出版

北米の都市図書館協議会(ULC)の電子書籍への公平なパブリック・アクセスの必要性に関する声明に対して北米の市・郡の公選役職者77人が署名

2019年11月7日、北米の都市図書館協議会(ULC)は、電子書籍への公平なパブリック・アクセスの必要性に関する声明“Statement on Equitable Public Access to E-Books”に対して、北米地域の市長や郡長官等の公選役職者77人が署名したことを発表しました。ULCは署名者が所属する自治体の住民数を合計すると4,400万人以上に上ることを発表しています。

ジュンク堂書店那覇店、沖縄県内の出版社・印刷企業と協力して県内出版社が過去に刊行した絶版図書をオンデマンドで復刊・再販売する計画を発表

琉球新報の2019年11月22日付けの記事で、ジュンク堂書店那覇店が沖縄県内の出版社・印刷企業と協力して、県内出版社が過去に刊行した絶版図書をオンデマンドで復刊・再販売する計画を発表したことが紹介されています。

同書店は、インターネット上の専用サイトで絶版図書の情報を発信し復刊の注文・販売を受け付けるという形で2020年4月にこの取り組みを開始する予定です。

同じこの取り組みを扱った2019年11月24日付の沖縄タイムスの記事において、取り組みで導入されるデジタル印刷機は、原版の製作が不要なため印刷コストを大幅に抑えることが可能となり、従来の「オフセット印刷」であれば採算ラインに達しないと判断されたタイトルでも1冊から出版社が本を再発行可能になる、という取り組みの背景が紹介されています。

絶版になった沖縄本があなた好みに復刊 本好きにはたまらないサービス ジュンク堂那覇店が2020年4月にスタート(47NEWS(琉球新報),2019/11/22)
https://www.47news.jp/localnews/4241798.html

UNSILO社、学術出版社における人工知能(AI)の活用状況についての調査結果を発表

2019年11月1日、出版社に対しAI技術によるソリューションの提供を行っているデンマークのUNSILO社は、学術出版社における人工知能(AI)の活用状況やAIに対する認識についての調査結果を発表しました。

調査は2019年7月から9月にかけて実施され、回答者数は82でした。主な調査結果として以下の5点を挙げています。

・3分の2超の出版社が少なくとも1種類はAIツールを使用している
・3分の1の出版社が内製でAIツールを構築している
・AIツールを使用していない出版社の45%が1年以内のツール導入を計画している
・現時点ではAIは新機能の開発よりも主にスタッフの能率向上に用いられている
・10%の出版社のみがバイアスのチェックにAIを使用している

UNSILO in the press(UNSILO)
https://unsilo.ai/press-room/
※2019年11月1日付けのプレスリリースに“UNSILO Survey on AI in academic publishing released”とあります。

出版流通学院、『書店の未来』アイデアコンテストを開催中:“30年後の書店の未来の姿”についてのアイデアを募集

2019年11月1日、日本出版販売株式会社の出版流通学院は、『書店の未来』アイデアコンテストの開催を発表しました。

同学院開設30周年の節目を迎えるに当たって開催されるものであり、2020年1月6日までの期間、“30年後の書店の未来の姿”についてのアイデアを募集しています。

次の3点に基づいて、厳正かつ公平に審査を行うとあります。なお、入賞者には賞品が用意されています。

・着眼点が独創的で斬新なアイデアか
・本との素敵な出会いを演出しているか
・行ってみたい!と思う書店か

『資料組織化研究-e』が終刊

1964年に『Technical Services』というタイトルで創刊され、2008年からはオンライン版『資料組織化研究-e』として刊行されてきた同誌が、2019年11月刊行のNo.74で終刊しました。編集委員会の終刊のあいさつによれば、編集委員の高齢化が理由であるとのことです。

編集委員会よりー終刊のご挨拶(『資料組織化研究-e』)
http://techser.info/wp-content/uploads/2019/11/74-201911-hen.pdf

参考:
雑誌『資料組織化研究』、オンライン版へ移行
Posted 2008年12月22日
https://current.ndl.go.jp/node/9849

ビル&メリンダ・ゲイツ財団からAPC助成を受けた3,268本の論文に関する分析結果とデータが公開される

2019年11月7日付けのThe Scholarly Kitchenブログ記事で、ビル&メリンダ・ゲイツ財団からAPC助成を受けた3,268本の論文について、同財団が公開した請求書データの分析結果が紹介されています。また、分析結果のデータも公開されています。

分析を行い、記事を執筆したのは出版コンサルティング会社Paloma & Associatesの研究者らや、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の大学図書館員らです。執筆者らがビル&メリンダ・ゲイツ財団の知識・研究サービス部門の担当者に、同財団のオープンアクセス(OA)方針を受け、APC(論文処理加工料)の助成を受けた論文の請求書データの提供を求めたところ、同財団が承諾し、データを公開したことによって、今回の分析が行われました。

大手出版社Macmillan社、図書館向け電子書籍提供モデル変更を実施:米国図書館協会(ALA)は継続して反対キャンペーンを展開

2019年11月1日、米国の大手出版社Macmillan社は、図書館向け電子書籍提供モデル変更を実施しました。新刊書の購入を各図書館1冊までに制限し2冊目以降の購入に8週間のエンバーゴを設けるという内容です。

米国図書館協会(ALA)は同日付のお知らせで、方針撤回を求める強固な世論が存在するにもかかわらず、同社はモデル変更の実施を行った、としています。ALAは同社の決定を受けて、今後も2019年9月11日からオンライン上で展開している同社への抗議キャンペーン“eBooksForAll.org”で、同社の方針への反対署名を募りながら電子書籍の購入制限がコミュニティへ与える影響に関するエピソードを収集する予定です。また、議会への働きかけをさらに強めることも表明しています。

米・プリンストン大学出版局、オーディオブック出版大手のRBmedia社と今後3年間で同大学出版局の資料120点以上をオーディオブックとして出版するため提携

2019年10月23日、米・プリンストン大学出版局とオーディオブック出版大手のRBmedia社は、今後3年間で同大学出版局の資料120点以上をオーディオブックとして出版するため、独占的なライセンス契約を締結したことを発表しました。

プレスリリースでは、米国出版協会(AAP)の調査等で示されているとおり、近年出版市場におけるオーディオブックへの需要が高まっており、プリンストン大学出版局の人気タイトルをオーディオブック化することは、こうした需要に応える重要な一歩である、としています。契約に基づき、RBmedia社は同大学出版局の幅広い分野の新刊タイトルとこれまでオーディオブック化されていなかった既刊タイトルの出版を進めます。

契約に基づきオーディオブックとして出版されたタイトルは、Audible、iTunes、Google Playなどのオーディオブック配信に対応した多数のサービスで利用可能になります。

株式会社金の星社、創業100周年を記念して「金の船・金の星デジタルライブラリー」を公開 :大正・昭和初期の童謡童話雑誌『金の船』を収録

2019年11月1日、児童書の出版を手掛ける株式会社金の星社は、1919(大正8)年11月の創業から100周年を迎えることを記念し、「金の船・金の星デジタルライブラリー」を公開したことを発表しました。

同社が大正8年11月から昭和4年7月号まで刊行していた童謡童話雑誌『金の船』(大正11年6月号から『金の星』と改題)のうち、創業者・斎藤佐次郎氏が編集・発行を手掛けた昭和3年4月号までの計101冊をデジタル版で公開するとしています。

2019年11月6日時点では、暫定的に1巻1号、1巻2号のみ公開されており、以降の号は順次公開する予定とあります。

創業100周年記念「金の船・金の星デジタルライブラリー」公開(株式会社金の星社, 2019/11/6)
https://www.kinnohoshi.co.jp/information/detail.php?id=584

東北大学、2種類のクラウドファンディングプロジェクトを開始:図書館所蔵「漱石文庫」のデジタルアーカイブ化プロジェクトと大学病院考案レシピの書籍化プロジェクト

2019年11月5日、東北大学は、クラウドファンディングサービス「READYFOR」を運営するREADYFOR株式会社と東北地方の大学では初となる業務提携を結び、提携後初のプロジェクトとして、附属図書館所蔵「漱石文庫」のデジタルアーカイブ化と大学病院考案レシピの書籍化を目指した2つのプロジェクトを開始したことを発表しました。

「漱石の肉筆を後世へ!漱石文庫デジタルアーカイブプロジェクト」は、東北大学附属図書館が所蔵する「漱石文庫」のデジタルアーカイブ化を目指す目標金額200万円のプロジェクトです。「漱石文庫」は、夏目漱石自身の肉筆による手帳や日記、ノート、試験問題、創作メモ、手紙などからなる自筆資料と、約3割に書き込みやアンダーラインが多数見られる旧蔵書で構成される、漱石の創作過程を知ることができるコレクションです。漱石没後100年がすぎ劣化の進行した資料や薄い鉛筆書きのため公開の難しくなった肉筆資料が現われ始めているため、クラウドファンディングを通して、最新の技術による全面的なデジタルアーカイブ化とインターネットを通した一般公開を進めたい、としています。

ページ