DNB(ドイツ国立図書館)

ドイツ国立図書館(DNB)、東西ドイツの統一及び国立図書館の統合から30周年を記念した冊子を刊行

2020年10月1日付で、ドイツ国立図書館(DNB)が、東西ドイツの統一及び国立図書館の統合から30周年を記念した冊子として、“Umbruch, Aufbruch 1990 – 2020. 30 Jahre gemeinsam Zukunft leben”の刊行を発表しています。

1990年の東西ドイツの統一は、1912年に設立されたライプツィヒの「ドイツ図書館(Deutsche Bücherei)」と1946年に設立されたフランクフルト・アム・マインの「ドイツ図書館(Deutsche Bibliothek)」の統合に繋がり、国立図書館にとっても一大画期となりました。DNBは統一30周年の2020年10月1日に、同館の30年の歴史を振り返りながら将来の文化的記憶・文化やメディアの将来の姿を展望する同冊子を刊行しています。

同冊子では、DNBのコレクションから抜粋された30枚の写真や、文化メディア担当国務大臣、ゲーテ・インスティトゥート(Goethe-Institut)の総裁、ドイツ連邦議会の議長、ドイツ出版・書店協会(Börsenvereins des Deutschen Buchhandels)長、ドイツ国立図書館長らの寄稿とともに、統一から30年間のDNBの歴史や将来への展望等が示されています。

ドイツ国立図書館(DNB)が“DNBLab”を設置:DNBの書誌・デジタルリソース等に関する自由に利用可能なデータセットへの中心的なアクセスポイント

2020年8月20日付で、ドイツ国立図書館(DNB)が“DNBLab”を設置したことを発表しています。

DNBは“DNBLab”について、多様なインターフェース・ダウンロード手段による、DNB提供の書誌・デジタルオブジェクト・デジタルリソースのフルテキスト等の自由に利用可能なデータへの中心的なアクセスポイントに位置づけています。

DNBのウェブサイト上に開設された“DNBLab”では、テーマ別に編集された書誌データやデジタルオブジェクトのデータセット、OAI-PMHを介してDNBのデータを取得するための2種類のインターフェースに関する情報、SRU(Search/Retrieval via URL)プロトコルを利用したURLやコンピュータープログラムによるDNBのデータの検索に関する情報などが提供されています。

@DNB_Aktuelles(Twitter,2020/8/20)
https://twitter.com/DNB_Aktuelles/status/1296414898365374464

ドイツ国立図書館(DNB)、2020年5月4日から事前予約制により閲覧室の利用を限定的に再開

2020年4月27日、ドイツ国立図書館(DNB)は、ライプツィヒ館、フランクフルト・アム・マイン館の閲覧室利用を5月4日から限定的に再開することを発表しました。

閲覧室を利用するためには、オンライン上の予約システムを使って事前予約する必要があります。事前予約は1週間前から1日単位で申込できます。手続き完了後に送信される確認メールを予約した日に提示することで閲覧利用が可能になります。また、予約完了後にDNB所蔵資料の利用申込が可能となります。各館の閲覧室には100席が用意されており、希望日がすでに満席であった場合には、別の日に予約を切り替える必要があります。

DNBは閲覧利用の際の注意点として、衛生面や距離を保つことに留意すること、口や鼻を覆う手段の用意を強く推奨すること、入館はメインエントランスのみとなること、フランクフルト館の地下駐車場は閉鎖されていること、食堂やレストランも閉店していることなどを挙げています。

新型コロナウイルス感染症の拡大と国立図書館の対応

新型コロナウイルス感染症の拡大が続く中、各国の国立図書館でも来館サービスの休止が相次いでいます。米国、英国、フランス、イタリア、ドイツ、中国、韓国の国立図書館について、各館ウェブサイトの情報から2020年4月15日時点での対応状況をまとめました。

ドイツ国立図書館(DNB)、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休館

2020年3月16日、ドイツ国立図書館(DNB)が、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、政府の方針にのっとって、ライプツィヒ館、フランクフルト・アム・マイン館及びGerman Book and Script Museum、German Exile Archiveを同日から別途通知あるまで休館すると発表しています。

PUBLIC AREAS OF THE GERMAN NATIONAL LIBRARY CLOSED FROM MONDAY (16.03.2020) UNTIL FURTHER NOTICE(DNB, 2020/3/16)
https://www.dnb.de/EN/Home/home_node.html

参考:
フランス国立図書館(BnF)、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための政府に指示に従い休館
Posted 2020年3月16日
https://current.ndl.go.jp/node/40503

“ORCID DE”プロジェクト、2020年から2022年までを期間とする新たなプロジェクトフェーズを開始

2020年1月30日、ドイツ国内におけるORCIDの導入促進を図る“ORCID DE”プロジェクトは、ドイツ研究振興協会(DFG)の助成により2016年に開始したプロジェクトフェーズが終了し、新たに2020年から2022年までを期間とするプロジェクトフェーズを開始したことを発表しました。

ドイツでは、2016年から2019年まで実施された同プロジェクトを通して、ORCID iDの登録数が2016年4月の約4万4,000から2020年1月には約16万8,000へ増加しています。また、プロジェクトの一環として設立されたドイツのORCIDコンソーシアムには、2020年1月時点で56機関が加盟しています。

独・ネットワーク情報イニシアチブ(DINI)の主導により2020年に開始する第二フェーズでは、ORCIDをインフラとして統合済の研究機関ネットワークの拡大と安定化が進められる予定です。また、30か月のプロジェクト期間中、出版社・研究助成機関などORCIDへ関心を持つ組織や利用している組織への支援拡大、及び機関用のORCIDとリンクした識別システムの開発に特に重点を置く、としています。

E2211 - 第16回電子情報保存に関する国際会議(iPRES2019)<報告>

2019年9月16日から20日までの5日間にわたり,第16回電子情報保存に関する国際会議(iPRES2019;E2085ほか参照)がオランダ・アムステルダムのアイ映画博物館(Eye Filmmuseum)で開催された。2004年に「中国・欧州電子情報保存ワークショップ」として始まったiPRESは,電子情報の保存に係る政策や具体的な事例の紹介,国際組織からNPO団体のような比較的小さな組織の活動まで,様々なトピックを幅広く扱っており,参加者の属性も,図書館員やアーキビスト,研究者のほか,大学関係者やシステム開発者など多様である。今回の会議の参加者は,開催国オランダをはじめ,欧州や北米を中心に400人以上を数えた。日本からの参加者は4人で,国立国会図書館からは筆者が参加した。

E2055 - 納本制度70周年記念国際シンポジウム<報告>

2018年7月11日,国立国会図書館(NDL)は,日本の納本制度が70周年を迎えたことを記念し,東京本館において,国際シンポジウム「納本制度の過去・現在・未来-デジタル化時代における納本制度の在り方について-」を開催した。

CA1894 - ドイツ国立図書館(DNB)におけるオンライン資料を対象にした自動分類 / 鴇田拓哉

ドイツ国立図書館(DNB)では、オンライン資料、具体的にはインターネット上で入手可能な電子書籍や学位論文などの刊行物を対象に、機械的な分類記号の付与(自動分類)が行われている。本稿で取り上げるDNBの自動分類に比較的近いと思われる、出版物を対象に自動分類を行う事例に、米国議会図書館(LC)で行われているAutoDeweyがあげられる。

ドイツにおけるORCID導入・利用を推進する"ORCID DE"プロジェクト

2016年3月11日付のORCIDのブログで、ドイツ国内でのORCIDの導入促進を図る"ORCID DE"プロジェクトが、2016年2月から開始されていることが紹介されています。

ドイツ研究財団(DFG)からの資金を得て行なわれているもので、3年間のプロジェクトで、ORCID導入を検討している国内の大学や研究機関への支援を行うほか、

・オープンアクセスのリポジトリや出版サービスにおけるORCIDの使用等
・ドイツの統一典拠レコードであるGND(Gemeinsame Normdatei)とORCIDの連携

について取り組むようです。

本プロジェクトは、ドイツ・ネットワーク情報イニシアチブ(DINI) が創始し、ヘルムホルツ協会ドイツ研究センターのHelmholtz Open Science Koordinationsburoや、ドイツ国立図書館(DNB)、ビーレフェルト大学図書館などがパートナーとなって行われます。

ORCID Blog(2016/3/11付け)
http://orcid.org/blog/2016/03/14/announcing-orcid-de-project-foster-orcid-adoption-germany

ページ