地域資料

国文学研究資料館、アーカイブズ・カレッジ(史料管理学研修会)の地方開催継続を目的としたクラウドファンディングを開始

国文学研究資料館が、アーカイブズ・カレッジ(史料管理学研修会)の地方開催継続を目的としたクラウドファンディングを開始しています。

同館が、歴史記録の保存を担う人材(アーキビスト)の育成を目的に行っている「アーカイブズ・カレッジ」のうち、地方で開催する1週間の短期コースが、予算削減により2020年度から中止せざるを得なくなったことから、その継続のため実施されるものです。

目標金額を達成した場合、それをもとに、2021年から2年間、「アーカイブズ・カレッジ」を秋(10月・11月)に1週間開催するとともに(2021年:松江市、2022年:富岡町(福島県))、地方の危機という現実問題に取り組むために、これまでの蓄積を基にしながら、より現実即応型の人材育成とそのような人材による全国ネットワーク化を目指すとしています。そのうえで、3年目以降のさらなる事業展開を図っていくと説明されています。

また、人材育成に止まらず、開催地での市民向け講演会を開催し、一般社会にもアーカイブズの重要性を伝えていくとのことです。

目標金額は300万円で、期限は2020年8月7日の午後11時です。

安曇野市文書館(長野県)、企画展「来た道 忘れ去られた感染症・銃後の守り」を開催中:内容解説動画も公開

安曇野市文書館(長野県)は、安曇野市制施行15周年記念展示として、2020年5月17日から8月31日まで、企画展「来た道 忘れ去られた感染症・銃後の守り」を開催しています。

スペイン風邪等、過去の感染症流行時の様子を記録した資料等を展示しているほか、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、自宅から同展の内容を閲覧できる内容解説動画も公開されています。

企画展「来た道 忘れ去られた感染症・銃後の守り」(安曇野市文書館) 
https://www.city.azumino.nagano.jp/site/bunsho/61544.html
※展示概要のほか、内容解説動画も掲載しています。

浦幌町立博物館(北海道)、新型コロナウイルス関係資料の一部を紹介する「『コロナな世相』を語り継ごう」コーナーを設置:夏休み期間中には企画展「コロナな時代のマスク美術館」を開催予定

2020年5月20日、北海道の浦幌町立博物館が、収集された新型コロナウイルス関係資料の一部を紹介する「『コロナな世相』を語り継ごう」コーナーをロビーに設置したと発表しています。

また、同館の発行する『浦幌町立博物館だより』令和2(2020年)6月号において、市販のマスクの流通が改善したことから、夏休み期間中に、企画展「コロナな時代のマスク美術館」を開催予定であると発表しています。自作のマスクを、苦労した点、工夫した点などのメモとともに展示するものです。基本的には写真(マスクを着用している姿も歓迎)での募集ですが、現物の寄贈も受け付ける予定とのことです。

@urahoromuseum(Twitter, 2020/5/26)
https://twitter.com/urahoromuseum/status/1262871976021946368

山口市立図書館、山口市に関する逐次刊行物・図書を中心に目次情報の採録を開始

2020年5月18日、山口市立図書館は、山口市に関する逐次刊行物・図書を中心に目次情報の採録を開始したことを発表しました。

同館ウェブサイトのトップページにある簡単検索、またはOPACの簡易検索画面から3文字以上のキーワードで検索することにより、目次内容から採録された地域資料を調べることができます。同館は、採録範囲を広げるなど、今後も充実を図る予定で、身近な地域に関する調べものや、郷土史の調査、研究などに幅広く活用可能である、としています。

2020年5月現在、約830タイトルの資料について、目次情報による検索を利用することができます。

お知らせ(山口市立図書館)
http://www.lib-yama.jp/oshirase/index.html
※2020年5月18日欄に「地域資料の目次検索のご利用について」とあります

米・アーリントン公共図書館、新型コロナウイルス感染拡大による影響の記録化を目的としたオンライン雑誌Quaranzinを刊行:作品の投稿を呼びかけ

米国バージニア州のアーリントン公共図書館が、オンライン雑誌Quaranzineを刊行しています。

同誌の刊行は、新型コロナウイルスの感染拡大が、私たちにどのような影響を与えたのかを記録化することを目的としており、すべての世代の利用者に対して、作品の投稿を呼びかけています。

投稿可能な作品は、絵画、エッセイ・詩・小説・レビュー、漫画、写真、レシピ等で、対象は以上に限定するものではないが、音声や動画は受け付けないとしています。

同館のウェブフォームから投稿可能で、作品は同館の職員により審査されます。投稿可能な作品は1号あたり1人・1作品で、投稿により、同館には作品をQuaranzineで刊行する権利が発生しますが所有権は本人のものです。

2020年4月3日に創刊され、5月18日刊行の第6号が最新号です。

報道によると、創刊号には約65作品が投稿されたとのことです。

尼崎市立地域研究史料館(兵庫県)、Web版『たどる調べる尼崎の歴史』を公開

2020年5月14日、兵庫県の尼崎市立地域研究史料館は、尼崎市が2016年に刊行した『たどる調べる尼崎の歴史』のWeb版公開を発表しました。

『たどる調べる尼崎の歴史』は尼崎市制100周年記念刊行物です。1996年に事業を開始した新「尼崎市史」を完結するとともに、1962年以来の市史編集事業の集大成として刊行されました。

同館のウェブサイト上で、刊行物版の組版データをもとに作成されたPDF版が、Web版『たどる調べる尼崎の歴史』として公開されています。

神戸大学附属図書館、「神戸大学附属図書館所蔵郷土文書類目録」の既存データの更新および新規追加を発表

2020年5月13日、神戸大学附属図書館が、「神戸大学附属図書館所蔵郷土文書類目録」の既存データの更新および新規追加を発表しました。

同館では、同大学の人文学研究科地域連携センターによる基礎的調査に基づき、2009年度から同館各館室所蔵の古文書等地域史料の詳細について、その全容を明らかにする調査を行っており、社会科学系図書館蔵郷土文献資料の詳細な目録作成とそのデータベース化と共に、史料の保存・公開、さらにこれらを基礎とした電子化公開を目標とした活動を実施しています。

新規追加分については解題も併せて公開されているほか、新規追加された「古文書補遺」では、一部の画像データおよび翻刻データも公開されています。

更新、追加内容は以下の通りです。

・更新
播磨国揖東郡船渡村庄屋文書
摂津国豊島郡池田村福井家文書
「古文書」

・新規追加
久宝寺屋文書       64件
小千谷陣屋会津往返    6件
近江国浅井郡西主計村文書 7件 
「古文書補遺」      161件

浦幌町立博物館(北海道)、新型コロナウイルス感染症に関する資料を収集中:臨時休館ポスターやテイクアウト・タイムセール自粛・窓口時間短縮のお知らせ等

北海道の浦幌町立博物館が、新型コロナウイルス感染症に関する資料を収集しています。

同館の発行する『浦幌町立博物館だより』令和2(2020年)5月号によると、新型コロナウイルス感染症に対応する地域の様子(世相)を記録することが目的で、各施設の臨時休館ポスターやテイクアウトの呼びかけ・スーパーのタイムセール自粛・郵便局の窓口時間短縮のお知らせといったポスター・チラシ・文書類が収集されているとのことです。

『浦幌町立博物館だより』令和2(2020年)5月号 [PDF:1ページ]
http://www.urahoro.jp/chosya_shisetsu/kokyoriyo/museum/files/dayori202005.pdf

久喜市(埼玉県)、歴史・文化財関係の図書を電子化して公開

2020年4月19日、埼玉県の久喜市が、歴史・文化財関係の図書を電子化して公開したと発表しています。

同市の歴史と文化財について一つのテーマを詳細に紹介するシリーズ「久喜市の歴史と文化財」から『日光道中栗橋宿・栗橋関所』、歴史資料でよむ久喜市ゆかりの人物ブックレット(4巻)、久喜市立郷土資料館で発行している『郷土資料館だより』(創刊号から10号)が公開されています。

再配布等の2次利用は禁止となっています。

新着情報一覧(久喜市)
http://www.city.kuki.lg.jp/allNewsList.html
※2020年4月19日欄に「ご自宅等で読める歴史・文化財関係の電子書籍を公開しました」とあります。

電子書籍(久喜市)
http://www.city.kuki.lg.jp/miryoku/rekishi_bunkazai/kankobutsu/e-book.html

尼崎市立地域研究史料館(兵庫県)、「阪神・淡路大震災関係資料」を公開

2020年4月15日、兵庫県の尼崎市立地域研究史料館は、同館所蔵資料のうち、少点数文書群を中心に、「阪神・淡路大震災関係資料」を公開したことを発表しました。

「阪神・淡路大震災関係資料」は、阪神・淡路大震災に関わって同館が震災後に収集したもの、あるいは寄贈を受けたもので、尼崎市域の近現代を語る特徴的な史料群です。震災復興に向けての取り組みがわかる資料・避難所となった公民館で回覧されたチラシやお知らせを綴じた資料・振替輸送の通知や全線開通を記念したプリペイドカードなどを含む電鉄会社の資料などが含まれています。

尼崎市立地域研究史料館は現在休館中のため実際の史料の閲覧は再開まで制限されていますが、同館ウェブサイトの「文書群一覧 尼崎市(その他)」で、「阪神・淡路大震災関係資料」の概要と目録を確認することができます。

阪神・淡路大震災関係資料を公開しました!(尼崎市立地域研究史料館,2020/4/15)
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/blog/blog.cgi?n=2513

ページ