HathiTrust

PorticoとHathiTrustの詳細な評価分析

北米の大学図書館、研究図書館から成るコンソーシアムCRL(Center for Research Libraries)が、電子ジャーナルアーカイビング事業Porticoと、OCLCやカリフォルニア大学、ミシガン大学などが参加している共同デジタルリポジトリ事業“HathiTrust”の詳細な評価分析を実施する予定だということです。この分析の目的は、デジタルリポジトリに対する理解の向上と、デジタルリポジトリの正当性、信頼性に対する理解の向上だということです。CRLではほかに、LOCKSSとも共同し、デジタル一次資料や関連するメタデータのハーべスティング、アーカイビングシステムとしてのLOCKSSシステムの能力の評価を実施していくということです。

分析結果は2009年11月に開催されるワークショップで報告されます。

2009 Certification and Assessment of Portico and HathiTrust
http://www.crl.edu/content.asp?l1=13&l2=58&l3=181

参考:
CA1639(No.293)研究文献レビュー 学術情報流通と大学図書館の学術情報サービス
http://current.ndl.go.jp/ca1639

OCLC、共同デジタルリポジトリ“HathiTrust”と提携

OCLCと、カリフォルニア大学、ミシガン大学、イリノイ大学等による共同デジタルリポジトリ“HathiTrust”とが2009年1月26日、提携を発表しました。OCLCのWorldCat、WorldCat Localにメタデータを作成し、HathiTrustに収録されているデジタルコンテンツにリンクできるようにして、HathiTrustの可視性、アクセシビリティを高めるとのことです。

HathiTrust and OCLC to work together to enhance discovery of digital collections
http://www.oclc.org/news/releases/20097.htm

HathiTrust
http://www.hathitrust.org/

HathiTrust、技術報告書2点を刊行-大規模デジタル化プロジェクトの電子書籍の視認性、Solrでの大規模インデクシングベンチマーク

Google Book Searchや各大学図書館等のリポジトリ類のコンテンツを協同でバックアップする試み“HathiTrust”が、技術報告書2点を刊行しています。1つは11月に刊行された、大規模デジタル化プロジェクトの電子書籍の視認性に関する報告書、もう1つは12月に刊行された、全文検索エンジンLuceneをベースとしたオープンソースの検索アプリケーション“Solr”での大規模インデクシングのベンチマークの報告書です。なお、後者は現在実施しているインデクシングプロジェクトの5段階中2段階までの成果をもとにしたものとなっており、今後、段階が進むにつれて、アップデートしていくとのことです。

Reports | www.hathitrust.org
http://www.hathitrust.org/reports

HathiTrust
http://www.hathitrust.org/

共同デジタルリポジトリ“HathiTrust”について事務局長が語る

シカゴ大学など12大学によるコンソーシアム“Committee on Institutional Cooperation(CIC)”、カリフォルニアデジタル図書館(CDL)およびカリフォルニア大学の10大学図書館による図書館システムなど、合計 25の研究図書館は2008年10月13日、各図書館のデジタルコレクションを一堂に集めた共同デジタルリポジトリ“HathiTrust”を立ち上げる と発表しました。このほど“HathiTrust”の事務局長(Executive Director)を勤めるミシガン大学図書館の司書、ウィルキン(John Wilkin)氏にLibrary Journal誌が取材を行っています。今回のプロジェクトに至るまでの経緯について、HathiTrustとGoogleはどの点でその取組みが一致し、また異なっているのかについて、技術開発について、著作権問題について、プロジェクトを持続可能とするための資金について、などの質問にウィルキン氏が答えています。

The LJ Academic Newswire Newsmaker Interview: John Wilkin, Michigan Associate University Librarian and Executive Director of HathiTrust

「象は忘れない」-Google Book Searchをバックアップする共同デジタルリポジトリの名称が“HathiTrust”に

シカゴ大学など12大学によるコンソーシアム“Committee on Institutional Cooperation(CIC)”、カリフォルニアデジタル図書館(CDL)およびカリフォルニア大学の10大学図書館による図書館システムなど、合計25の研究図書館が2008年10月13日、各図書館のデジタルコレクションを一堂に集めた共同デジタルリポジトリ“HathiTrust”を立ち上げると発表しました。

これは、Google Book Searchをバックアップする役割をも担っており、現段階では、各大学がGoogle Book SearchプロジェクトでGoogleとともにデジタル化した1,000万冊以上のコンテンツのうち200万冊、7.5億ページ以上を収録しています。このうち16%がパブリックドメインになっており、これらはオンラインで提供されます。また著作権保護期間内にあるコンテンツについても、オンラインでは提供しないが確実に長期保存していく対象として含まれています。なおHathiTrustには、Google Book Searchプロジェクト以外のコンテンツも含まれるとされています。

HathiTrust
http://www.hathitrust.org/

Launch of HathiTrust - October 13, 2008

ページ