美術館

台湾・故宮博物院、同院のオープンデータを用いたオンライン展示のコンテスト開催を発表

台湾の故宮博物院による2020年7月27日付けのお知らせにおいて、同院のオープンデータを用いたオンライン展示のコンテスト開催のため、2020年8月20日まで作品を台湾内から募集中であることが紹介されています。

応募者は3分間のショートフィルムを作成し、文章により展示のコンセプトを説明する必要があります。入賞作品には賞金が用意されており、最高賞である金賞受賞者には30万ニュー台湾ドルと賞状が授与されます。また、優れた展示の企画者には、故宮博物院での展示企画に携わる機会も設けるとしています。

自己的展覽自己策!故宮「線上策展人計畫」熱烈徵件中!(故宮博物院, 2020/7/27)
https://www.npm.gov.tw/Article.aspx?sNo=04011403

参考:
台湾・故宮博物院、収蔵品の画像データ7万点以上をオープンデータで公開
Posted 2017年8月15日
https://current.ndl.go.jp/node/34513

ジャパンサーチ(試験版)、一般社団法人全国美術館会議をつなぎ役として「愛知県美術館コレクション」「東京富士美術館収蔵品データベース」と連携

2020年7月28日、ジャパンサーチ(試験版)は、一般社団法人全国美術館会議をつなぎ役として「愛知県美術館コレクション」「東京富士美術館収蔵品データベース」と連携したことを発表しました。

一般社団法人全国美術館会議は、ジャパンサーチに対し所蔵作品データを提供する美術館を全国的に取りまとめる役(「つなぎ役」)を担っており、同法人の正会員である美術館は同法人を通じてジャパンサーチに連携できるようになっています。

東京富士美術館も、2020年7月29日付けで連携に関するお知らせを発表しており、国立を除く美術館としてはじめて、同館と愛知県美術館の2館がジャパンサーチに参加することを報告しています。

また同館は、ジャパンサーチとの連携にあたり、同館ウェブサイトに掲載している所蔵作品画像について、今後、誰でも自由に利用できるパブリックドメインとしての運用を新たに開始することとした、と発表しています。

韓国、新型コロナウイルス感染症による「日常の疲れを癒す私のための旅行」をテーマに「2020 博物館・美術館週間」を実施:観覧料の割引クーポンも発行

2020年7月23日、韓国・文化体育観光部は、国立博物館文化財団などと共同で、8月14日から8月23日まで「日常を癒す私のための旅行」をテーマに「2020 博物館・美術館週間」を実施すると発表しました。

テーマは、新型コロナウイルス感染症による日常の疲れを癒す事が必要な今日、博物館・美術館が「国民誰もがいつでも自分だけの方法により楽しむことができる複合文化芸術空間」に生まれ変わることを望む意味を込めたものです。

期間中、公募により選定した、4地域(首都圏、江原・忠清圏、全羅・済州圏、慶尚圏)の博物館・美術館においては、地域の特色を生かした9つの旅行プログラムが行われます。同プログラムは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、防疫指針を遵守して、小規模(10人から最大25人)で実施されますが、オンラインで非対面プログラムで実施する館もあります。

また、2020年の世界の博物館・美術館のテーマである「多様性と包括性」の価値を普及するために、公募で選ばれた15の博物館・美術館においては、様々なプログラムがオンライン・オフラインで行われます。オフラインで実施されるものについては、各機関の会場において参加者の社会的距離を保てる最小限の人数(15人から30人)で実施され、マスクの着用・手の消毒・問診表の作成などの対応がとられます。

韓国国立中央図書館(NLK)を含む首都圏所在の文化体育観光部所管の図書館・博物館・美術館、2020年7月22日から再開

2020年7月19日、韓国・文化体育観光部は、同日の中央災難安全対策本部によるソウル首都圏の公共施設の運営制限措置の緩和の決定を受け、7月22日から、首都圏に所在する同部所管の文化芸術施設の運営を再開すると発表しました。

対象は、国立中央博物館、国立民俗博物館、大韓民国歴史博物館、国立ハングル博物館、国立現代美術館(果川・ソウル・徳寿宮)、国立中央図書館(本館・子ども青少年図書館)の10館で、施設の消毒・事前の予約などの準備を経て開館します。国立国楽院・国立バレエ団・国立合唱団における公演も順次再開されます。

防疫当局との協議により、社会的距離を置く3段階のステップの第1段階に基づいて開館します。利用者を収容可能人員の最大30パーセントに制限し、利用者の間隔が2メートル(最小1メートル以上)の距離を保てる環境を準備する等の対策が行なわれます。また、首都圏の新型コロナウイルス感染症の感染者は減少しているものの、地方での感染は継続していることから、定期的な消毒、利用者の発熱確認の強化、予約制による利用者の制限、マスク未着用者の利用禁止といった対策を強化するとしています。

一般社団法人全国美術館会議、ジャパンサーチ連携にかかる所蔵作品データ提供機関の募集を開始

2020年7月15日、一般社団法人全国美術館会議が、7月17日からジャパンサーチ連携にかかる所蔵作品データ提供機関の募集受付を開始すると発表しました。

デジタルアーカイブジャパン推進委員会及び実務者検討委員会(事務局:内閣府知的財産戦略推進事務局)の方針のもと国立国会図書館が2020年7月7日付で発出した依頼文書を受けて、同会議が、ジャパンサーチに対し所蔵作品データを提供する美術館を全国的に取りまとめる役(「つなぎ役」)を引き受けることとなったことによるものです。

同会議の会員館で、かつウェブサイトでデータベースを公開していることが応募の条件で、国立国会図書館との間で技術的な課題がすべて解決され、また書面の提出が完了した美術館から、順次データの提供が開始されます。

熊本県、令和2年7月豪雨に伴う文化財レスキュー事業を開始

2020年7月14日、熊本県が、令和2年7月豪雨に伴う文化財レスキュー事業を開始したと発表しています。

県文化課が装飾古墳館・鞠智城温故創生館と合同で事業主体となり、熊本県立美術館、熊本県立図書館職員、熊本県博物館ネットワークセンター、熊本被災史料レスキューネットワーク(熊本史料ネット)等の協力を得て実施するとしています。

実施期間は7月13日から3週間程度が予定されており、対象地域は人吉・球磨地域、八代・芦北地域としています。

令和2年7月豪雨に伴う文化財レスキュー事業を開始しました(熊本県,2020/7/14)
https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34440.html

参考:
特定非営利活動法人映画保存協会、令和2年7月豪雨により水損被害を受けた視聴覚資料の洗浄に関する相談を受け付け
Posted 2020年7月14日
https://current.ndl.go.jp/node/41495

「角川武蔵野ミュージアム」が2020年8月1日にプレオープン:「グランドギャラリー」「マンガ・ラノベ図書館」等がオープン

2020年7月2日、株式会社KADOKAWAは、公益財団法人角川文化振興財団が、同社と所沢市(埼玉県)が共同で進めるプロジェクト「COOL JAPAN FOREST構想」の拠点施設「ところざわサクラタウン」内の「角川武蔵野ミュージアム」のプレオープンを2020年8月1日に決定したと発表しています。

同ミュージアムは、図書館・美術館・博物館が融合する文化複合施設として隈研吾氏が設計したもので、8月1日のプレオープン時には1階の「グランドギャラリー」「マンガ・ラノベ図書館」および2階のカフェがオープンするほか、10月15日まで竣工記念展「隈研吾/大地とつながるアート空間の誕生 ― 石と木の超建築」が開催されます。

マンガ・ラノベ図書館は、約2.5万冊の書籍があり、ラノベやマンガの分類ジャンルの開発など多彩なアプローチでラノベ・マンガの魅力を発信するとしています。

グランドオープンは2020年11月6日が予定されています。

川崎市市民ミュージアム、「市民ミュージアム 収蔵品レスキューの状況について(令和2年6月)」を発表:被災収蔵品の収蔵庫からの搬出が2020年6月19日に完了

2020年6月24日、川崎市市民ミュージアムが、「市民ミュージアム 収蔵品レスキューの状況について(令和2年6月 )」を発表しました。

令和元年台風第19号により収蔵品等が浸水被害を受けた川崎市市民ミュージアムにおいて実施されている収蔵品レスキューの6月19日現在の状況が説明されており、被災収蔵品の収蔵庫からの搬出が6月19日に完了したとしています。

市の報道発表資料(川崎市市民ミュージアム)
https://www.kawasaki-museum.jp/kawasaki/
※2020年06月24日欄に「市民ミュージアム 収蔵品レスキューの状況について(令和2年6月)」とあります。

市民ミュージアム 収蔵品レスキューの状況について(令和2年6月)(川崎市,2020/6/24)
http://www.city.kawasaki.jp/templates/press/250/0000118748.html

東京都、事業者向け「東京都感染拡大防止ガイドブック」を公開:「博物館、美術館編」「図書館編」など業種別ガイドブックも

2020年6月19日、東京都は、事業者向け「東京都感染拡大防止ガイドブック」の公開を発表しました。

東京都感染拡大防止ガイドラインの内容を、イラストを用いてわかりやすく整理したものです。6月19日時点では、「博物館、美術館編」「図書館編」など24の業種別ガイドブックと、該当がない業種を対象として、全業種に共通した部分だけをまとめた「共通編」を公開しています。

事業者向け「東京都感染拡大防止ガイドブック」の公開について(第500報)(東京都, 2020/6/19)
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/06/19/10.html

早稲田大学坪内博士記念演劇博物館、「博物館・美術館・図書館における新型コロナウイルス感染拡大予防策に関する調査報告」を公開

2020年6月19日、早稲田大学坪内博士記念演劇博物館・演劇映像学連携研究拠点は、「博物館・美術館・図書館における新型コロナウイルス感染拡大予防策に関する調査報告」(2020年5月29日付け)の公開を発表しました。

2020年5月1日から5月14日までの期間、博物館再開へ向けた対策を考えるための臨時テーマ研究として実施された調査の報告書であり、国内外の博物館・美術館・図書館関係団体が発表した新型コロナウイルス感染拡大予防策に関する情報をとりまとめています。5月14日に日本博物館協会および日本図書館協会から指針となるガイドラインが公表されたため、同日を調査の区切りとし、以降は国内で得られる情報を中心に目に留まったものを追記した、とあります。

今回公開を行う理由として、この期間までに国内外の博物館・美術館・図書館関係団体が公表した新型コロナウイルス感染拡大予防策の記録として、調査結果が今後の対策検討の材料となると考えたことを挙げています。

ページ