC Research Library Partnership (OCLC)
http://www.oclc.org/research/partnership/newpartnership.htm

参考:
OCLC Research、RLGの統合から5年間の業績を公表
http://current.ndl.go.jp/node/17261

米国の複数の図書館コンソーシアム、HarperCollins社の電子書籍の購入を見合わせ

米国の出版社HarperCollins社が同社の提供する電子書籍1冊の貸出回数を26回までにするという条件を提示したことに対して、米国の複数の図書館コンソーシアムが、HarperCollins社の電子書籍の購入を見合わせる決定をしたと報じられています。Library Journal誌の記事には、「一定の回数貸し出されたらその資料を書架から取り除かなければならなくなるという話は聞いたことがない」「26回以上貸し出されたHarperCollins社の印刷版書籍は今もいい状態のまま提供できている」といったコンソーシアムの代表者らのコメントも紹介されています。

Library Consortia Begin To Vote Against HarperCollins Ebook Checkout Policy(Library Journal 2011/3/7付けの記事)
http://www.libraryjournal.com/lj/home/889582-264/library_consortia_begin_to_vote.html.csp

ジャパン・クラウド・コンソーシアムが設立

2010年12月3日付け、ジャパン・クラウド・コンソーシアムのプレスリリースによると、ジャパン・クラウド・コンソーシアムが設立され、12月22日に第1回総会が開催されるようです。同コンソーシアムは、企業、団体、業種の枠を超え、産学官が連携して総合力を発揮しつつ、クラウド関連サービスの普及・発展を推進することを目的としており、クラウド関連サービスに関する次の事業を行うとのことです。
1. クラウド関連サービスの推進方策に関する政策提言
2. 関係団体における活動内容の情報共有
3. 我が国におけるクラウド関連サービス展開等に関する情報発信
4. クラウド関連サービスに関する普及・利用の促進

ジャパン・クラウド・コンソーシアム
http://www.japan-cloud.org/

「ジャパン・クラウド・コンソーシアム」設立について (2010/12/3付け ジャパン・クラウド・コンソーシアムのプレスリリース)
http://www.japan-cloud.org/consortium/press.html

新設立のクラウドの新協議会、ユーザー企業/団体にも参加を呼びかけ (2010/12/6付け ITproの記事)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20101206/354932/

国立情報学研究所、大規模コンソーシアムを形成するための協定を締結

国立情報学研究所(NII)が、国立大学図書館の電子ジャーナル・コンソーシアムである「JANUL」と公私立大学図書館のコンソーシアム「PULC」の連携を強化し、新たな組織の立ち上げに向けて、国公私立大学図書館と協定を締結すると発表しています。また、締結内容には機関リポジトリの構築促進や総合目録データベースの強化なども含まれているとのことです。

世界有数の大規模コンソーシアムの誕生へ ―電子ジャーナルの安定的な確保と提供に向けて―(NIIのニュースリリース)
http://www.nii.ac.jp/news/2010/1013/

Open Knowledge Foundation等10機関、"LOD2"プロジェクトを開始

2010年9月6日から8日にかけて、ドイツのライプツィヒで、欧州委員会の資金援助のもと、Linked Dataの統合・組織化を目指すプロジェクト“LOD2”のキックオフミーティングが行われ、LOD2プロジェクトが開始されました。このプロジェクトは、Linked Dataの大規模な統合・組織化を行い、メディアと出版等3つのアプリケーションシナリオにおいて、その利点を広く示すことを目的とするもので、ドイツのライプツィヒ大学や英国の“Open Knowledge Foundation”等の10機関が参加し、今後4年間継続されるようです。

LOD2
http://lod2.eu/Welcome.html

AKSW coordinates EU-funded research project LOD2 aiming to take the Web of Linked Data to the next level (2010/9/5付け Agile Knowledge Engineering and Semantic Webの記事)

E1092 - 日本学術会議による提言「学術誌問題の解決に向けて」

 日本学術会議は,2010年8月2日付けで日本における学術誌問題に関する提言「学術誌問題の解決に向けて-『包括的学術誌コンソーシアム』の創設-」を公開した。以下では,提言書の内容について簡単に紹介する。...

ページ