出版

台湾国家図書館、台湾における2019年の図書出版動向に関する報告書を公表

2020年3月7日、台湾国家図書館は、台湾における2019年の図書出版動向に関する報告書「108年臺灣圖書出版現況及其趨勢分析報告」を公表しました。同館のISBNセンターへの申請及びCIP(Cataloging in Publication)データの集計結果を基に、同館が毎年発表しているものです。

同館による報告書の概要紹介によると、2019年に図書を出版した出版者数は4,952、出版点数は36,810種であり、出版点数が37,000種を下回ったのは2010年以来とあります。また、電子書籍のISBNを申請した図書は1,591種で、全体の4.32%を占めていますが、2018年の4,340種から大きく減少しています。

翻訳書は9,632種で、全体の26.17%を占めており、そのうち日本からの翻訳が5,191種(翻訳全体の53.89%)で最も多く、次いで米国、英国、韓国の順となっています。なお、翻訳書のテーマ分類のうち最多となっているのは「マンガ」であり、翻訳書全体の25.09%を占めています。

ジャンル別に見ると、出版点数の減少が前年と比べ最も大きかったのは「小説」であり、2018年の4191種から694種減少し、3,497種となっています。一方、増加したジャンルとして「教科書」「試験用参考書」「マンガ」を挙げています。

文学通信、「文学通信アーカイブ」を公開:掲載しきれなかった古典籍画像など同社出版物にまつわるコンテンツを収録

2020年3月5日、人文学書の出版社で人文学情報のニュースサイトも手掛ける文学通信は、「文学通信アーカイブ」の公開を発表しました。

同アーカイブは、掲載しきれなかった古典籍画像など同社出版物にまつわるコンテンツを収録・公開するものです。さらに同社は、所属機関がない等の事情でウェブ公開ができない、研究者が所蔵する資料を公開する受け皿にしたいという考えも表明しています。

同アーカイブはコンテンツ管理システム“Omeka Classic”を使用しており、IIIFにも対応しています。2020年3月6日時点では、1コレクション・1アイテムが公開されています。

「文学通信アーカイブ」を公開いたしました(文学通信, 2020/3/5)
https://bungaku-report.com/blog/2020/03/post-705.html

文学通信アーカイブ
https://omeka.bungaku-report.com/

子供向け科学雑誌『子供の科学』のバックナンバー1年分等が期間限定でオンライン公開:新型コロナウイルス感染防止のための臨時休校を受けて

2020年3月5日、誠文堂新光社は、新型コロナウイルス感染防止のための臨時休校が広がっていることを受け、オンラインで閲覧できる「子供の科学 無料公開特設サイト」を公開しました。

同社が発行する子供向け科学雑誌『子供の科学』の2019年1月号から12月号までを順次公開するとともに、「ウイルスの正体」を特集した同誌2016年12月号も公開しています。

期間限定の公開であり、公開期間は2020年3月5日から4月5日までとなっています。

@seibundo_hanbai(Twitter, 2020/3/5)
https://twitter.com/seibundo_hanbai/status/1235417254725963776

子供の科学 無料公開特設サイト
https://www.kodomonokagaku.com/20200305/

出版流通学院、「30年後の書店の姿は?『書店の未来』アイデアコンテスト」の審査結果を公開

2020年2月25日、日本出版販売株式会社の出版流通学院は、「30年後の書店の姿は?『書店の未来』アイデアコンテスト」の審査結果を公開しました。

2019年11月1日から2020年1月6日にかけてアイデアの募集が行われ、計197件の応募から5作品が受賞作として選定されました。

「書店の未来」アイデアコンテスト-審査結果のお知らせ(出版流通学院, 2020/2/25)
https://www.nippan.co.jp/ryutsu-gakuin/2020/02/25/0225/

30年後の書店の姿は? 「書店の未来」アイデアコンテスト-結果発表(出版流通学院)
https://www.nippan.co.jp/ryutsu-gakuin/idea-contests-result/

トロント大学がKarger社とオープンアクセス転換契約を締結

2020年2月24日、カナダのトロント大学が、Karger社との間でオープンアクセス(OA)転換契約を締結したことを発表しました。カナダの研究機関で、Karger社との間でOA転換契約を結んだ例はこれが初めてとのことです。

トロント大学の研究者はKarger社の電子ジャーナルへのアクセス権に加え、同社が刊行するすべての雑誌で、追加のAPCなしで論文をOAとして公開することができるようになります。契約期間は試行期間として、2020年の1年間のみの予定とのことです。

ハンガリーのコンソーシアムEISZ、Taylor & Francis社との”read & publish”契約を打ち切る 契約を終了した場合のコンテンツへのアクセス権の扱いで対立

2020年2月14日、ハンガリーのコンソーシアムEISZ(Electronic Information Service National Programme)は、Taylor & Francis社との間で結んでいた”read & publish”契約を更新しないことを発表しました。

EISZとTaylor & Francis社は2018年に”read & publish”契約を締結しており、その中には電子ジャーナルへのアクセス権、論文のOA出版権に加え、契約期間中のコンテンツに対しては、契約を打ち切った場合でもアクセスできる権利(archival rights)も含まれていました。

しかし2020年のTaylor & Francis社の提案には、デフォルトではこのarchival rightsが含まれておらず、希望する場合には追加料金を求める内容になっていたとのことです。EISZは条件の見直しを求めましたが、再提出された提案でも改善が認められなかったため、コンソーシアム参加機関等との協議の結果、契約打ち切りを決定したとされています。

独・De Gruyter社と米ミシガン州立大学図書館が”read & publish”契約締結

2020年2月18日、独・De Gruyter社と米国のミシガン州立大学(MSU)図書館は、両者が”read & publish”契約を締結したことを発表しました。

契約期間は2020年から2022年の3年間で、MSUの研究者はDe Gruyter社の雑誌に発表する論文が基本的にオープンアクセス(OA)となるほか、De Gruyter社の全ての電子ジャーナルへのアクセス権も得ます。

De Gruyter社の発表によれば、同社が北米の研究機関と同種の契約を結ぶのはこれが3例目とのことです。また、国際的にはこれまでに9つの国家規模でのOA契約を結んでいるとしています。

米国化学会(ACS)がルイジアナ州立大学との間で”read & publish”契約締結 ACSと北米の機関との間での同種の契約は初

2020年2月24日、米国化学会(ACS)がルイジアナ州立大学(LSU)との間で”read & publish”を締結したことを発表しました。LSUの研究者らはACSのすべての雑誌へのアクセス権を得るほか、自身が責任著者である論文について、CC-BYライセンスの下でオープンアクセス(OA)として投稿・公開できるようになります。

ACSの発表によれば、同学会が北米の機関と同種の契約を締結するのは初めてとのことです。

日本出版販売株式会社・株式会社トーハン、2020年中に雑誌返品業務について物流拠点を統合

2020年2月21日、日本出版販売株式会社(日販)と株式会社トーハンは、雑誌返品業務について物流拠点を統合することの基本的な合意に達したことを発表しました。

これは2018年11月に両社が締結した物流協業の検討を開始する旨の基本合意書に基づく両社間の物流協業の第1弾として実施されるものです。2020年中に物流拠点統合に伴う雑誌返品処理業務の業務提携開始を目指すこと、提携後の雑誌返品処理業務は埼玉県蓮田市の出版共同流通株式会社蓮田センターで実施しトーハン東京ロジスティックスセンターの雑誌返品業務を順次移管すること、できるだけ早期に共同運営体制へ移行することの3点が合意されています。

両社は書籍返品業務・書籍新刊送品業務・雑誌送品業務の協業については、協業実行委員会および各担当委員会で引き続き検討する、としています。

物流協業に関するお知らせ(日販,2020/2/21)
https://www.nippan.co.jp/news/20200221/

米PLOSがデータ・傾向分析のためにDigital Science社のDimensionsを採用

2020年2月11日、Digital Science社は米PLOSが同社のディスカバリープラットフォームDimensionsを、データ・傾向分析のために採用したことを発表しました。Dimensions AnalyticsとAPIがPLOSに対し提供されます。

PLOSのビジネス分析マネージャーのコメントによれば、Dimensionsを利用することで、PLOSの刊行する雑誌の編集上の意思決定について、よりデータ・ドリブンに行うことができるようになるだろうと考えているとのことです。

PLOS adopts Dimensions to monitor data and trends in Open Access(Dimensions、2020/2/11付け)
https://www.dimensions.ai/news/plos-adopts-dimensions-to-monitor-data-and-trends-in-open-access/

ページ