地域資料

E1157 - 長野県市町村史誌目次情報データベース事務局にインタビュー

 2011年2月2日に「長野県市町村史誌目次情報データベース」が一般公開された。この事業の詳細について,長野県図書館協会事務局に話を伺った。...

長野県内の市町村の史誌の目次のデータベース「長野県市町村史誌目次情報データベース」が公開

長野県内の市町村の史誌の目次のデータベース「長野県市町村史誌目次情報データベース」が公開されています。現時点では、長野県史、長野市誌(旧大岡村、旧戸隠村、旧鬼無里村、旧信州新町、旧豊野町含む)、上田市誌(旧真田町、旧丸子町、旧武石村含む)の目次が公開されており、今後、他の市町村の史誌の目次が追加されていく予定のようです。目次のブラウジングに加え、各史誌の目次の横断検索ができるようです。

長野県市町村史誌目次情報データベース
http://misuzu-mokuji.net/

長野県市町村史誌等目次情報データベース事業(長野県図書館協会の情報)
http://www.nagano-la.com/jigyou/10/db.htm

長野県市町村史誌等目次情報データベース事業(ブログ)
http://d.hatena.ne.jp/josei006-10/

島根大学附属図書館デジタル・アーカイブが試験公開

島根大学附属図書館が、島根大学附属図書館デジタル・アーカイブを試験公開しています。

古典籍や地域資料などのデジタル画像を公開しています。

デジタル・アーカイブを学外向けに試験公開しました!
http://lisa.shimane-u.ac.jp/new/new.asp?disp=2&id=511

島根大学附属図書館デジタル・アーカイブ
http://www.lib.shimane-u.ac.jp/0/collection/da/da.asp

NDL、「総合目録ネットワーク参加館フォーラム」を3月に公開開催

国立国会図書館(NDL)が2009年3月19日、京都(関西館)で「総合目録ネットワーク参加館フォーラム」を開催します。根本彰・東京大学教授による講演「地域資料と総合目録」(仮題)、和中幹雄・NDL関西館長による講演「デジタル時代における総合目録ネットワークの可能性」(仮題)などが行われます。総合目録ネットワーク事業の参加館の職員だけでなく、参加を検討している図書館の職員や、他の図書館関係者、研究者など当事業に関心のある方の参加も可能(定員に達した場合は参加館職員が優先)となっています。

開催概要
http://somoku.ndl.go.jp/forum.html#forum

申込方法
http://current.ndl.go.jp/files/unicanet.txt

[お知らせ]「地域資料に関する調査研究」の成果を公開しました。

『カレントアウェアネス-E』で既報のとおり、国立国会図書館が2006年度に実施した「地域資料に関する調査研究」の成果を、『図書館調査研究リポート』No.9として公開しました。あわせて、アンケート結果のクロス集計表、マスターデータも公開しております。どうぞご活用ください。

図書館調査研究リポート No.9 地域資料に関する調査研究
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/report/category.php?categoryid=9

E738 (No.120) - NDL,「地域資料に関する調査研究」の成果を公表
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/cae/item.php?itemid=756

E738 - NDL,「地域資料に関する調査研究」の成果を公表

国立国会図書館(NDL)はこのほど,2006年度に実施した「地域資料に関する調査研究」の成果をまとめた『図書館調査研究リポート』No.9をウェブサイト「カレントアウェアネス・ポータル」で公表した。 今日,公立図書館を中心に,図書館が所蔵する地域資料に基づいたサービスを展開しよう…

北海道立文書館、「地域史料 保存の手引き」を作成

北海道立文書館が、地域史料の調査・収集から整理・利用に至るまでの具体的な方法について、同館の経験をもとに紹介した冊子「地域史料 保存の手引き」を作成しています。

「地域史料 保存の手引き」のご案内 - 北海道立文書館
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/mnj/tiikisiryou.htm

ページ