美術館

米・LYRASIS、オープンソースの博物館等向けコレクション管理ツール“CollectionSpace”の開発に関し、120万ドルの助成を獲得

2018年10月16日、米国の図書館ネットワークLYRASISが、オープンソースの博物館等向けコレクション管理ツール“CollectionSpace”の開発のため、アンドリュー・W・メロン財団から120万ドルの助成を獲得したことを発表しています。

助成金は、モバイル端末対応、API、あらゆる種類のコレクションに対応可能なカスタマイズの開発に用いられるとしています。

Press Release: LYRASIS Receives $1,200,000 Grant from The Andrew W. Mellon Foundation to Support Further Development of CollectionSpace(LYRASIS,2018/10/16)
http://lyrasisnow.org/lyrasis-receives-grant-to-support-collectionspace/

武蔵野美術大学美術館・図書館、展覧会「和語表記による和様刊本の源流」を開催:良質な複製図版の作成や類似字形検出システムの開発等も紹介

武蔵野美術大学美術館・図書館が、武蔵野美術大学美術館において、2018年11月1日から12月18日にかけて、展覧会「和語表記による和様刊本の源流」を開催します。

同大学の研究プロジェクト「日本近世における文字印刷文化の総合的研究」の研究成果を紹介するもので、日本の近世における木版印刷による刊本を、造形的視点から再見することにより、「和様刊本」を日本の造本デザイン史に位置づけることを目的としています。

また、漢字・平仮名・片仮名などの字形をはじめ、料紙・印刷・製本等、造本における造形要素の考察を通して、和語表記による「和様刊本」の多様な造本美の世界を紹介するとしています。

展示の「見どころ」として、実物の書物と複製図版との間の落差という課題を解決するために実施した展覧会図録の研究開発に関わっての、同展の図録制作にまつわる様々な資料の公開や、古典籍の撮影から印刷・製本に到る一連のプロセスの解説、高速類似画像検索システム「enra enra」を応用した類似字形が検出できる独自システムの開発などがあげられています。

CC Search、13のコンテンツプロバイダーからの1,000万点の画像を追加:人工知能による自動タグ付け等の機能も

2018年9月24日、クリエイティブ・コモンズ(CC)は、様々なリポジトリでクリエイティブ・コモンズのライセンスで公開されているコンテンツを一括して検索できるCC Searchに、米・メトロポリタン美術館、ミュージアム・ヴィクトリア(オーストラリア)、英・サイエンス・ミュージアム等13のコンテンツプロバイダーからの1,000万画像が追加されたことを発表しています。

また、新しく、人工知能(AI)が生成したタグが付与されているほか、匿名認証によりアカウント無しで、コンテンツの共有や画像リストの作成が可能となっています。

Big changes for CC Search beta: updates released today!(CC,2018/9/24)
https://creativecommons.org/2018/09/24/big-changes-for-cc-search-beta-updates-released-today/

文部科学省、「文部科学省設置法の一部を改正する法律等の施行(文化庁の組織再編)及び文部科学省組織令の一部を改正する政令の施行(総合教育政策局及び文教施設企画・防災部の設置)について(通知)」を発出

文部科学省が、2018年9月28日付けで、各都道府県教育委員会教育長、各指定都市教育委員会教育長、各国公私立大学長等宛に「文部科学省設置法の一部を改正する法律等の施行(文化庁の組織再編)及び文部科学省組織令の一部を改正する政令の施行(総合教育政策局及び文教施設企画・防災部の設置)について(通知)」を発出しています。

「添付5 組織再編により担当課・担当係が変更される主な業務一覧」によると、図書館関係では、新設される総合教育政策局教育人材政策課に「社会教育主事・司書及び司書補の養成・研修の企画・実施社会教育功労者表彰に関すること」(現・生涯学習局社会教育課)、「司書教諭及び学校司書の養成・研修の企画、実施に関すること」(現・初等中等教育局児童生徒課)が移管されます。

【イベント】アート・ドキュメンテーション学会第11回秋季研究集会(10/13・東京)

2018年10月13日、東京都文京区のお茶の水女子大学で、アート・ドキュメンテーション学会(JADS)第11回秋季研究集会が開催されます。

9件の研究発表に加え、お茶の水女子大学歴史資料館及び同大学附属図書館の見学会、大学資料整理についての講演が行われます。参加費は正会員が1,000円、非会員が1,500円です。定員は120人で、申込みが必要です。

内容は次のとおりです。

発表1:酒井晶氏(東京国立博物館)
アート・ドキュメンテーションにおける“弁当型”検索の親和性と展望

発表2:黒澤美子氏(公益財団法人石橋財団ブリヂストン美術館学芸課司書)
石橋財団アートリサーチセンターライブラリーの取り組みについて

発表3:住広昭子氏(東京国立博物館学芸企画部情報資料室)
ミュージアム・ライブラリーにおける館蔵文化財情報と文献情報の関連付けについて--東京国立博物館資料館の試み

発表4:グッド長橋広行氏(ピッツバーグ大学図書館)
JALプロジェクト参加者、現場からの報告

講演:長嶋健太郎氏(お茶の水女子大学図書・情報課大学資料担当)
お茶の水女子大学の資料整理について(仮題) 

E2056 - 平成30年7月豪雨による図書館等への影響

2018年6月28日以降の台風第7号や梅雨前線等の影響による大雨(平成30年7月豪雨)により,西日本を中心に広い範囲で様々な被害が生じた。本稿では,2018年9月10日までの情報を基に,豪雨の影響を受けた図書館等の状況を中心に紹介する。

北海道博物館協会、「平成30年台風21号および北海道胆振東部地震による加盟館園の被災状況について」を公表

2018年9月11日、北海道博物館協会が、「平成30年台風21号および北海道胆振東部地震による加盟館園の被災状況について」を公表し、随時更新しています。

現在、震源地周辺の施設職員は被災者の支援・救援等を行なっているため施設の正確な情報はつかめない状況とのことです。

平成30年台風21号および北海道胆振東部地震による加盟館園の被災状況について (北海道博物館協会)
http://www.hkma.jp/information/1191

参考:
北海道博物館協会、加盟館園の被災状況調査を実施
Posted 2018年9月11日
http://current.ndl.go.jp/node/36635

米国の博物館・図書館サービス機構(IMLS)、全国の教員や博物館と連携して児童・生徒向けのデジタルリソースを開発する“Museums for Digital Learning”事業の開始を発表

2018年9月5日、米国の博物館・図書館サービス機構(IMLS)が、米・インディアナポリス美術館及び米・フィールド自然史博物館と連携し、“Museums for Digital Learning”事業を開始すると発表しました。

2年間の同事業は、全国の幼稚園から高校(K-12)までの様々な分野の教員に対して、無料で、アクセス・採用しやすい、STEM・歴史・芸術・文化・人文学に関する一連のデジタルリソースを作成することを目的としており、K-12の学校の教員や最大10館程度の様々な規模・分野・地域の博物館が、標準化されたテンプレートを用いた教育資源の開発及び検証を行ないます。

同事業のプラットフォームのパイロット版には、美術館・子ども博物館・植物園・歴史博物館・科学博物館・動物園・水族館などあらゆるタイプの博物館が参加できるようにするとしています。

平成30年北海道胆振東部地震による博物館等への影響

2018年9月6日午前3時7分頃、北海道胆振地方を震源とするマグニチュード6.7(暫定値)の地震が発生しました。その影響により、北海道内の博物館等が臨時休館しています。
※今後、情報を追加する場合があります。

@Hokkaido_Museum(Twitter, 2018/9/7)
https://twitter.com/Hokkaido_Museum/status/1037721549908926464
https://twitter.com/Hokkaido_Museum/status/1037895427830341632
※北海道博物館公式Twitterです。「【臨時休館、2日め】停電が続く見込みであること、復旧後も点検が必要なことから、北海道博物館は明日、9月7日(金)も臨時休館とさせていただきます。」とあります。

文部科学省、「平成30年北海道胆振東部地震」による学校・社会教育施設等の被害情報をまとめたページを公開

2018年9月6日、文部科学省が、「平成30年北海道胆振東部地震」による文部科学省関係の被害情報をまとめたページを公開しました。

国公私立の学校施設、社会教育・体育・文化施設、文化財、独立行政法人における、人的・物的被害、休校・短縮授業や休館・短縮開館となっている施設数、避難所となっている施設数がまとめられています。

平成30年北海道胆振東部地震について (文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/hokkaidoiburijisin/index.htm

ページ