メタデータ

ScirusとCrossRefが提携

エルゼビア社は、学術情報検索エンジン“Scirus”とCrossRefとの提携を発表しました。CrossRefのメタデータを利用することにより、Scirusの品質が維持され、研究者や学生の利益が向上すると、エルゼビア社はコメントしています。Scirus and CrossRef Announce Web Services Partnershiphttp://www.info.scirus.com/news/inthenew

平成18年度学術情報データベース実態調査(NII)

国立情報学研究所(NII)が10月31日まで、「平成18年度学術情報データベース実態調査」を行っています。調査結果は「大学Webサイト資源検索: JuNii」で公開される予定であり、また統計分析結果も公開されるとのことです。ちなみに平成12(2000)年から昨年までの実態調査報告書は、すでに公開さ…

FRBRに準拠したeprintのモデル化の試み(英国)

英国情報システム合同委員会(JISC)のデジタルリポジトリプログラムの助成を受けている“Eprints Application Profile Working Group”は、eprint(デジタル形式の査読付き研究論文)、特に機関リポジトリに収録されるeprintに対し、どのようなメタデータや引用・参照を付与するべきかについて研究を行っ…

「2006年Dublin Core・メタデータ応用国際会議」の資料

10月3日から6日まで、メキシコで行われた「2006年Dublin Core・メタデータ応用国際会議」の資料が、ウェブサイトで公開されています。International Conference on Dublin Core and Metadata Applicationshttp://dc2006.ucol.mx/program.htmOctober 5, 2006付けResourceShelfの記事http://www.resourceshelf.com/2006/10/05/papers-and-presentations-from-the-inte

デジタル情報の長期的キュレーション・保存に関する標準の概説資料(英国)

英国のデジタルキュレーションセンター(Digital Curation Centre: DCC)が、デジタル資料の長期的キュレーション・保存に有益な公的/デファクト標準(standard)について概説する“Standards Watch Papers”をシリーズとして提供すると発表しました。第一弾はメタデータ標準についての概説です。Standards Wa…

GPO、デジタル情報管理システムの開発に着手

米国政府印刷局(GPO)が8月4日、新しいデジタル情報管理システム(Future Digital System: FDsys)の開発について、委託先とスケジュールについて発表しました。FDsysは、印刷物またはデジタル情報として作成された政府刊行物について、真正性の証明・バージョン管理を行ってメタデータを付与した…

CrossRef収録データがMicrosoftの検索対象に

CrossRefは7月12日付プレスリリースにて、Microsoft社がWeb Service Search Partnerの第一号となることで合意したと発表しました。これにより、CrossRefが会員出版社から収集した何百ものメタデータをMicrosoft社が自動的に取得し、同社の検索エンジンWindows Live Academic Searchでの検索にも利用できるようになるそ…

E507 - ファセット方式によるオープンソースの検索インターフェース

カリフォルニア大学バークレー校が開発してきた,ファセット方式によるメタデータを利用した検索インターフェース“Flamenco Search”(FLexible information Access using MEtadata in Novel COmbinationsの略)が,2006年4月23日,BSDライセンスに基づくオープンソースとして公開された。  Flamenco Searchの特徴は,…

図書館員のためのメタデータ入門(英国)

英国情報システム合同委員会(JISC)北東地域センターが2006年4月に行ったイベント“Cataloguing online resources: an introduction to metadata for librarians”(オンライン資源の目録を取ること: 図書館員のためのメタデータ入門)の資料が、UKOLNから公開されています。2ファイル3本の資料によって、メタデータ…

動画・音声ファイルのアーカイビングに関する研究(英国)

2005年9月から2006年5月まで、Arts and Humanities Data Service(AHDS)を中心とする研究グループが、英国情報システム合同委員会(JISC)からの助成を受けて動画・音声ファイルのアーカイビングに関する調査研究を行ってきました。このほど、報告書(アーカイビングに関する提言を含む)の最終ドラフ…

ページ